天文ニュース(Astronews)

このサイトでは、NASAを始めとする宇宙、惑星などの
探査写真に、また宇宙ステーションなどの情報に
日本語解説を付して掲載しています。

 Since Feb.1.1997

<最終更新日:12月11日(火)>


今日の宇宙
火星のユベンタ・カズマの層

トップニュース

ト ピ ッ ク ス --- 広範囲な、特に重要な記事や事象などをご紹介します。

12月8日(土): <速報・追記> スペースX社の国際宇宙ステーション補給船 CRS-16 ドラゴンは、予定より大幅に遅れて日本時間12月8日土曜日午後9時22分に国際宇宙ステーションのロボットアームで捕らえられました。写真は1メートルのに近づいたドラゴン。



  この一カ月の「トピックス」のまとめは こちら から。
サイト・ニュ-ス --- 本サイトで紹介した記事から、一か月内の重要な記事をご紹介します。

  • 12月 4日(火):ハッブル宇宙望遠鏡が、巨大なかみのけ座銀河団に、途方もない 22,426 もの球状星団を捕えました。「ハッブル宇宙望遠鏡」 から。
  • 11月28日(水):ケプラー宇宙船のデータを使って、新たに100を超える系外惑星が発見されました。「アストロサイエンス(11月28日)」 から。
  • 11月26日(月):ハッブル宇宙望遠鏡が非常に若い星を含む球状星団を観測しました。「ハッブル宇宙望遠鏡」 から。
  • 11月25日(日): 11月26日夜(日本時間27日早朝)、NASAの火星着陸船インサイト(Insight)が火星に着陸します。管制センターの模様がライブで中継されます。着陸の工程は 「火星探査写真集(インサイト)」、簡単な概説は 「今日の宇宙(11月25日)」 から。
  • 11月21日(水):NASAの2020火星探査ローバーの着陸地点が発表されました。「アストロサイエンス(11月21日)」 から。
  • 11月20日(火):ハッブルのイメージ目録から超新星爆発の源の星が発見されました。「ハッブル宇宙望遠鏡」 から。
  • 11月16日(金):グリーンランド北西の氷の下に大きな隕石インパクトクレータが発見されました。「アストロサイエンス(11月16日)」 から。
  • サ イ ト 案 内

    NASA、ESAなどの記事を引用しています。
    コピー・再利用等はお控えください。

    ブログによる情報提供は こちら から。

    Twitter、Facebook による情報提供は休止しています。

    ご感想、ご質問などは こちら から。

     
    季節の壁紙 サーフする人達

             
    ウェブNASAテレビ放送予定

    NASAテレビを見るには下表左の「ウェブNASAテレビ」をクリック。
    (主要な出来事のみ掲示:日本時間:12時間表示)
    月 日 (曜)項   目 --- ISS: は国際宇宙ステーション関連、() 内は当該事象発生予定時刻放送開始
    12月12日(水)ISS:ロシア船外活動45A(01:03 AM)00:00 AM

    ウェブNASAテレビ視聴

    ウェブNASAテレビ

    高品位NTV-1/3, ISSNTV-2
    Ustream
    (Public-
     Education)
    チャネル選択エデュケーション

    ウェブNASAテレビはそれぞれのチャネルをクリックしてご覧ください。 Ustream は Public-Education の様々な放送から編成されます。チャネル選択ではパブリック(NTV-1)、メディア(NTV-3)、ISS中継の三つのチャンネルを選択できます。「ISS」は国際宇宙ステーションからの生中継です。エデュケーション(NTV-2)は独立です。本サイトでご案内する放送は主として「パブリック」チャンネルですが、多くの場合「高品位」で見られますので Ustream で試みてください。その他のチャネルのときは注記します。

    <ご注意>: テレビ中継は、しばしば、突然の時刻の変更、直前の中止、早期の切上げなどが発生します。本サイトは英語に堪能でない方も対象にしていますので、直接放送を聞かないと分からないような中継のご紹介は避けることがあります。なお、特別な場合を除き、放送開始直前および開始後の変更はフォローできませんのでご了承ください。


    今後予想される出来事

    1. 日付は米国東部時間です。時差の関係で日本時間では多くの場合1日を加えます。
    2. 小惑星の接近は 0.05 AU(AU は太陽と地球との距離)以内のものを取り上げています。地球と月との距離は 0.00256 AU(384,401 km)です。ここでは地球と月との距離の約20倍内に接近する小惑星を対象としています。
    3. 通信衛星、気象衛星の打上は省いています。また、近年は小型およびマイクロ衛星の数が著しく増加していますが、ここで取上げているのは大型衛星(宇宙船)のごく一部です。

    月 日出  来  事  (リンク先は主として英文です)
    12月10日月、冥王星を掩蔽
    12月13日遠征57:ソユーズ MS-09 帰還(国際宇宙ステーション)
    12月13日「ふたご座流星雨」ピーク
    12月13日小惑星 2015 XX169 地球最接近 (0.043 AU)
    12月15日水星、西最大離角(21度)
    12月20日「Nauka(拡張モジュール)」/「ERA(ESA ロボットアーム)」プロトンM P4 打上(国際宇宙ステーション03R)
    12月21日水星、木星から 0.9 度を通過
    12月22日冬至、日本時間 07:23 AM
    12月22日こぐま座流星雨ピーク
    12月22日小惑星 163899 (2003 SD220) 地球最接近 (0.019 AU)

    ***** ダイレクト リンク *****

    この一週間の更新項目とそのリンクを表示しています。
    は今日を示します。更新時刻は前日夜間です。)

    表   紙  日曜日  土曜日  金曜日  木曜日  水曜日  火曜日  月曜日 

    ***** 総合リンク *****

      アストロサイエンス (オリジナル) (最終更新日:12月 9日)


      今日の宇宙 (オリジナル) (最終更新日:12月11日)


      ハッブル宇宙望遠鏡写真集 (ハッブル) (最終更新日:12月11日)


      水星探査写真集 (メッセンジャー)(終了: 2015年4月30日)


      金星探査写真集(ESA) (ヴィーナスエクスプレス)(終了: 2014年12月16日)


      月探査写真集 (LRO) (終了: 2010年 3月)


      火星探査写真集 (最終更新日:11月30日)
       ・ マーズエクスプレス(ESA) (最終更新日: 4月24日)
       ・ マーズリコナッサンス (MRO) (最終更新日:11月30日)
       ・ マーズローバー オポチュニティ (最終更新日: 2月26日)
       ・ マーズローバー キュリオシティ (最終更新日: 9月13日)
       ・ マーズオービター メイブン (最終更新日: 2016年 4月15日)
       ・ エクソマーズ(軌道船:ESA) (最終更新日: 2016年10月11日)
       ・ インサイト (最終更新日:11月29日)
       ・ マーズオデッセイ (掲載休止中)
       ・ マーズグローバルサーベイヤ (MGS) (終了: 2006年11月22日)
       ・ マーズローバー スピリッツ (終了: 2006年)
       ・ マーズフェニックスランダー (終了: 2008年11月5日)
       ・ スキアパレリ(着陸実験船:ESA) (終了: 2016年10月14日)


      木星探査写真集  (ガリレオ、ジュノ)
       ・ ガリレオ記念記録 (終了:2003年9月)
       ・ ジュノ (最終更新日: 2017年12月18日)


      土星探査写真集   (カッシーニ) (最終更新日:10月10日)
       ・ 土星探査写真集 (最終更新日:10月10日)
       ・ グランドフィナーレ (終了: 2017年9月17日)


      冥王星探査写真集 (ニューホライズンズ) (最終更新日: 2017年7月19日)


      国際宇宙ステーションは今 (国際宇宙ステーション) (最終更新日:12月10日)


      「ローバーが見た火星」 (最終更新日:2018年11月23日)


      「ソユーズ MS-10 打上事故」 (最終更新日:2018年11月 3日)


      「科学にとって完璧な嵐に遭遇する」 (MRO ほか) (最終更新日:2018年 6月18日)


      ブラックホール、銀河の中央で捕えられる (Chandra) (最終更新日:2018年 5月21日)


      重力波関連記事インデックス (LIGO ほか) (最終更新日:2017年10月19日)


      カッシーニ、土星への突入近づく (Cassini) (ミッション終了:2017年9月17日)


      一つの星に束の生息可能域惑星 (スピッツァー) (最終更新日: 2017年2月24日)




      これまでの彗星、小惑星探査(参考資料:オリジナル)


      国際宇宙ステーション構築の歴史(参考資料;オリジナル)


    最近一カ月のトップニュース(要点のみ)

    • 11月14日:明日11月15日午後6時49分の予定で、国際宇宙ステーション貨物船シグナス CRS-10 が打上げられます。中継放送時刻等は 「ウェブNASAテレビ放送予定」 から。
    • 11月15日:<速報・追記> 国際宇宙ステーション貨物船シグナス CRS-10 の打上は、現地の気象不良のため一日延期されました。なお、プログレスの打上には変更はありません。新しい中継放送時刻等は 「ウェブNASAテレビ放送予定」 から。
    • 11月17日:
      1. <速報・追記> ロシアの国際宇宙ステーション貨物船プログレス71号は、日本時間今朝午前3時14分に、カザフスタンのバイコヌール・コスモドロームから打上げられました。
      2. 国際宇宙ステーション貨物船シグナス CRS-10 の打上は、現地の気象条件不良のため更に一日延期され、日本時間土曜日午後6時1分の予定に変更されました。なお、17日午前9時現在ウェブでの中継放送は示されていません。
    • 11月17日:<速報・追記> ① 日本時間土曜日午後6時1分に打上げられた米国の国際宇宙ステーション商用貨物船シグナス CRS-10 は、日本時間今日月曜日午後7時20分ごろに国際宇宙ステーションに到着し捕らえられる予定です。中継放送は午後6時から予定されています。「ウェブNASAテレビ放送予定」 から。
      ② ロシアの国際宇宙ステーション貨物船プログレス71号は、日本時間今日月曜日朝午前4時28分に国際宇宙ステーションに自動ドッキングしました。
    • 11月22日:国際宇宙ステーションが20周年を迎えました。<「国際宇宙ステーションは今(11月22日)」「今日の宇宙(11月22日)」 から。
    • 11月25日:明日11月26日夜(日本時間27日早朝)、NASAの火星着陸船インサイト(Insight)が火星に着陸します。管制センターの模様がライブで中継されます。中継放送時刻等は 「ウェブNASAテレビ放送予定」 、着陸の工程は 「火星探査写真集(インサイト)」、簡単な概説は 「今日の宇宙(11月25日)」 から。
    • 11月27日:<速報・追記> 火星は、まさに今、最新のロボット居住者を迎えた。NASAのインサイト着陸船は、地球から赤い惑星への約7ヵ月、4億 5800 万キロメートルの旅の後、成功裏に着陸した。着陸船は、火星の赤道近くのイリジアム・プラニシアと呼ばれる溶岩の平らな滑らかな広がりの西側に着陸した。信号は、太平洋時間11月26日正午(日本時間11月27日火曜日午前5時)ごろの着陸シーケンスの完了を報じている。(写真はインサイトからの第一報:着陸船の前方の写真)
    • 12月 3日:12月3日から6日にかけて、遠征58/ソユーズ MS-11 打上げとドッキング、小惑星探査衛星オシリス-レックスの小惑星ベンヌへの到着、スペースX社の国際宇宙ステーション補給船 CRS-16 の打上げとドッキングが続きます。中継放送時刻等は 「ウェブNASAテレビ放送予定」 から。なお、時間帯が重なることもあり、二つのチャネルで放送されるときもありますのでご注意ください。なお、小惑星探査衛星オシリス-レックスは、「はやぶさ」同様小惑星(ここではベンヌ)を観測し、その土などを採集して地球に持ち帰るミッションです(「今日の宇宙(12月3日)」 参照)。
    • 12月 4日:<速報・追記> 遠征58/ソユーズ MS-11 は、日本時間12月3日午後8時31分に打上げられ、午後12時33分(日本時間12月4日午前2時33分)にドッキング、午後2時37分(日本時間12月4日午前4時37分)にハッチを開いて先行クルーに合流しました。
    • 12月 5日:小惑星探査機オシリス-レックスが小惑星ベンヌへ到着しました。「アストロサイエンス(12月5日)」から。
    • 12月 6日:スペースX社の国際宇宙ステーション補給船 CRS-16 ドラゴンは予定通り日本時間12月6日午前3時16分に打上げられました。国際宇宙ステーションへの到着は土曜日夕刻の予定です。中継放送時刻等は 「ウェブNASAテレビ放送予定」 から。
    • 12月 8日:<速報・追記> スペースX社の国際宇宙ステーション補給船 CRS-16 ドラゴンは、予定より大幅に遅れて日本時間12月8日土曜日午後9時22分に国際宇宙ステーションのロボットアームで捕らえられました。写真は1メートルのに近づいたドラゴン。



    このサイトでは、NASAおよび欧州宇宙機構(ESA)などによる公表されたイメージと解説を引用しています。
    これらの著作権(Copyright (C))はそれぞれ関連機関などに帰属しています。
    イメージ等の再利用については条件が付されていますのでコピーはお断りしています。

    Copyright (C) All Rights Reserved.
    神奈川県藤沢市 和 田  浩