遠征57クルー:2018年12月20日から。
(名前の表音(読み)は正しくないかも知れません)

<お断り> 本サイトは国外の情報提供を主目的としており、原文に沿って記載するよう心掛けています。宇宙ステーションクルーは英語では Expedition crew と表記され、これは遠征または長征隊員等距離の概念を表す言葉です。本サイトでは遠征〇〇クルーと訳しています。また、遠征隊のトップは Commander であり司令官または指揮官を意味します。本サイトでは指揮官と訳しています。
  
遠征58・59
オレグ・コノネンコ(中央)Oleg Kononenkoロシア
アン・マクレイン(左)Anne McClainNASA
デイビッド・サンジャック(右)David Saint-Jacquesカナダ

本サイトでは国際宇宙ステーションに関して次にように紹介しています。

これまでの経緯は「国際宇宙ステーション構築の歴史」
ステーションの飛行士達の活動は「国際宇宙ステーションは今」
国際宇宙ステーションの構成要素は 「国際宇宙ステーションの構成(イメージ)」に
なお、国際宇宙ステーションの構築は一応の終息を見ていますので、建設関連コーナーは削除しました。

国際宇宙ステーションツアー(ヨーロッパ宇宙機関提供)

ステーション総説(英語解説) ESA Page Download(114.26 MB)
ズベズダ(ロシア)FlickrFACEBOOKYoutube
ザリャー(ロシア)FlickrFACEBOOKYoutube
ユニティ(NASA)FlickrFACEBOOKYoutube
ディスティニ(NASA)FlickrFACEBOOKYoutube
ハーモニー(NASA)FlickrFACEBOOKYoutube
トランキリティ(NASA)FlickrFACEBOOKYoutube
コロンバス(欧州)FlickrFACEBOOKYoutube
きぼう(日本)FlickrFACEBOOKYoutube

金井飛行士の帰還に伴い、宇宙ステーションでの日本人飛行士の活動はしばらく中断します。このコーナでは保守・科学実験など通常の活動のみの記載は省略します。

船  内  活  動
既に記載してある記事および通常の活動範囲内の内容の掲載は省くことがあります。
固有名詞・科学実験記事など専門的な内容の訳には誤りがあるかもしれません。

 

<1月16日>

    ドラゴン地球に戻る、クルーステーション科学を進める

    スペースXドラゴン貨物船は、重要な宇宙調査と国際宇宙ステーション・ハードウェアを積んで日曜日の夜太平洋に着水した後地球に戻っている。4機の宇宙船が軌道の研究室に残っている。(以下、遠征58の定常作業については省略)

    <写真>: 2019年1月13日の国際宇宙ステーションの構成。ノースロップ・グラマンのシグナス補給船、ロシアのプログレス70と71号補給船、ソユーズ MS-11 クルー船の4機の宇宙船が宇宙ステーションに駐機している。

    Jan 14. 2018



<1月13日>

    ステーションと「スペースX」マネージャ、ドラゴン解放を日曜日の午後に設定する

    太平洋の異なる場所でのより穏やかな海の状態の有利さを得るために、「スペースX」と国際宇宙ステーションプログラムは、貨物船の着水と回収を決めるステーションからの「SpaceX」-CRS-16 ドラゴン貨物船の出発を、日曜日の朝早くから日曜日の午後遅くまで移すことに同意した。ドラゴンは、東部標準時日曜日の朝ハッチが閉じられ、日曜日午後3時(日本時間月曜日午前5時)ごろにハーモニーモジュールから分離されるだろう。地上の管制官達は、今、日曜日の午後6時30分(日本時間月曜日午前8時30分)にドラゴンを Canadarm2 ロボットアームから開放するだろう。解説のないNASAテレビの放送は午後6時15分(日本時間月曜日午前8時15分)に始まるだろう。NASAのアン・マクレインがステーションのキューポラから監視するだろう。ドラゴンの軌道脱出点火は、今、午後11時19分(日本時間火曜日午前1時19分)ごろに、バハ・カリフォルニア西への着水は月曜日午前12時10分(日本時間火曜日午前2時10分)ごろに予定されている。

    <写真>: 軌道の複合体が南アフリカの東海岸沖のインド洋の258マイルを飛んでいることき、国際宇宙ステーションのハーモニーモジュールに取り付けられたスペースXドラゴン貨物船が描かれる。

    Jan 11. 2018



<1月12日>

    ドラゴンの地球への帰還遅れる、クルー調査に戻る

    スペースXドラゴン貨物船は国際宇宙ステーションでの滞在を数日延長された。ミッション・マネージャ達は太平洋のドラゴンの着水サイトの悪天候を観測し、今日、地球へのドラゴンの帰還に対して決定を下した。一方、ドラゴンのハッチは開いたままであり、遠征58クルーは、地球への返還と実験の時間に気を配った状態にある。 Canadarm2 ロボットアームはドラゴンをつかんでおり、貨物船は未だハーモニーモジュールに取り付けられている。ロボットコントローラ達は土曜日の午後にハーモニーからドラゴンを外すように Canadarm2 に命じ、続いて米国貨物船を解放位置にゆっくりと動かすだろう。続いて Canadarm2 は、宇宙飛行士アン・マクレインがキューポラから監視する中で、東部標準時日曜日午前3時36分(日本時間日曜日午後5時36分)に解放を命じられるだろう。NASAテレビは日曜日午前3時15分(日本時間日曜日午後5時15分)に始まる解説抜きの出発の中継を放送するだろう。
    地上に戻って、NASAと「スペースX」は、国際宇宙ステーションへの無人の飛行試験デモ1号への活動を続けている。NASAと「スペースX」は、今、デモ1号の打上のハードウェアのテストと共同検討を、2月以降を目標としている。NASAと「スペースX」は、イースタン・レンジと国際宇宙ステーション計画とを調整の上、新しい目標日時を確定するだろう。

    <写真>: 軌道の複合体がアラスカのアリューシャン列島のベーリング海の高度256マイルを飛んだとき、国際宇宙ステーションのハーモニーモジュールに取り付けられたスペースXドラゴン貨物船が描かれる。

    Jan 10. 2018



<1月9日>

    ドラゴン、木曜日の出発前に科学結果を詰め込まれる

    木曜日の地球への持帰りの前に、遠征58クルーは、スペースXドラゴン貨物船に荷物を詰め込んでいる。地上管制官達は、また、ドラゴンの出発の前に、通信装備とロボット・システムを準備している。NASAの宇宙飛行士達アン・マクレインとカナダ宇宙局のデイビッド・サン‐ジャックは、今日、ドラゴンへの終了した科学機器の最終的な移動を終えつつある。二人は地球に持帰るいくつかの実験からの科学サンプルを積み込んでいる。これらは分析のために調査者達にすばやく届けられるだろう。
    地上のエンジニア達は、ステーションから解放された後にドラゴンの監視と指令に使われる通信機能と制御機能をテストしている。また、ロボットコントローラ達は、今日、ハーモニーモジュールから外しドラゴンをつかむために Canadarm2 ロボットアームにパワーアップした。

    <写真>: 軌道の複合体が大西洋のモロッコ付近上空251マイルを飛行するとき、スペースXドラゴン貨物船と Canadarm2 ロボットアームが描かれる

    Jan 7. 2018



<1月8日>

    ドラゴン、今週、ステーションを出発

    スペースXドラゴン貨物船が国際宇宙ステーションのハーモニーモジュールに取り付けられて最後の週にある。一方、地上のロボット専門家達と軌道の研究室のクルーは、新年を多様な科学活動で働いている。ドラゴン貨物船は、12月8日に、軌道の研究室を補充するための科学機器と補充用品の 5,600 ポンド(2540キログラム)を届け、その貨物ミッションをほぼ終了している。ドラゴンは、分析のために使われた科学機器とハードウェアを、1月10日に、太平洋で、地球に持帰るだろう。
    新しい宇宙露出実験装置が、1月4日に、デクスタとして知られる特殊ロボットハンドを使って、ステーションの外にインストールされた。また、宇宙飛行士達は、様々な科学実験を始めている。

    <写真>: 大晦日にケベック上空約257マイル(411キロメートル)で国際宇宙ステーションに取り付けられたスペースXドラゴン貨物船。

    Jan 04. 2018



<12月21日>

    197日の宇宙でのミッションの後、遠征57の3名地球に戻る

    国際宇宙ステーションの遠征57クルーの三名のメンバーは、東部標準時木曜日午前12時2分(日本時間木曜日午後2時2分)にカザフスタンに安全に着陸した。オーナン・チャンセラーと彼女のクルーメイト、ヨーロッパ宇宙機関の遠征57指揮官アレキサンダー・ガーストとソユーズ指揮官セルゲイ・プロコフィエフは、6月6日に打上げられ、2日後に宇宙ステーションに到着した。彼らは197日の間に 3,152 回地球を周り、 8330 万マイルをカバーした。これはオーナン・チャンセラーとプロコフィエフにとって初めてのフライトであり、ガーストにとって、ヨーロッパ宇宙機関の宇宙飛行士として最長になる、合計362日になる二回目のフライトであった。(中間略)
    オーナン・チャンセラーはヒューストンに、ガーストはドイツのケルンに、プロコフィエフはロシアのスター市の戻り、引続き着陸後の診察と調査を受けるだろう。
    遠征58クルーは、ロスコスモスのオレグ・コノネンコの指揮の下で、ステーションの運用を続けている。NASAのアン・マクレイン、カナダ宇宙局のデイビッド・サン‐ジャックを加えた3名のクルーは、2019年2月28日に3名の新しいクルーが打上げられるまでの2ヵ月と少々、ステーションを運行するだろう。

    <写真>: パラシュート降下する遠征57クルー。

    Dec 20. 2018



<12月20日>

    指揮官コントロールを手交し、休日の帰還の準備をする

    遠征57指揮官は、今日、伝統的な式典で国際宇宙ステーションのコントロールを手渡した。彼とクルーメイトの二人は水曜日の休日に地球に向かうだろう。指揮権移譲の YouTube のビデオ を見よう(注:前段が長いので5分40秒付近から)。
    指揮官アレキサンダー・ガーストは、今日、軌道の研究室の指令をロシアの宇宙飛行士オレグ・コノネンコへ移した。コノネンコは、公式には、明日クルーが切離されるときにステーションの指揮を始める。コノネンコは、遠征58アン・マクレインとデイビッド・サン‐ジャックとともに、6月までステーションにとどまるだろう。ガースト、セリーナ・オナン・チャンセラー、セルゲイ・プロコフィエフは、宇宙での197日のミッションを縮小しつつある。このトリオは、ソユーズ MS-09 宇宙船で、米国東部標準時間水曜日午後8時40分に、ラスベット・モジュールから切離され、約3時間半後に、カザフスタンにパラシュート降下するだろう。プロコフィエフは、明日、地球に戻るソユーズ・フライトを指揮するだろう。今日、彼は、出発のために宇宙船を準備している。切離しと着陸の活動はNASAテレビで中継放送されるだろう。(以下略)

    NASAテレビの中継時刻等は 「ウェブNASAテレビ放送予定」 から。  

    <写真>: 宇宙飛行士アレキサンダー・ガースト(左)は、今日、ステーションの指揮をロシアの宇宙飛行士オレグ・コノネンコに譲り渡した。

    Dec 18. 2018



<12月14日>

    ロシアの宇宙歩行者達、クルー船の検査を終える

    ロスコスモスの遠征57フライト・エンジニア・オレグ・コノネンコとセルゲイ・プロコフィエフは7時間45分続いた船外活動を終えた。二人のロシアの宇宙飛行士達は、船外活動を始めるために、東部標準時午前10時59分(日本時間13日木曜日午前0時59分)にピアドッキング区画のハッチを開いた。彼らは東部標準時午後6時44分(日本時間13日午前8時44分)にエアロックに再び入りハッチを閉じた。船外活動の間、二人は、宇宙ステーションに取り付けられているロシアのソユーズ MS-09 宇宙船の船体を調べ、イメージをとり、熱の覆いを掛けた。彼らはまた、科学機器をラスベット・モジュールから回収した。
    これは、国際宇宙ステーション構築、保守、更新の213回目の船外活動であった。コノネンコにとっては4回目、ロコフィエフにとっては2回目の船外活動である。
    プロコフィエフ、NASAの宇宙飛行士セリーナ・オナン・チャンセラー、ヨーロッパ宇宙機関の宇宙飛行士アレキサンダー・ガーストは、12月19日午後8時42分(日本時間12月20日午前10時42分)にソユーズ MS-09 でステーションを出発し、6ヵ月半のミッションを終えて地球に帰還する予定である。

    <写真>: 宇宙歩行者オレグ・コノネンコがソユーズ・クルー船の点検作業の準備としてストレラ・ブーム上にいる。

    Dec 13. 2018



<12月10日>

    ドラゴンステーションに取り付けられる、1月に地球に帰る

    フロリダからの打上の3日後、スペースXドラゴン貨物船は、東部標準時午前10時36分(日本時間日曜日午前0時36分)に国際宇宙ステーションのハーモニーモジュールの地球に面する側にインストールされた。この「スペースX」からの16回目の商用補給ミッションは、調査機器、クルー補充用品、ハードウェアの 5,600 ポンド超を軌道の研究室に届けた。

    ・・・以下搭載された機器等の紹介が続きますが省略します・・・

    ドラゴンは、2019年1月にステーションを出発し、調査機器、ハードウェア、クルー補充用品の 4,000 ポンド超とともに地球に戻るだろう。

    <参考>; 今回の補給船の捕捉は予定より1時間20分強遅れました。通常は予定時間より早く終わるので、このことは極めて珍しいことです。

    <写真>: 2018年12月8日の国際宇宙ステーション構成。米国の補給船ノースロップ・グラマン・シグナス、スペースXドラゴン、ロシアのプログレス70、71号補給船、ソユーズ MS-09 と MS-10 クルー船を含む、6機の宇宙船が宇宙ステーションで取り付けられている。
     --- 図はコンピュータ合成イメージ。6台の宇宙船の接続は最多です。

    Dec 08. 2018



<12月8日>

    新しいクルーが宇宙に適応する中でドラゴンと船外活動の準備

    ドラゴンは、土曜日早くにロボットアームで捕えられるために、今日、国際宇宙ステーションを追っている。拡張された遠征57クルーは、科学、宇宙服チェックおよび様々な他のステーションの活動を行う一方、ドラゴンの到着の準備を行った。スペースXドラゴン貨物船は、クルーのための科学機器、補充用品、ハードウェアの 5,600 ポンドを運んで地球を1日周ってきた。貨物船は土曜日午前6時(日本時間土曜日午後8時)ごろに到着し、アレキサンダー・ガーストとセリーナ・オナン・チャンセラーが Canadarm2 にドラゴンの捕捉を命じるだろう。新しいアン・マクレインを加えた二人は、今日、ドラゴンの接近とランデブーに備えてトレーニングした。 (中間略)
    コノネンコとセルゲイ・プロコフィエフは12月11日の船外活動のために二人のロシアのオーラン宇宙服を準備した。二人は、米国時間12月19日に、プロコフィエフ、ガースト、セリーナを地球に送り返すだろうソユーズ MS-09 クルー船を調べるだろう。

    ドラゴンの接近、ランデブー、捕捉のNASAテレビの中継時刻等は 「ウェブNASAテレビ放送予定」 から。

    <写真>: 国際宇宙ステーションに接近して二つの宇宙船がギリシアのクレタ島上空に周っていた2018年7月に、スペースXドラゴン貨物船が描かれる。

    Dec 06. 2018



<12月6日>

    ドラゴン打上一日延期、新クルーは参加

    スペースXドラゴン貨物船の打上は、東部標準時水曜日午後1時16分(日本時間木曜日午前3時16分)に一日延期された。一方、国際宇宙ステーションの最新のクルーは、宇宙での新しいホームに慣れている。
    ドラゴンの軌道の研究室への第16回ミッションは、科学、クルー補充用品とハードウェアの約 5,700 ポンドを届けるだろう。この商用貨物船は土曜日にステーションに到着し、宇宙飛行士達アレキサンダー・ガーストとセリーナ・オナン・チャンセラーが午前6時(日本時間土曜日午後8時)ごろに Canadarm2 にドラゴンの捕捉を命じるだろう。
    新しいステーション・クルーメンバー、オレグ・コノネンコ、アン・マクレイン、デイビッド・サン‐ジャックは、ステーションでの2日目を迎えている。この新しいクルーは6月まで宇宙に滞在するだろう。遠征57指揮官アレキサンダー・ガーストは、12月20日の地球への帰還のために、今日、彼の身の回り品の詰め込みを始めた。セリーナ・オナン・チャンセラー、セルゲイ・プロコフィエフと彼は、ソユーズ MS-09 クルー船で、6ヵ月半の滞在の後に、カザフスタンに着陸するだろう。

    <参考>:最近の国際宇宙ステーションでの滞在期間は4ヵ月強が一般的でした。6ヵ月の滞在は久しぶりで、これも前クルーの打上失敗による影響が残っているものです。

    <写真>: ヨーロッパ宇宙機関の遠征57指揮官アレキサンダー・ガーストが国際宇宙ステーションの窓から外をのぞく。窓の外にはソユーズ MS-09 クルー船と、シンバル形のソーラーアレイを持つノースロップ・グラマンのシグナス貨物船が見える。

    Dec 04. 2018



<12月5日>

    ステーションの遠征57クルー、6名に拡大する

    NASAの宇宙飛行士アン・マクレイン、カナダ宇宙局のデイビッド・サン‐ジャック、ロシアのロスコスモスのオレグ・コノネンコは、東部標準時午後2時37分(日本時間12月4日午前4時37分)にソユーズ宇宙船と軌道の研究室との間のハッチが開いたとき、ヨーロッパ宇宙機関の遠征57指揮官アレキサンダー・ガースト、NASAのセリーナ・オナン・チャンセラー、ロスコスモスのセルゲイ・プロコフィエフに加わった。この到着で、オーナン・チャンセラー、ガースト、プロコフィエフが12月20日に帰還するまでの短期間、6名の構成になった。遠征58は、この3名が宇宙ステーションから切離されるとき公式に始まる。マクレイン、サン‐ジャック、コノネンコは、何百もの科学調査を行って6ヵ月以上を過ごすだろう。
    このクルーは、NASAの商用クルー計画で初めての試験飛行に対応する予定である。3月には、NASAの宇宙飛行士ニック・ハーグ、クリスティーナ・コッチ、ロスコスモスのアレクセイ・オブチニンによる遠征59によってステーションはフルの6名のクルーに戻るだろう。これは、マクレインとサン‐ジャックにとって初めての宇宙飛行であり、コノネンコの四回目の旅である。

    <写真>: 6名の遠征57クルー、左からセリーナ・オナン・チャンセラー、デイビッド・サンジャック、アレキサンダー・ガースト、オレグ・コノネンコ、アン・マクレイン、セルゲイ・プロコフィエフがポートレイトのために集まる。

    Dec 03. 2018



HOME