遠征57クルー:2018年12月20日から。
(名前の表音(読み)は正しくないかも知れません)

<お断り> 本サイトは国外の情報提供を主目的としており、原文に沿って記載するよう心掛けています。宇宙ステーションクルーは英語では Expedition crew と表記され、これは遠征または長征隊員等距離の概念を表す言葉です。本サイトでは遠征〇〇クルーと訳しています。また、遠征隊のトップは Commander であり司令官または指揮官を意味します。本サイトでは指揮官と訳しています。

遠征60クルー


本サイトでは国際宇宙ステーションに関して次にように紹介しています。

これまでの経緯は「国際宇宙ステーション構築の歴史」
ステーションの飛行士達の活動は「国際宇宙ステーションは今」
国際宇宙ステーションの構成要素は 「国際宇宙ステーションの構成(イメージ)」に
なお、国際宇宙ステーションの構築は一応の終息を見ていますので、建設関連コーナーは削除しました。

国際宇宙ステーションツアー(ヨーロッパ宇宙機関提供)

ステーション総説(英語解説) ESA Page Download(114.26 MB)
ズベズダ(ロシア)FlickrFACEBOOKYoutube
ザリャー(ロシア)FlickrFACEBOOKYoutube
ユニティ(NASA)FlickrFACEBOOKYoutube
ディスティニ(NASA)FlickrFACEBOOKYoutube
ハーモニー(NASA)FlickrFACEBOOKYoutube
トランキリティ(NASA)FlickrFACEBOOKYoutube
コロンバス(欧州)FlickrFACEBOOKYoutube
きぼう(日本)FlickrFACEBOOKYoutube

金井飛行士の帰還に伴い、宇宙ステーションでの日本人飛行士の活動はしばらく中断します。このコーナでは保守・科学実験など通常の活動のみの記載は省略します。

船  内  活  動
既に記載してある記事および通常の活動範囲内の内容の掲載は省くことがあります。
固有名詞・科学実験記事など専門的な内容の訳には誤りがあるかもしれません。

 

<9月12日>

    今夜の HTV-8 打上、取り消される

    ヒューストンのミッション・コントロールは、国際宇宙ステーションのクルーに、日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)の自律制御の H-II 運搬船8号(HTV-8)貨物船の今夜の打上が、打上台の火災によって取り消されることを知らせた。宇宙飛行士達はステーションで安全であり十分に補給されている。

    <写真>: 国際宇宙ステーションへの最終的な接近の間の日本の HTV-6 貨物船が見られる。

    Sept 10. 2019



<9月9日>

    ソユーズ MS-14 ロシアの貨物船地球に安全に戻る

    ロシアの装備等と補充用品を運ぶソユーズ MS-14 宇宙船は、中央カザフスタン南にパラシュートで降下した後、カザフスタン時間9月7日土曜日午前3時32分(日本時間9月7日土曜日午前6時32分)に地球に安全に戻った。着陸はジェズカズガンの町の南東約87マイルであった。ロシアのロスコスモスの人員は、飛行後の分析のために船を回収した。その積載物の一部にはステーションでテストされた人型ロボットを含んでいる。この MS-14 のフライトは、2020年春に始まるクルー運搬のために使われるだろう、改造されたソユーズ・ブースター・ロケットの宇宙船との互換性を確認するのに役立った。

    <写真>: 地球上に戻るロシアの貨物を安全に運んでいるソユーズ MS-14。ソユーズ MS-14宇宙船は、2019年9月6日金曜日に国際宇宙ステーションを出発した後に地球に戻る途上にある。

    Sept 09. 2019



<9月8日>

    無人のソユーズ、宇宙ステーションから切離される

    中国の北東とロシアの南東の境界の約260マイル(416キロメートル)を飛んでいる間に、無人のロシアのソユーズ宇宙船は、東部夏時間午後2時14分(日本時間9月7日土曜日午前3時14分)に国際宇宙ステーションから切離され出発した。ソユーズ MS-14 宇宙船は、その試験飛行の一部として、ステーションの後方の、ズベズダサービスモジュールの後方のポートに、2週間の滞在の間取り付けられていた。このソユーズは、現在軌道の最前線にある遠征60クルーに 1,450 ポンドの貨物を届けた。その貨物の一部には、テストのために使われ、地球に戻すためにソユーズの内部に積み込まれた、人型ロボットがあった。ソユーズは、カザフスタンの南中央に戻り、現地時間9月7日午前3時34分(日本時間9月7日土曜日午前6時34分)に着陸するだろう。そこでは、解析のために宇宙船を回収する、ロシアの人員が準備しているだろう。NASAテレビは着陸の中継放送は提供しない。そのミッションの完了は、ソーシャルメディアおよびNASAのウェブサイトで報告されるだろう。

    <写真>: 2019年9月6日金曜日に、国際宇宙ステーションから出発するソユーズ MS-14 宇宙船が描かれる。

    Sept 06. 2019



<8月29日(5)>

    ドラゴン、科学と貨物を詰め込んで太平洋に着水する

    「スペースX」のドラゴン貨物船は、カリフォルニアのロングビーチの約300マイル(480キロメートル)南西の太平洋に、東部夏時間午後4時21分(日本時間水曜日午前5時21分)に着水した。これは、この会社の、NASAのための18回目の貨物補給ミッションの契約の終わりをマークする。この宇宙船は、価値ある科学実験その他の貨物 2,700 ポンド(1,225 キログラム)超を持帰った。
    --- 以上要点のみ。

    <写真>: 国際宇宙ステーションを出発したスペースXドラゴン補給船が、カナダのロッキー山脈上で描かれる。

    Aug 27. 2019



<8月29日(4)>

    スペースXドラゴン、地球帰るのためにステーションから解放される

    スペースXドラゴン貨物船は、ヒューストンのフライトコントローラー達がステーションの Canadarm2 ロボットアームに解放のコマンドを送った後、東部夏時間午前10時59分(日本時間火曜日午後11時59分)に国際宇宙ステーションから解放された。
    --- 以上要点のみ。

    <写真>: 2019年8月13日のハーモニーモジュールにドッキング中のスペースXドラゴン補給船

    Aug 27. 2019



<8月29日(3)>

    ロシアの宇宙船の二回目のドッキング成功

    宇宙船が東部モンゴルを飛んでいる間に、無人のロシアのソユーズ宇宙船が、東部夏時間午後11時8分(日本時間火曜日午後0時8分)に国際宇宙ステーションにドッキングした。このソユーズは 1,450 ポンド(650キログラム)の貨物を届けた。
    --- 以上要点のみ。

    <写真>: ソユーズ MS-14 宇宙船が接近の間に描かれる。移設したソユーズ MS-13 が手前に見える。

    Aug 27. 2019



<8月29日(2)>

    ロシアと米国の宇宙船の動きでクルーを忙しくする

    解説は省略。

    <写真>: ソユーズ MS-13 クルー船移設後の国際宇宙ステーションの構成。

    Aug 27. 2019



<8月29日(1)>

    クルー、ロシアのソユーズ宇宙船を異なるポートへ再配置

    東部夏時間午後11時59分(日本時間月曜日午後0時59分)に、3人の遠征60メンバーとソユーズ MS-13 宇宙船は、国際宇宙ステーションのポイスク・モジュールに成功裏にドッキングした。ロシアのアレクサンダー・スクボルソフ、ヨーロッパ宇宙機関のルカ・パルミターノ、NASAのアンドリュー・モーガンは、ズベズダ・モジュールの後方のポートから午後11時35分に切離され、再配置作戦を開始した。
    --- 以上要点のみ。

    <写真>: 再配置を終えて、国際宇宙ステーションのポイスク・モジュールに成功裏にドッキングした、ソユーズ MS-13 クルー船が描かれる。

    Aug 27. 2019



<8月26日>

    ロシアの宇宙船の二回目のドッキングの試み、月曜日の夜に予定される

    国際宇宙ステーション・マネージャと国際的パートナーは、土曜日に会合を持ち、月曜日の夜に起こる自律制御のソユーズ MS-14 宇宙船の二回目のランデブーとドッキングの試みを承認した。土曜日早くのソユーズの最初のドッキングの試みは、ロシアの当局が、ポイスク・モジュール・ドッキングポートの Kurs 自動ランデブーシステムと関連する構成要素に疑われる問題を発表したのちに中止された。ソユーズは、この宇宙船が、自動ランデブーシステムを通して、ドッキングポートに、遠隔通信のロックを提供できないかもしれない、ポイスクの100メートル内に接近した後に、ステーションから離れるよう命じられた。この自律制御のソユーズは、現在、国際宇宙ステーションから安全な距離を、システムの全てを正常に機能させて周っている。この最初のランデブー試みの間、ステーションの6名のクルーには危険はなかった。
    今、ソユーズは、東部標準時月曜日午後11時12分(日本時間火曜日午後0時12分)に、二回目のドッキングの試みを予定している。しかし、このときは、ズベズダサービスモジュールの後方のポートへのドッキングを予定している。ズベズダの Kurs システムはチェックされ、完全に作動可能な状態にある。NASAテレビは、月曜日の夜のドッキングの放送を、東部標準時午後10時30分(日本時間火曜日午前11時30分)に始めるだろう。新しい計画に合わせるために、ロシアの遠征60クルー・アレクサンダー・スクボルソフ、ヨーロッパ宇宙機関のルカ・パルミターノ、NASAのドルー・モーガンは、日曜日の夜(日本時間月曜日の朝)ロシアのソコル宇宙服をつけ、7月20日にズベズダにドッキングしたソユーズ MS-13 宇宙船に入り、ソユーズ指揮官スクボルソフによるポイスク・モジュールへの再配置の、25分間の手動でのドッキングを実行するだろう。ポイスクの疑われる Kurs ランデブーユニット構成要素は、スクボルソフと彼のソユーズ・クルーメイトによる再配置に関係はない。
    再配置のNASAテレビの放送は、東部標準時午後11時(日本時間月曜日正午)に始まるだろう。ズベズダからのソユーズ MS-13 宇宙船の切離しは東部標準時午後11時34分(日本時間月曜日午後0時34分)に、ポイスクへの再ドッキングは東部標準時午後11時59分(日本時間月曜日午後0時59分)に予定されている。(以下略)

    <参考>: ロシアのドッキングポートには、先行したズベズダモジュールの後端(国際宇宙ステーションの後端)と、ポイスクモジュールのドッキングポートの二つがあります。今回は後者へのドッキングに失敗したためにドッキングポートを前者に変更し、ズベズダのドッキングポートを空けるために接続中のソユーズ MS-13 宇宙船を移設するものです。このような再配置はこれまでにも何回も行われています。

    <写真>: 最初のドッキングの試みで、ソユーズ MS-14 宇宙船が土曜日早くに描かれる。

    Aug 24. 2019



<8月23日>

    宇宙歩行者達、二回目の商用ドッキングポートのインストールを終える

    NASAの宇宙飛行士ニック・ハーグとアンドリュー・モーガンは、東部夏時間午後2時59分(日本時間木曜日午前3時59分)に今日の船外活動を終えた。6時間32分の船外活動の間、二人の宇宙飛行士達は、成功裏に二つの国際ドッキングアダプタ(IDAs)の2番目をインストールした。この IDAs は、ボーイング CST-100 スターライナーと「スペースX」クルードラゴン商用クルー宇宙船の将来の到着のために使われるだろう。ボーイングと「スペースX」とのNASAの商用クルー協力は、アメリカ国内からアメリカのロケットでアメリカの宇宙飛行士達の打上を回復させ、月と火星へのアルテミス月探査計画および将来のミッションのためのNASAの野心的なゴールを可能にするために、米国のクルーが軌道の研究室で科学調査と技術的前進に捧げる時間を最大にするだろう。
    宇宙歩行者達は、また、ステーションのワイヤレス・インターネットのための新しいルーティングを終えた。
    宇宙ステーション・クルーは、ステーションの構築、保守の218回の船外活動の間に、合計56日23時間26分を過ごした。それは、2019年の5回目の船外活動であり、モーガンにとって最初であった。3回の船外活動の間に、ハーグは今、宇宙ステーションの外で合計19時間59分を過ごした。

    <写真>: 宇宙歩行者達ニック・ハーグ(上)とアンドリュー・モーガンが、ステーションのハーモニーモジュールの加圧会合アダプターに国際ドッキングアダプター(IDA-3)をインストールする。

    Aug 21. 2019



<8月21日>

    ロボット作業、水曜日の船外活動の前にドッキングポートを準備

    地上のロボットコントローラ達は、水曜日の船外活動の間にインストールするための、新しい商用クルー・ドッキングポートの準備をしている。一方、遠征60クルーは生命科学と物理学を調査し、来週の貨物船の地球への帰還のためにを詰め込みを行っている。今夜、クルーが睡眠時間をシフトさせている間に、ロボットアーム Canadarm2 は、宇宙ドラゴン貨物船のトランクから国際ドッキングアダプタ3(IDA-3)を取り出すだろう。
    地上の管制官達は、軌道を周っている研究室の永久の一部になるだろう IDA-3 を、ハーモニーモジュールの上に置くだろう。宇宙歩行者達ニック・ハーグとアンドリュー・モーガンは、 IDA-3 インストールのために、東部夏時間水曜日午前8時20分(日本時間水曜日午後9時20分)ごろにステーションを出るだろう。二人は、将来の「スペースX」とボーイングクルー船の到着準備のために、ケーブルを配線し IDA-3 を構成し、ハーモニーの外で約6時間半働くだろう。これらの予定された活動のアニメーションを見よう。
    ロシアのソユーズ MS-14 クルー船は、今日、カザフスタンのバイコヌール・コスモドロームの打上台に搬出された。このソユーズ は、上昇の間の 2.1a ブースター・セグメントをテストするために、東部夏時間水曜日午後11時38分(日本時間木曜日午後0時38分)に、無人で打上げられるだろう。自律制御のソユーズ宇宙船は、土曜日午前1時30分(日本時間土曜日午後2時30分)にステーションのポイスク・モジュールに自動的にドッキングするだろう。 --- その他通常業務の記事は省略。

    <写真>: 水曜日に予定される船外活動の工程のアニメーション。イメージをクリックして Youtube(7分強)から。

    Aug 19. 2019



<8月8日>

    米国のシグナス貨物船、ステーションを出発する

    シグナス宇宙船は、軌道の研究室に 7,600 の補充用品と科学実験機器を届けるために宇宙ステーションに到着した3ヵ月後に国際宇宙ステーションを出発した。このシグナス宇宙船は、10月に宇宙ステーションに打上予定の二番目のシグナス宇宙船とともに、12月中旬まで軌道上に残るだろう。これは、同時に二つのシグナス船が飛行し、長期の積載物をサポートする、初めての長期間フライトになるだろう。

    <写真>: ノースロップ・グラマンからの米国のシグナス貨物船は、ステーションのロボットアームから東部夏時間午前11時15分(日本時間水曜日午前0時15分)に解放された。

    Aug 06. 2019



<8月2日>

    ロシアのプログレス貨物船、二回の軌道でステーションに着く

    中国北西を約259マイル(414キロメートル)を旅するロシアの無人のプログレス貨物船は、東部夏時間午前11時29分(日本時間8月1日午前0時29分)に、複合体のロシアのセグメントのピアドッキング区画にドッキングした。今日のプログレスの到着に加えて、宇宙ステーションの6名のクルーは、ファルコン9ロケットで打上げられた2日後の7月27日に、「スペースX」の貨物ドラゴン宇宙船を迎えた。7月20日には、NASAの宇宙飛行士アンドリュー・モーガン、ロスコスモスのアレクサンダー・スクボルソフ、ヨーロッパ宇宙機関のルカ・パルミターノを運んだソユーズ MS-13 宇宙船が宇宙ステーションに到着した。彼らの到着は、ステーションのクルーを6名に戻した。

    <写真>: 外部高解像度ビデオ・カメラからのこのイメージは、宇宙ステーションのドッキングポートに近づくロシアのプログレス73補給船を示している。

    July 31. 2019



<7月29日>

    ドラゴン、ステーションのハーモニーモジュールにインストールされる

    フロリダからの打上の2日後に、スペースXドラゴン貨物船は、東部夏時間午後12時1分(日本時間7月28日午前1時1分)に、国際宇宙ステーションのハーモニーモジュールの地球に面する側にインストールされた。「スペースX」からの18回目の契約商用補給ミッション CRS-18 は、調査機器、クルー補充用品、ハードウェアの 5,000 ポンド超を軌道の研究室に届けた。ドラゴンの非加圧貨物部の重要な品目は国際ドッキングアダプタ3(IDA-3)である。ヒューストンのミッション・コントロールのフライトコントローラー達は、この IDA-3 をドラゴンから抽き出して、与圧会合アダプタ3のハーモニーモジュールの宇宙に面した側に置くためにロボットアームを使うだろう。7月20日土曜日にステーションに到着したNASAの宇宙飛行士ニック・ハーグとアンドリュー・モーガンは、このドッキングポートをインストールし、パワーとデータ・ケーブルを接続し、ブームのアームに高解像度カメラをセットするために8月中旬に船外活動を行うだろう。NASAとカナダ宇宙局からのロボット・フライトコントロールチームは、宇宙飛行士達が最終的なインストールを行なう前に、このドッキングポートを移動させるだろう。この IDA-3 と、2016年の夏にインストールされた IDA-2 は、NASAとの契約を通して宇宙飛行士達を運ぶだろう来るべき商用宇宙船を含む、将来の宇宙船のための新しい標準化された自動ドッキングシステムを提供する。

    <写真>: チリの南で捕らえられた直後に、スペースXドラゴンが Canadarm2 ロボットアームのグリップの中にある。

    <参考>: これらの国際ドッキングアダプタは、今年後半に国際宇宙ステーションに飛ぶ野口宇宙飛行士達の、初めての商用宇宙船のドッキングポートとして使われることになるでしょう。

    July 28. 2019



<7月22日>

    ソユーズ宇宙船ドッキング、ステーションクルー6名に拡大する

    NASAの宇宙飛行士アンドリュー・モーガン、ヨーロッパ宇宙機関のルカ・パルミターノ、ロシアのアレクサンダー・スクボルソフを運ぶソユーズ宇宙船は、東部夏時間午後6時48分(日本時間7月21日午前7時48分)に国際宇宙ステーションにドッキングした。二つの宇宙船はロシアの南、黒海の北東の約250マイル(400キロメートル)を飛んでいた。宇宙ステーションの、NASAの宇宙飛行士ニック・ハーグ、クリスティーナ・コッホ、遠征60指揮官アレクセイ・オブチニンは、二つの宇宙船間のハッチが東部夏時間午後9時4分(日本時間7月21日午前10時4分)に開かれた後、新しいクルーを迎えた。

    <写真>: 遠征60クルーが、ソユーズ MS-13 ロケットで、カザフスタンのバイコヌール・コスモドロームから、カザフスタン時間7月20日 9:28 p.m. (日本時間7月21日午前1時28分)に打上げられる。

    July 20. 2019



<7月20日>

    アポロの50周年に新しいステーションクルーを打上げるためにロケット搬出される

    NASAの宇宙飛行士ドルー・モーガンは、ベテランのステーション居住者達、ルカ・パルミターノとアレクサンダー・スクボルソフとともに、彼の初めての宇宙ミッションに着手するだろう。この、米国、イタリア、ロシアの遠征60・61トリオは、東部夏時間土曜日午後12時28分(日本時間21日月曜日午前1時28分)にソユーズ MS-13 宇宙船で離昇する。彼らは、6時間半未満後に、ズベズダサービスモジュールにドッキングするだろう。約2時間半後に、ソユーズとステーション間のハッチが開かれ、彼らは新しいホームに入るだろう。NASAの宇宙飛行士ニック・ハーグとクリスティーナ・コッホ、およびロシアのステーション指揮官アレクセイ・オブチニンが新しいクルーメイトを迎えるだろう。NASAテレビは全ての活動を放送するだろう。

    NASAテレビの中継時刻等は 「ウェブNASAテレビ放送予定」 から。

    <写真>: 土曜日に、3人の新しいフライト・エンジニアを国際宇宙ステーションに打上げるために、ソユーズ・ロケットがカザフスタンのバイコヌール・コスモドロームの打上台に立っている。

    July 18. 2019



HOME