遠征56クルー:2018年6月5日から。
(名前の表音(読み)は正しくないかも知れません)

<お断り> 本サイトは国外の情報提供を主目的としており、原文に沿って記載するよう心掛けています。宇宙ステーションクルーは英語では Expedition crew と表記され、これは遠征または長征隊員等距離の概念を表す言葉です。本サイトでは遠征〇〇クルーと訳しています。また、遠征隊のトップは Commander であり司令官または指揮官を意味します。本サイトでは指揮官と訳しています。


遠征56・57(右側の3名:左から)
セルゲイ・プロコフィエフSergei Prokopevロシア
アレキサンダー・ガーストAlexander Gerstヨーロッパ
セリーナ・オナン・チャンセラーSerena Aunon-ChancellorNASA

本サイトでは国際宇宙ステーションに関して次にように紹介しています。

これまでの経緯は「国際宇宙ステーション構築の歴史」
ステーションの飛行士達の活動は「国際宇宙ステーションは今」
国際宇宙ステーションの構成要素は 「国際宇宙ステーションの構成(イメージ)」に
なお、国際宇宙ステーションの構築は一応の終息を見ていますので、建設関連コーナーは削除しました。

国際宇宙ステーションツアー(ヨーロッパ宇宙機関提供)

ステーション総説(英語解説) ESA Page Download(114.26 MB)
ズベズダ(ロシア)FlickrFACEBOOKYoutube
ザリャー(ロシア)FlickrFACEBOOKYoutube
ユニティ(NASA)FlickrFACEBOOKYoutube
ディスティニ(NASA)FlickrFACEBOOKYoutube
ハーモニー(NASA)FlickrFACEBOOKYoutube
トランキリティ(NASA)FlickrFACEBOOKYoutube
コロンバス(欧州)FlickrFACEBOOKYoutube
きぼう(日本)FlickrFACEBOOKYoutube

金井飛行士の帰還に伴い、宇宙ステーションでの日本人飛行士の活動はしばらく中断します。このコーナでは保守・科学実験など通常の活動のみの記載は省略します。

船  内  活  動
既に記載してある記事および通常の活動範囲内の内容の掲載は省くことがあります。
固有名詞・科学実験記事など専門的な内容の訳には誤りがあるかもしれません。

 

<11月21日>



<11月20日>



<11月19日>

    米国宇宙船、ステーション配送ミッションのために離昇する

    シグナス貨物船を運ぶノースロップ・グラマンのアンタレス・ロケットは、東部標準時午前4時1分(日本時間11月17日土曜日午後6時1分)に打上げられ、国際宇宙ステーションへ行く途上にある。午前5時45分に、宇宙船のソーラーアレイを配備するための指令が出される。

    <参考>; この打上はNASAテレビでは放送されましたが、ウェッブでは中継されませんでした。また、発表された記事も中途まででした。

    <写真>: ノースロップ・グラマンのシグナス貨物船が、ステーション・クルーのための、科学、補充用品の約 7,400 ポンドを積んで、東部標準時11月17日午前4時1分(日本時間11月17日土曜日午後6時1分)に打上げられた。

    Nov 17. 2018



<11月18日>

    ロシアの貨物船、日曜日のステーションへの配送のために打上げられる

    国際宇宙ステーション・クルーのための約3トンの、食物、燃料、補充用品を運ぶロシアのプログレス71号貨物船は、バイコヌール時間今日土曜日午前12時14分(日本時間11月17日土曜日午前3時14分)に、カザフスタンのバイコヌール・コスモドロームから打上げられた。打上の時、国際宇宙ステーションは、カザフスタン南上空約403キロメートルを飛行していた。補給船は事前の軌道に着き、予定通りにそのソーラーアレイと誘導アンテナを配備した。ロシアの貨物船は、地球軌道を34回周り、11月18日日曜日午後2時30分(日本時間月曜日午前4時30分)にドッキングするだろう。NASAテレビは、ランデブーとドッキングの中継を、午後1時45分(日本時間月曜日午前3時45分)に始めるだろう。プログレス71号は、4ヵ月以上ステーションにドッキングし、3月に軌道脱出のために出発するだろう。
    宇宙ステーションクルーは、来たるべき数日に二つの貨物補給ミッションを受ける予定である。明日、国際宇宙ステーションへのシグナス貨物船の打上が午前4時1分(日本時間11月17日午後6時1分)に予定されている。NASAテレビは、打上の放送を、午前3時30分からオンライン(ウェブの予定はありません)で提供するだろう。シグナスは11月19日月曜日に捕獲され繋留されるだろう。

    <写真>: ロシアのプログレス71号貨物船が、日曜日の配送のために、時間通りに国際宇宙ステーションに向けて打上げられる。

    Nov 16. 2018



<11月17日>

    米国の貨物ミッション一日遅れる

    ワロップフライト施設でのノースロップ・グラマンのシグナス貨物船の打上は、悪天候により一日延期された。シグナスは、今、一層改善された気象予報とともに、東部標準時土曜日午前4時1分(日本時間土曜日午後6時1分)に打上げられる予定である。セリーナ・オナン・チャンセラーは、月曜日午前5時20分に、シグナスの補足を Canadarm2 ロボットアームに命じるだろう。指揮官アレキサンダー・ガーストは、彼女を支援して、接近とランデブーの間の通信を監視するだろう。ロシアからのプログレス71号(71P)貨物船は、カザフスタンのバイコヌール・コスモドロームの打上台で、東部標準時金曜日午後1時14分(日本時間土曜日午前3時14分)の打上準備が整っている。プロコフィエフは、日曜日午後2時30分に自動ドッキングのためにズベズダサービスモジュールの後部のポートに到着するとき、ロシアの補給船を監視するだろう。(以下略)

    <写真>: セリーナ・オナン・チャンセラーが、月曜日に、コンピュータで米国シグナス貨物船を捕えるために Canadarm2 ロボットアームを使う練習をしている。

    Nov 15. 2018



<11月16日>

    二つの貨物ミッション、金曜日の打上と日曜日の配送に設定される

    バージニアの大西洋岸の気象が、国際宇宙ステーションへの一日の旅の、米国貨物船の打上を金曜日まで後退させた。ロシアの補給船のカザフスタンからの打上準備は順調に続けられている。
    NASAとノースロップ・グラマンのミッション・マネージャ達は、今、東部標準時金曜日午前4時23分(日本時間金曜日午後6時23分)のシグナス貨物船の打上を目標としている。シグナスは、約 3,350 キログラムの、クルー補充用品、科学機器、宇宙服装備、ステーション・ハードウェア、コンピュータ資源等を積み込んでいる。シグナスは打上の9分後にアンタレス・ロケットと離れ、ステーションのユニティモジュールへの2日間の旅を始めるだろう。遠征57宇宙飛行士達アレキサンダー・ガーストとセリーナ・オナン・チャンセラーは、日曜日にシグナスを迎え、 Canadarm2 ロボットアームで午前4時35分(日本時間日曜日午後6時35分)に商用貨物船を捕えるだろう。
    ロシアは、今日、プログレス71号(71P)補給船を、カザフスタンのバイコヌール・コスモドロームの打上台に搬出した。このプログレス貨物船は金曜日午後1時14分(日本時間土曜日午前3時14分)の打上の予定である。ロシアの宇宙飛行士セルゲイ・プロコフィエフは、日曜日午後2時30分(日本時間月曜日午前4時30分)に、ズベズダサービスモジュールの後部のポートに自動的にドッキングする 71P の到着を監視するだろう。
    ガーストとプロコフィエフは、水曜日の朝、 71P の到着に備えてトレーニングを始めた。二人は、不測の出来事でロシアの貨物船が自動でドッキングできないとき、手動でドッキングさせる手段をコンピュータで練習した。ガーストは、続いて、オーナン・チャンセラーと、シグナスを捕える演習を行った。
    NASAテレビは、金曜日と日曜日に、シグナスとプログレスの打上、捕獲とドッキングを中継放送するだろう。(以上要点のみ)

    <写真>: 世界の両側で、2機のロケットが、それらの打上台に立っている。ノースロップ・グラマンのシグナス貨物船がバージニアの打上台のアンタレス・ロケットの上部に(左)、ロシアのプログレス71号がカザフスタンのバイコヌール・コスモドロームの打上台にある。

    Nov 14. 2018



<11月15日>

    米国とロシアのロケット 、今週末にステーションを補給するために準備

    米国のロケットが、木曜日朝の打上の秒読みで、バージニアのワロップフライト施設の打上台に立っている。世界の向こう側のカザフスタンでは、ロシアのロケットが、金曜日の午後の打上のために準備している。二つの宇宙船は、国際宇宙ステーションの遠征57クルーを補給するための、数トンの食物、燃料、補充用品、新しい科学機器を運んでいる。
    最初に、ノースロップ・グラマンのシグナス貨物船が、アンタレス・ロケットで、東部標準時木曜日午前4時49分(日本時間木曜日午後6時49分)に、バージニアの大西洋岸からの離陸をセットされている。次に、ロシアは、プログレス71号(71P)貨物船を打上るために、金曜日午後1時14分(日本時間土曜日午前3時14分)に、バイコヌール・コスモドロームから搬出されるだろう。
    2機の宇宙船が日曜日に数時間間隔で到着するだろう軌道の研究室への二重の旅で、シグナスがプログレス71号に先行するだろう。シグナスが最初に着き、セリーナ・オナン・チャンセラーによって支援を得る指揮官アレキサンダー・ガーストが、午前4時35分(日本時間午後6時35分)に、 Canadarm2 ロボットアームでこの商用貨物船を捕えるだろう。しばらく休んだ後、ロシアの宇宙飛行士セルゲイ・プロコフィエフが、午後2時30分に、ズベズダサービスモジュールの後部のポートに自動ドッキングする71Pを監視するだろう。
    ガーストとセリーナは、今日、日曜日のシグナスのロボット捕獲に備えて接近とランデブー手順を演習し再検討した。(以下略)

    <写真>: 2018年11月13日火曜日に、バージニアのNASAのワロップフライト施設で、シグナス補給宇宙船を載せたノースロップ・グラマンのアンタレス・ロケットが、垂直位置に上げられた後に打上台0Aに見られる。

    NASAテレビの中継時刻等は 「ウェブNASAテレビ放送予定」 から。

    Nov 13. 2018



<11月10日>

    日本の貨物船が出発した後、米国・ロシアの宇宙船が打上のために続く

    遠征57クルーは、水曜日に日本の補給船に別れを告げ、その2週以内に米国とロシアの貨物船を迎える準備をしている。3名は、今日、最初に国際宇宙ステーションの緊急処置を演習し、続いて宇宙調査とロボット訓練を行った
    。 米国のノースロップ・グラマンは、アンタレス・ロケットで、東部標準時11月15日午前4時49分(日本時間11月15日午後6時49分)に、その10回目のシグナス貨物船の打上の準備が整えている。ロシアは、その翌日午後1時14分(日本時間11月16日午前3時14分)に、その第71回目のステーション補給ミッション、プログレス宇宙船を打上げるだろう。これら二つの補給船は、11月18日日曜日に、10時間間隔で、ステーションに到着する。シグナスが最初に着くだろう。指揮官アレキサンダー・ガーストは、セリーナ・オナン・チャンセラーの支援を得て、午前4時35分(日本時間午後6時35分)に Canadarm2 ロボットアームでアメリカの補給船を捕えるだろう。数時間後の午後2時30分(日本時間11月19日午前4時30分)に、ロシアの宇宙飛行士セルゲイ・プロコフィエフは、ロシアのプログレス71号貨物船の接近と、ズベズダサービスモジュールへの自動ドッキングを監視するだろう。(以下略)

    <写真>: ロボットアームCanadarm2 の握りから解放された後、日本の HTV-7 補給船が描かれる。 HTV-7 と国際宇宙ステーションは、太平洋上約254マイル(406キロメートル)、バハ・カリフォルニアの西約311マイル(498キロメートル)を周っていた。

    Nov 08. 2018



<11月9日>

    宇宙飛行士達、日本の宇宙船を解放する

    国際宇宙ステーションの Canadarm2 ロボットアームを使ったヨーロッパ宇宙機関の遠征57指揮官アレキサンダー・ガーストは、NASAの宇宙飛行士セリーナ・オナン・チャンセラーの支援を得て、東部標準時午前11時51分(日本時間木曜日午前1時51分)に日本の貨物船を解放した。解放の時、宇宙ステーションは、北太平洋上254マイル(406キロメートル)を飛んでいた。それ以前に、地上管制官達は、ロボットアームを使って貨物船を切離した。HTV-7 は、いくつかの軌道脱出活動が終わった後、宇宙ステーションから離れた安全な距離にあるだろう。
    解放後、新しい、小さな再突入カプセルが、日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)の自律制御の H-II 運搬船7(HTV-7)から展開されるだろう。 JAXA によって設計され、ステーション・クルーによって構成されたこの円錐形のカプセルは、高さ2フィート(60センチ)幅 2.7 フィート(82センチ)と測定される。このプロジェクトは、研究者達への緊急配送のために小さなペイロード(積載物)をステーションから送り返す JAXA の能力を試すために設計された技術デモンストレーションである。この返還カプセルは、軌道脱出点火の後ハッチから放出され、パラシュートによって支援されて日本の沖に着水するだろう。そこでは JAXA の船が回収に備えているだろう。
    一方 HTV-7 宇宙船は、11月10日に南太平洋上で地球の大気を再突入し、安全に燃え尽きる予定である。

    <写真>: 日本のH-II運搬船7(HTV-7)が Canadarm2 ロボットアームの握りから解放された直後に描かれる。

    Nov 07. 2018



<11月7日>

    宇宙飛行士達、日本の貨物船出発の準備する

    二人の遠征57宇宙飛行士達は、国際宇宙ステーションでの41日間のミッションの後水曜日(日本時間木曜日早朝)に解放する日本の補給船のための訓練をした。日本の七回目の貨物船 H-II 運搬船7号(HTV-7)は、軌道の研究室を出発した後更に一つのミッションを持っている。すべてが予定通りに行くならば、ヨーロッパ宇宙機関のアレキサンダー・ガーストが、 Canadarm2 ロボットアームに、東部標準時水曜日午前11時50分(日本時間木曜日午前1時50分)に、 HTV-7 (こうのとり)を開放するように命じるだろう。セリーナ・オナン・チャンセラーは、ガーストをバックアップし、キューポラで、宇宙ステーションからゆっくり離れる貨物船とその通信を監視するだろう。二人の宇宙飛行士達は、今日、出発手順を再検討し、コンピュータでロボット・コントロールを行った。NASAテレビは、午前11時30分(日本時間11月8日木曜日午前1時30分)に貨物船の出発を中継放送するだろう。「こうのとり」は9月27日に捕えられ、来るべき二回の船外活動の間に構成されるステーション外部のバッテリとハードウェアを届けた。 HTV-7 は、太平洋上で燃え尽きる前に、日本宇宙航空研究開発機構(JAXA)による調査のために搭載された小さな再突入カプセルを解放するだろう。

    <写真>: 9月27日、 Canadarm2 ロボットアームを操作する遠征56指揮官アンドリュー・フューステルによって捕えられる前に、NASAのセリーナ・オナン・チャンセラーが H-II 運搬船7号(HTV-7)の到着を監視する。

    Nov 05. 2018



<11月3日>

    ロケット調査完了;ロシアと日本、ミッションの更新を発表

    NASAは、クルー打上計画を進めるために、国際宇宙ステーションパートナー・ロスコスモスとともに密接に働いている。ロスコスモスは、プログレス71号補給ミッションを11月16日に打上げる予定であり、フライト準備検討が保留されているNASAの宇宙飛行士アン・マクレインを含む遠征58クルーの打上は12月3日を目標にしている。
    ロスコスモスは、先月、ロシアのロケット発射の中止に至ったステーションへのソユーズ・ロケットの失敗の調査を終えた。4段の中の第一段ロケットエンジンの一つが異常に分離されて第二段ロケットを叩き、10月11日のソユーズの安定の消失に至った。
    ロスコスモスからの声明は次の通り。
    異常分離の理由は、バイコヌール・コスモドロームでパッケージを構成するときに許容されるセンサーの軸の変形のために、「D」ブロック酸化剤タンクのノズル・キャップが開かなかったことにある。この LV 事故の原因はオペレーショナルな性質のものであり、ソユーズ・タイプの LV パッケージの残りにも及んでいる。
    日本は、また、今日、「こうのとり」と呼ばれる H-II 運搬船7号(HTV-7)補給船のステーションのハーモニーモジュールからの解放を発表した。指揮官アレキサンダー・ガーストは、東部夏時間11月7日午前10時50分に「こうのとり」の解放を Canadarm2 ロボットアームに命じるだろう。セリーナ・オナン・チャンセラーが彼を支援するだろう。

    <写真>: 2018年10月11日に、ソユーズ MS-10 宇宙船が、遠征57クルーメンバーNASAのニック・ハーグとロスコスモスのアレクセイ・オブチニンとともに打上げられる。ソユーズ宇宙船が軌道に上昇する間に異常が起き異常停止軌道に沿って降下した。クルーは素早く良好な状態で回収された。

    Nov 01. 2018



<10月17日>

    ハーグヒューストンに戻る、ステーションクルー科学と貨物で働く

    木曜日のカザフスタンでのソユーズ MS-10 宇宙船の打上直後の緊急着陸の後、NASAの宇宙飛行士ニック・ハーグは土曜日にヒューストンに戻った。仲間のソユーズ・クルー、アレクセイ・オブチニンは、カザフスタンでの診察の後モスクワへ戻った。一方、軌道を周っている遠征57クルーの3名は、調査、保守、日本宇宙航空研究開発機構の HTV-7 貨物船への積込を続けている。(以上要点のみ)

    <写真>: 国際宇宙ステーションが南オーストラリアを周っていたとき、軌道の複合体のカメラが地球の大気の輝きとミルキーウェイの視界を捕えた。

    Oct 15. 2018



<10月14日>

    ステーションクルー、打上上昇中断後科学調査で多忙

    アメリカのニック・ハーグとロシアのアレクセイ・オブチニンは打上直後に緊急着陸したが、優れた形でロシアに戻った。国際宇宙ステーションの三名の遠征57クルーは木曜日の朝の打上事故後、軌道の研究室で科学と保守を続け相変わらず多忙である。
    ソユーズ MS-10 ロケットブースタは、カザフスタンのバイコヌール・コスモドロームからの打上約2分後に失敗を経験した。NASAの宇宙飛行士ハーグとロスコスモスの宇宙飛行士オブチニンは、ミッション中断の後、ミッション当局とともに安全にモスクワに戻った。ハーグは土曜日にヒューストンに戻り、オブチニンはモスクワに留まるだろう。 故障の原因調査は始まり、宇宙ステーションの国際的なパートナーはステーションの運用計画の変更を検討している。---以上要点のみ

    <写真>: 国際宇宙ステーションがアフリカ大陸の上を周ったとき北アフリカと地中海が描かれる。ハーモニーモジュールに取り付けられている日本のこうのとり H-II 運搬船7号(HTV-7)が右に描かれている。

    Oct 12. 2018



<10月11日>

    ロケット、木曜日に新しいクルーを打上げるために搬出される。

    カザフスタンのバイコヌール・コスモドロームの打上台で、NASAのニック・ハーグとロスコスモス(ロシアの宇宙開発機関)のアレクセイ・オブチニンを国際宇宙ステーションに打上げる次のロケットが準備されている。二人は、彼らの新しいホームへの6時間の乗船のために、東部夏時間木曜日午前4時40分(日本時間木曜日午後5時40分)に、ソユーズ MS-10 宇宙船で離陸するだろう。ハーグとオブチニンは、2週間の適合チェック、ソユーズ・テスト、手順レビューその他の伝統的な活動のための最終的な準備で打上サイトにあった。これは、軌道の研究室への、ハーグの初めてのフライト、オブチニンの二回目になるだろう。
    宇宙ステーションの三名の遠征57クルーメンバーは新しいクルーメイトを待っている。指揮官アレキサンダー・ガースト、セリーナ・オナン・チャンセラー、セルゲイ・プロコフィエフは、木曜日午前10時44分(日本時間木曜日午後11時44分)にドッキングし、午後1時10分(日本時間金曜日午前2時10分)ごろにソユーズのハッチを開ける新しい二人を歓迎するだろう。
    一方、軌道を周っているトリオは、今日、様々な科学を続けた。オーナン・チャンセラーは、月曜日に「きぼう」研究室モジュールの外から三つキューブ衛星を解放するために、小型衛星配備装置を準備した。(以下略)

    <参考>:三つキューブ衛星は解放されました。「きぼう」から超小型衛星3機放出に成功!(JAXA)から。 

    <写真>: 2018年10月9日火曜日に、カザフスタンのバイコヌール・コスモドロームで、この長い露出写真の中で、打上台発射整備塔のアームが、ソユーズ・ロケットの周りに閉じているのが見られる。

    Oct 09. 2018



<10月6日>

    ステーションクルー、宇宙での197日後に地球に戻る

    国際宇宙ステーションで生活し働いた三名のクルーは、安全にカザフスタンに着陸した。 遠征56は、カザフスタン時間午後5時44分(日本時間午後8時44分)にカザフスタンのジェズカズガンの南東の遠隔地に着陸した。 クルーは、その197日の探検の間に、何百もの実験を終えた。クルーは、また、数トンの補充用品と調査実験機器を加えた五つの貨物船を迎えた。 14回目のスペースXドラゴンは4月に、15回目のドラゴンは7月に到着した。9回目のシグナス補給船は5月に到着した。 ロシアのプログレスは、8月に、4時間未満の記録的な短時間のランデブーを終えた。遠征56トリオがホームのために出発する一週間前に七回目の日本の「こうのとり」貨物船が到着した。
    フューステルは、今、宇宙での3回の宇宙飛行によって226日以上を記録し、アーノルドは2回のミッションで209日以上を記録した。 二人は、遠征55と56の間に、保守と更新のために3回の船外活動に挑戦した。フューステルは9回の船外活動で61時間48分を累積し、アメリカの宇宙飛行士達の3番目になった。 アーノルドは5回の船外活動で32時間4分になった。アルテミエフは、仲間のロシアの宇宙飛行士セルゲイ・プロコフィエフと一回の船外活動を行った。 この船外活動は7時間46分に及び、ロシアの宇宙プログラム史上で最長となった。 アルテミエフは、今、彼の二回のフライトで336日を過ごした。
    一方、NASAのセリーナ・オナン・チャンセラー、ヨーロッパ宇宙機関のアレキサンダー・ガースト、ロスコスモス(ロシアの宇宙開発機関)のセルゲイ・プロコフィエフから成る遠征57は、ステーションで調査とオペレーションを続けている。 ガーストはフューステルに代わってステーションの指揮権を受けた。
    NASAの宇宙飛行士ニック・ハーグとロシアの宇宙飛行士アレクセイ・オブチニンは、クルーを5名に増やすために、10月11日の同日到着で打上げられる予定である。

    <写真>: 遠征55/56クルー、リッキー・アーノルド、アンドリュー・フューステル、オレグ・アルテミエフを運ぶソユーズ MS-08 宇宙船が、 カザフスタンへパラシュートで着陸する数秒前に撮られる。

    Ocpt 04. 2018



HOME