カッシーニ

カッシーニは9月15日に土星大気へ突入してそのミッションを終えました。このページではその後に発表された記事をまとめています。なお、ミッションの最終期には、“土星と最も内側のリングとの間を調査”するファイナル・ステージ(グランド・フィナーレ)を行いましたので、この調査に関する記事は「グランド・フィナーレ」として別ページにまとめています。

ミッション終了後に発表された記事を整理し連載しています。記事の前後、これまで掲載した記事との重複もありますのでご了承ください。



<タイタンの縁の湖(アーティストのコンセプト)>  9月10日

土星の月タイタンの北極の湖のこのアーティストのコンセプトは、NASAのカッシーニ宇宙船によって見られた、この月のウィニペグ・ラカス(Winnipeg Lacus:ラカスは湖水)の周りの持ち上げられた縁と城壁のような形を例示している。カッシーニのレーダーデータとモデルを使った新しい調査は、このような湖の鉢が、恐らく、爆発クレータであることを提起している。それらは、液体の窒素分子が暖められた地殻の中に堆積し、この月の地殻の穴に吹き、素早く蒸気に変わったときに形づくられたのかもしれない。これは、タイタンの過去の寒い、窒素によって支配された期間に起きた温暖化の出来事の間に起きた。この新しい調査は、今日の比較的温い状況に続くタイタンの過去の、これらの寒い期間の証拠を提供しているのかもしれない。地球と比較するとタイタンは非常に冷たいが、この月の表面を暖める大気のメタンが温室効果を提供している。

Sept 07, 2019

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<カッシーニの間隙の外側の模様>  7月24日

アポロ11号の記事の掲載で中断していました、カッシーニ土星探査機のデータ解析の結果を掲載します。なお、これは先般掲載された最終記事です。

補足図(右)を加えた土星のリングのこのイメージ(左)は、リングの模様が非常に接近したところでどのように異なるかを照らし出している。このイメージは、右図をつくるために、ローカルな構造と模様を示すための、この場面全体に亘る、平均化、及び、主な明るさ変化を差し引くプロセスのフィルターが用いられた。右図の羽毛のような模様は、イメージ右側のカッシーニの間隙の「三つの丘」領域---従って三つの明るい峰と名付けられた---に現れているが、その周辺領域にはない。このイメージはリングから約 113,000 キロメートルでとられた。イメージスケールはピクセル当たり690メートルである。

June 13, 2019

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<赤外線の目、新しいスペクトルのマップを与える>  7月5日

右の疑似カラーイメージは、カッシーニの可視光・赤外線マッピング分光計(VIMS)で捕えられた、土星のA、B、Cリングのスペクトルマッピングを示している。それは、可視光線ではなく、リングの赤外線の視界を表示している。青緑色のエリアは、一次的にはAとBリングの、最も純粋な水の氷 and/or 最も大きな粒を持つ領域である。一方、赤い色は、一次的にはCリングとカッシーニの間隙の、氷でない素材 and/or 小さな粒の量の増加を示している。左の、同じイメージは、カッシーニの画像科学サブシステムによってとられた土星の自然色の合成の上に重ねられている。

June 13, 2019

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<Fリングのミニ・ジェット>  7月4日

小さなオブジェクトが同時にリングに衝撃を与え素材の筋を引き起こす証拠を示して、ここにはFリングのコア領域が見える。黒い矢で示されたミニ・ジェットは、約30キロメートルに広がる尾を残している。これらは、それらが恐らく全てほぼ同時にリングを叩いたインパクターの群れに起因することを示して、同じ長さと方向を持っている。このことは、このリングが土星自体を周る素材の流れによって形づくられていることを示している。イメージの中央の点線は二つのメージがどこで接合されたかを示している。下部のFリングのコアは図の中で部分的に露出過度であり、筋を見えるようにするためにイメージの画質を変えている。この図は、2017年7月13日にとられた ISS 狭角カメライメージからつくられた。

June 13, 2019

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<埋め込まれた月、土星のリングを彫る(2)>  7月3日

このイメージはリング素材がどのようにふるまうか示している。ダフニスに因る構造の破壊の後に、自身の相互作用でどのように戻るかを示している。イメージの右の部分のギャップの中に突き出て見える素材のリボンは、実際には、恐らく、リング平面の上に急に立ち上がっている。イメージの左に向かう素材の同じリボンは、リング平面の下に飛び込んでおり、リングの主要部分によって隠され視界から消えている。このイメージは、ダフニスから約 23,000 キロメートルの距離で、カッシーニ宇宙船の狭角カメラの可視光線でとられた。イメージスケールはピクセル当たり160メートルである。主イメージとは異なり、このイメージは、リングの陽に照らされていない側でとられている。

June 13, 2019

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<埋め込まれた月、土星のリングを彫る(1)>  7月2日

しばらくの間、最近発表されたカッシーニデータの分析を連載します。
この画質を高められたカラーイメージの合成は、リングの日の当たる側のキーラーギャップの、土星のリングに埋め込まれた月の一つダフニスを示している。ダフニスがギャップの外の端に三つの波を巻き起こしているのを見ることができる。三つの波頭は大きさを減じながら月を追っている。それぞれ連続した頂は、その中のリングの粒が相互作用し合い互いに衝突して波の形が変化している。ダフニスの左下のリングの素材の薄いストランド(撚り糸)は、このイメージでは新しく見え、下流の第3の波の頂上では以前に観測されなかった複雑な形をしている。このイメージがとられたとき、カッシーニは、僅か15度ほどの非常に浅い角度でリングの上にあった。垂直の構造、土星から外側への放射の形状、リング平面の内部構造などの間の、このイメージの結果の違いを短く語ることは難しい。それにも関わらず、カッシーニ画像科学者達は、昼夜平分時の間の影との比較において、ギャップの波が大きくは垂直であると判断した。この素材の薄いストランドはまた恐らく垂直である。ダフニス自体は、実際には、ギャップの幅の五分の一ほどであるが、ここではより大きく見える。--- 中間略(色付けの根拠を述べている) --- 色の急激な変化の原因は不明であるが、それらは、恐らく、組成の違いより粒の径その他の特性の変化に起因している。この合成イメージは、ダフニスから約 28,000 キロメートルの距離で、カッシーニ宇宙船狭角カメラの可視光線でとられた。イメージスケールはピクセル当たり170メートルである。

June 13, 2019

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<NASAのカッシーニ、タイタンの湖の驚異を示す>  5月13日

2017年の土星最大の月への最終的なフライバイで、NASAのカッシーニ宇宙船は、タイタンの北半球の小さな液体の湖が、驚くほど深く、丘の頂の高い所に置かれ、メタンで満たされていることを明らかにするレーダー・データを集めた。4月15日にネイチャー・アストロノミーで発表されたこの新しい調査結果は、あるタイタンの湖がどれくらい深いか(100 メートル以上)の、また、それらの組成の初めての確認である。これらは、我々の太陽系で地球以外にその表面に安定した液体を持つことが知られている唯一の惑星天体タイタンに、液体のメタンが、どのように降り、蒸発し、しみ込むかについての新しい情報を提供している。(以下要約)
タイタンでは、地球と異なり、メタンとエタンが水の働きを行う。地球では、これらの炭化水素はガスとなるが、タイタンは冷たく、液体として存在する。科学者達は非常に大きな北の海がメタンで満たされていることは知っていたが、小さな北の湖がほとんどメタンで満たされている発見は驚きであった。以前、カッシーニは、タイタンの南半球の唯一の大きな湖オンタリオ・ラカス(Ontario Lacus)を測定し、大雑把にメタンとエタンの等しい混合を発見した。エタンは、その組成に多くの炭素と水素原子を持ち僅かにメタンより重い。
タイタンは発見が為される度にますますその神秘が深くなる。

April 18, 2019

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<カッシーニ、小さな月を覆っているのを見る>  4月4日

土星のリングへの接近した通過の間に、NASAのカッシーニ宇宙船は、Aリングの小さな月パンとダフニス、Aリングの端のアトラス、Fリングの端のパンドラ、月エンケラドゥスから扇形に広がる素材に浸されるエピメテウスを調べた。これらの小さな月の直径は、ダフニスの8キロメートルからエピメテウスの116キロメートルにわたっている。このイラストレーションで表されているリングと月はスケールには合っていない。
新しい調査結果は、土星のリングの中とその近くにある小さな月に現れた。NASAのカッシーニ宇宙船のこれまでにない最接近は、これらの異常な月の表面が惑星のリングからの、および、土星の大きな月エンケラドゥスが吹き飛ばした氷の粒子からの素材で覆われていることを明らかにした。この作業では、これらの小さな月達を形づくっているプロセスの写真を描いている。
これらの奇妙な小さい月の向こうみずな接近した通過は、「それらがどのように土星のリングと相互作用しているかを我々に見せている」とNASAのジェット推進研究所の Bonnie Buratti は言った。「我々は、土星のリングと月のシステムが、どれくらい激しく活動的で、ダイナミックであるかの更なる証拠を見ている」
2017年に終わったミッションの、カッシーニの機器の六つによって以前に集められたデータからの新しい調査では、リングからのダストと氷が、リングの中にまたその近くに埋めこまれたこれらの月の上に付着していることが明確に確認できる。
科学者達は、また、非常に多孔性の月の表面を発見し、更に、それらが複数の段階に形づくられたことを確認した。この多孔性は、また、球形でなく、赤道のまわりに素材を固着した小さな塊である、それらの形を説明するのに役立っている。

March 28, 2019

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<タイタンの合成:霞の下の地表>  12月12日

このこのカッシーニ画像科学サブシステム(ISS)からの 938 nm の近赤外線波長のタイタンの地表の明度の広域な合成は、広大な赤道の砂の海から高緯度の湖、液体炭化水素の海に至るまでの、タイタンの幅広い種類の地形の分布を示している。この合成をつくるために、NASAのカッシーニ宇宙船のオペレーションの13年以上の間に土星でとられた 9,873 の個別の ISS イメージが結合された。そのような多くのイメージの平均は地表の地形がどのように良く見えるかを劇的に改善している。(中間略)このイメージのスケールは、緯度1度につき16ピクセルまたは 2.8 キロメートルである。この新しいイメージは以前のバージョンのタイタンの ISS マップイメージの最新版である。この最も新しいバージョンは2015年に発表された。

Dec 06, 2018

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<グランド・フィナーレ:カッシーニの最後のダイブの一つ(イラストレーション)>  10月10日

このイラストレーションは、ミッションのグランド・フィナーレの一部としての、NASAのカッシーニ宇宙船からの最終的なダイビングの一つでの、土星とその最も内側のリングの間の視界を描いている。

Oct 03, 2018

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<グランド・フィナーレ:ギャップのカッシーニ(イラストレーション)>  10月9日

このイラストレーションは、ミッションのグランド・フィナーレの一部として、土星とその最も内側のリングの間にダイビングするNASAのカッシーニ宇宙船を示している。カッシーニはリングと惑星の間の軌道を22回通過し、2017年9月15日に土星に飛び込んでそのミッションを終えた。

このイラストは以前にも示されたものの再掲です。

Oct 02, 2018

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<土星を周るカッシーニ(イラストレーション)>  10月5日

このイラストレーションは土星を周っているNASAのカッシーニ宇宙船を示している。カッシーニは、土星への最終飛び込みによって2017年9月15日にそのミッションを終える前に、リングと惑星の間を周る軌道を22回通過した。

Oct 02, 2018

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<タイタンのダストの嵐>  10月 4日

2009年と2010年のタイタンの9回のカッシーニの接近通過からのイメージのこの編集は、宇宙船の可視光・赤外線光マッピング分光計によってとられたイメージに突然現れた、くっきりした明るい場所三つのの例を捕えている。この明るみは地球の5週11時間の短い期間のみ見られ、その前や以降のイメージに見ることができない。

Sept 24, 2018

大判(13008x9984)はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<タイタンのダストの嵐を見る>  10月 3日

アニメーションは こちら をクリック。

2009と2010年の何回かのタイタンフライバイの間の、NASAのカッシーニ・ミッションの可視光・赤外線光マッピング分光計によってとられたイメージに基づくこのアニメーションは、ダストの嵐の証拠と解釈される昼夜平分時ごろの赤道近く見えるくっきりした明るい場所を明らかにしている。 この明るさは、地球で5週間11時間の短い間のみ見られ、以前や以降のイメージでは見ることができなかった。

Sept 24, 2018

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<タイタンのダストの嵐のアーティストのコンセプト>  10月2日

研究者達は、土星の最大の月タイタンに、強力なメタンの嵐で起きる強い突風によって、ダストの膨大な量が起きることがあると考えている。 以前に国際的なカッシーニ宇宙船からのイメージに観測されたそのようなメタンの嵐は、 太陽が赤道を横切る年のこの月の赤道領域に、特に昼夜平分時ごろに砂丘フィールドに形成されることがある。

Sept 24, 2018

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。




TOP PREV