カッシーニ

カッシーニは9月15日に土星大気へ突入してそのミッションを終えました。このページではその後に発表された記事をまとめています。なお、ミッションの最終期には、“土星と最も内側のリングとの間を調査”するファイナル・ステージ(グランド・フィナーレ)を行いましたので、この調査に関する記事は「グランド・フィナーレ」として別ページにまとめています。

ミッション終了後に発表された記事を整理し連載しています。記事の前後、これまで掲載した記事との重複もありますのでご了承ください。



<グランド・フィナーレ: カッシーニの最後のダイブの一つ(イラストレーション)>  10月10日

このイラストレーションは、ミッションのグランド・フィナーレの一部としての、NASAのカッシーニ宇宙船からの最終的なダイビングの一つでの、土星とその最も内側のリングの間の視界を描いている。

Oct 03, 2018

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<グランド・フィナーレ:ギャップのカッシーニ(イラストレーション)>  10月9日

このイラストレーションは、ミッションのグランド・フィナーレの一部として、土星とその最も内側のリングの間にダイビングするNASAのカッシーニ宇宙船を示している。カッシーニはリングと惑星の間の軌道を22回通過し、2017年9月15日に土星に飛び込んでそのミッションを終えた。

このイラストは以前にも示されたものの再掲です。

Oct 02, 2018

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<土星を周るカッシーニ(イラストレーション)>  10月5日

このイラストレーションは土星を周っているNASAのカッシーニ宇宙船を示している。カッシーニは、土星への最終飛び込みによって2017年9月15日にそのミッションを終える前に、リングと惑星の間を周る軌道を22回通過した。

Oct 02, 2018

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<タイタンのダストの嵐>  10月 4日

2009年と2010年のタイタンの9回のカッシーニの接近通過からのイメージのこの編集は、宇宙船の可視光・赤外線光マッピング分光計によってとられたイメージに突然現れた、くっきりした明るい場所三つのの例を捕えている。この明るみは地球の5週11時間の短い期間のみ見られ、その前や以降のイメージに見ることができない。

Sept 24, 2018

大判(13008x9984)はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<タイタンのダストの嵐を見る>  10月 3日

アニメーションは こちら をクリック。

2009と2010年の何回かのタイタンフライバイの間の、NASAのカッシーニ・ミッションの可視光・赤外線光マッピング分光計によってとられたイメージに基づくこのアニメーションは、ダストの嵐の証拠と解釈される昼夜平分時ごろの赤道近く見えるくっきりした明るい場所を明らかにしている。 この明るさは、地球で5週間11時間の短い間のみ見られ、以前や以降のイメージでは見ることができなかった。

Sept 24, 2018

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<タイタンのダストの嵐のアーティストのコンセプト>  10月2日

研究者達は、土星の最大の月タイタンに、強力なメタンの嵐で起きる強い突風によって、ダストの膨大な量が起きることがあると考えている。 以前に国際的なカッシーニ宇宙船からのイメージに観測されたそのようなメタンの嵐は、 太陽が赤道を横切る年のこの月の赤道領域に、特に昼夜平分時ごろに砂丘フィールドに形成されることがある。

Sept 24, 2018

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。




TOP PREV