< 火 星 の 話 題 >

火星では2021年5月20日現在10の宇宙船・探査車等が活動しています。このページでは、これらの探査機の中で、NASA・ヨーロッパ宇宙機関の探査を中心に、2021年6月以降の火星探査の話題全般を、最新情報を含めて、 横断的に 掲載しています。

火星の概要、2021年5月までの火星探査概要およびそれらの記録は こちら からご覧ください。

2021年6月現在活動中のNASAおよびヨーロッパ宇宙機関の探査機(現在、このページで対象としているもの)は次の通り。
  1.  マーズエクスプレス(2003年;欧州宇宙機関;軌道船)
  2.  マーズリコナッサンス(2005年、NASA:軌道船)
  3.  マーズローバーキュリオシティ(2011年、NASA:探査車)
  4.  マーズオービタメイブン(2013年、NASA:軌道船)
  5.  エクソマーズ(2016年;欧州宇宙機関:軌道船)
  6.  マーズインサイト(2018年、NASA:固定着陸船)
  7.  マーズローバーパーサビアランス(2020年、NASA:探査車)

マーズトピックス 2                     (最終更新日: 7月24日)

マーズトピックス 1                     (最終更新日: 6月30日)

<参考>: 火星探査情報掲載方法変更の主旨: 本サイトでは1997年のマーズパスファインダ以降の探査機について、できるだけ詳細にお伝えすべく、個々の探査機のページを設け掲載してきました。しかし近年は探査機の数も増え、2021年5月現在、中国の探査機などを含めると10機に上っています。これらの探査機は、そのミッション目的や、特にその運営主体によって、詳細に情報が提供されるもの、ほとんど発表のないもの等様々です。このため、従来の探査機別の掲載を改め、本来の主旨である惑星火星に着目して情報を選択し、掲載するように変更しました。


HOME