土星探査宇宙船カッシーニ・ホイヘンスは、日本時間1997年10月16日に、カリフォルニアのケープカナベラル空軍基地からタイタン4Bセントールロケット(Titan 4B Centaur rocket)に載せて打ち上げられた。カッシーニ・ホイヘンスは太陽に対する宇宙船の相対速度を上げるために VVEJ-AG(Venus-Venus-Earth-Jupiter Gravity Assist)と呼ばれる、金星(2回)、地球、木星へのフライバイ(衛星が惑星に近づきその引力を利用して加速度をつけること:スウィングバイとも言う)を行い、7年、35億キロメートルの旅の後、日本時間2004年7月1日に土星に到着した。このミッションは、NASA、欧州宇宙機関、イタリア宇宙機関の共同運営であり、NASAのジェット推進研究所(JPL)が運営に当たっている。宇宙船には土星の衛星タイタンに降下して調査する探査機ホイヘンス(Huygens)を積んでいた。カッシーニの名は、土星のリングの間隙を発見した17世紀のイタリアの天文学者、ジョバンニ・ドメニコ・カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)にちなんで、また、ホイヘンス探査機は、1655年にタイタンを発見したクリスチャン・ホイヘンス(Christiaan Huygens)にちなんで名付けられている。

しばらく土星関連の連載が続きます。カッシーニは9月の土星大気への突入を前にして、土星と最も内側のリングとの間を調査するファイナル・ステージ(グランド・フィナーレ)に入っています。記事は従前のものとグランド・フィナーレのものとが混在しています。
発表順に掲載しますのでご注意ください。

 

・・・2017年3月5日以前の記録は削除しました・・・



カッシーニ 127  (最終更新日 8月18日)
(2017年6月1日以降の記録)


カッシーニ グランドフィナーレ  (最終更新日 8月12日)



土星、衛星、リングシステム概要 (2009年11月25日)


・・・これまでに掲載し削除した内容・・・




HOME