ハッブル宇宙望遠鏡

ハッブル
宇宙望遠鏡
このコーナーでは、ハッブル宇宙望遠鏡(HST:Hubble Space Telescope) が捉えたイメージを解説とともにご紹介しています。ハッブル宇宙望遠鏡のイメージは、「今日の天文写真(APOD)」、「宇宙の基礎理論」、惑星達のページなど、広範囲に取り上げられています。このコーナーの解説はやや専門的ですが、本サイトでは出来るだけ平易な解説で読んでいただくように心掛けています。しかし、解説が非常に専門的で訳者の手に余ることがありますので、誤訳を避ける意味で、このような記事は省かせていただくことがあります。掲載は随時、掲載期間は一カ月程度です。

下表の掲載月日欄をクリックしてください。イメージとともに解説が表示されます。

掲載年月日表      題掲載元日付
2020.01.10ハッブル、銀河の天のシークインを見る 2020.01.03
2020.01.13シミュレーションされたイメージ、NASAの広域赤外線調査望遠鏡のパワーを実証する 2020.01.05
2020.01.14NASAの大天文台達、天文学者達が爆発する星の3D視覚化を構築するのに役立つ 2020.01.05
2020.01.15NASAのハッブル、巨大銀河を調査する 2020.01.05
2020.01.16ハッブル、最も小さな既知の暗黒物質の塊りを検出する 2020.01.08
2020.01.17宇宙の拡大鏡、独立した宇宙膨張の測定を与える 2020.01.08
2020.01.20金髪の星は生命を探す最良の場所である 2020.01.08
2020.01.21ハッブル、有名なカタログからの銀河を見る 2020.01.17
2020.01.27NASAのケプラー、激しく爆発する吸血鬼の星のシステムを見る 2020.01.24
2020.01.28ハッブル、超大規模なセンターを持つダストの銀河を見る 2020.01.24
2020.02.03ハッブル、バーと幼児の星達を見る 2020.01.31
2020.02.10ハッブル、壮大な渦巻を捕える 2020.02.07
2020.02.17ハッブル、開かれた腕で渦巻を抱く 2020.02.14


TOP