カッシーニ

このページでは2004年7月に土星軌道に入ったNASAの土星探査衛星カッシーニ・ホイヘンス軌道船による土星からのイメージをご紹介しています。

カッシーニは9月の土星大気への突入を前にして、土星と最も内側のリングとの間を調査するファイナル・ステージ(グランド・フィナーレ)に入っています。記事は従前のものとグランド・フィナーレのものとが混在しています。発表順に掲載しますのでご注意ください。



<二つのタイタン> 8月18日

土星の月タイタンのこれらの二つの視界は、NASAのカッシーニ宇宙船が、この魅力的な世界の表面をどのように明らかにしたかを例証している。カッシーニは、タイタンを覆い隠す炭化水素の霞のベールを貫き通すために、いくつかの機器を運んでいる。これらには、宇宙船レーダー(PIA20021)と、可視光・赤外線マッピング分光計(VIMS:PIA13400とPIA18432)を含んでいる。このミッションの画像カメラには、また、表面への霞や暗い宇宙を通すことができる、赤外線の特定の波長に敏感ないくつかのスペクトルのフィルタを持っている。これらの「スペクトルの窓」は、ほぼタイタン全ての表面をマップする(PIA19658を見る)ための、画像カメラを可能にしている。タイタンの表面に加えて、画像カメラと VIMS からイメージは、この月の絶えず変化する大気の中の窓を提供し、長年にわたって霞と雲の外見と動きを年代順に記録した。夏の雲の大きく、明るく、羽毛のような帯が、右の視界の高い北を横断した弧として見えるだろう。これらの視界は、カッシーニ宇宙船の狭角カメラで、2017年3月21日にとられた。赤、緑、青スペクトルのフィルタを用いてとられたイメージが、自然色の視界をつくるために結合された。右側の疑似カラーの視界は、赤のチャンネルのために 938 ナノメートルの赤外線を代えることによって作られた。この視界は、タイタンから約 986,000 キロメートルから得られた。 イメージスケールはピクセル6当たりキロメートルである。

Aug 11, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<プロメテウスと幽霊のようなFリング> 8月17日

土星の月プロメテウスの薄い細片が、NASAのカッシーニ宇宙船からのこの視界の、土星の狭いFリングの幽霊のような構造の近くに潜んでいる。この狭いリングの幽かでまた薄い形の多くは、差渡し86キロメートルのプロメテウスとの重力の相互作用から生じている。この小さな月の表面の大部分は、この視点の形状に起因して暗闇にある。カッシーニは、月の暗い側をまたこの月の僅かに陽の当たる北半球の方向を見る、太陽に関して土星とプロメテウスの後に置かれた。また、土星のAリング(中央左)の最も外側の一部分と、キーラーギャップ(左下)の内部の、リングの残りとの間に明確な明るさの違いが見られる。この視界はリング平面より上約13度から、リングの陽の当たる側を見ている。イメージは、土星から110万キロメートルで、2017年5月13日に、カッシーニ宇宙船で狭角カメラの可視光線でとられた。イメージスケールはピクセル当たり6キロメートルである。

米国東部夏時間8月21日

Aug 07, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<古き良き夏の日> 8月16日

土星の北半球は2017年中頃に夏至に至り、惑星の遠い北に連続する日光を持ち込んだ。2017年5月24日に至が到達した。カッシーニ・ミッションは、土星の季節の切替のときの惑星に起こる変化を観測する、他に類のない機会を使っている。この視界はリング平面の上約17度から、リングの日の当たる側を見ている。このイメージは、土星から約120万キロメートルで、2017年4月17日に、カッシーニ宇宙船の広角カメラの 939 ナノメートルに中心を置く近赤外線フィルタを使ってとられた。イメージスケールはピクセル当たり70キロメートルである。

July 31, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<NASA、土星の月が膜をつくる化学を持つかも知れないことを発見する。> 8月15日

<お断り>: この記事はALMA望遠鏡の観測をベースにしています。解説はかなり細部に亘っています。訳者はこの分野(生物化学)の知識は不十分であり、訳文に正確性を保つ自信はありません。以下、記事の一部の概要のみを記します。

NASAの科学者達は、生命の化学物質の前兆を調査している科学者達の長く興味をそそった場所、土星の月タイタンの大気に化学物質アクリロニトリル(acrylonitrile)を決定的に検出した。地球では、シアン化ビニールとも呼ばれるこのアクリロニトリルは、プラスチックの製造に役立っている。土星の最大の月の厳しい環境の下で、この化学物質は、細胞膜に類似した安定した柔軟な構造をつくることができると考えられる。他の研究者達は、以前に、アクリロニトリルはタイタンの大気の成分であるが、それらは、そこで発見される有機(または炭素が豊かな)分子のスモーガスボードにおける化学物質の明白な検出は報告しなかったことを示唆した。今、NASAの研究者達は、アタカマ大ミリメートル/サブミリミメートルアレイ(ALMA)によってチリで集められたタイタン・データに、アクリロニトリルの化学物質の指紋を特定した。このチームは、タイタンに、この月の褐色・オレンジの色を与える大気のかすんだ部分、成層圏で最も可能性がある大量の化学物質を発見した。「我々は、アクリロニトリルがタイタンの大気に存在することを確信させる証拠を発見した。我々は、また、この原材料のかなりの供給が地表に届いていると考える。」とNASAのゴダード宇宙飛行センターの宇宙生物学の研究者、2017年7月28日のサイエンス・アドバンスの研究論文筆頭著者 Maureen Palmer は言った。地球の植物と動物の細胞は、地表温度が平均摂氏マイナス179度であり、湖は液体メタンで溢れているタイタンでは維持できない。2015年、大学の科学者達が、どのような有機分子がタイタンで生き残れるかの疑問に取り組んだ。このチームはアクリロニトリルを最高の候補と特定した。(以下略)

July 28, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<土星の南のオーロラ> 8月14日

カッシーニは、ダンスする光の気味悪いカーテン、土星の南のオーロラまたは南極光を観測するために、土星の南極近くの南の高緯度を見つめた。この惑星の極のこれらの自然な明るいディスプレイは、超高層大気に雨のように流れる帯電粒子によって生み出され、そこにあるガスを輝かせる。この光景の最も上の暗いエリアは土星の夜の側である。このオーロラは、土星が約70分で回転するので惑星の周囲をカーブし、ここでは約5秒のムービー・シーケンスに圧縮されて左から右に回転している。この観測の間カッシーニは土星を回って動き、その視線を惑星の特別な場所に保った。遠い背景は観測のコースの中で変化した。これらの星達のあるものは、消える前に僅かに右側に回転するように見える。この効果は屈折によっている。レンズのように働く大気を通過するときにこれらの星明かりは曲げられる。フレームからフレームまでに現れるランダムな明るい片と筋は、カメラの探知器を叩く帯電粒子と宇宙線によっている。カッシーニによってミッションの初期に見られたオーロラの他の例としては こちらこちら がある。この観測の狙いは、土星のオーロラの明るさの季節的変化を観測し、また、カッシーニの赤外線・紫外線分光計によって行われた同時観測と比較することにあった。このムービー・シーケンスのオリジナルのイメージは 256 × 256 ピクセルの大きさを持っている。オリジナルサイズのバージョンと 500 × 500 ピクセルに拡大されたバージョンを見ることができる。この小さなイメージの大きさは、フルサイズの 1024 × 1024 ピクセルのイメージより短い露出時間を可能にするカメラのセッティングの結果である。これによって、カッシーニは、短い時間で多くのフレームをとり、それらを見えるようにするために十分な光子を捕えることができた。このイメージは、土星から約100万キロメートルで、2017年7月20日に、カッシーニ宇宙船の狭角カメラの可視光線でとられた。この視界は土星の南緯74度を見ており。イメージスケールはピクセル当たり約 1.4 キロメートルである。

July 27, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<タイタンの複雑な化学に対する新しい洞察> 8月10日(N)

カッシーニは、土星の月タイタンのかすんだ大気の中に複雑な有機物質をつくり出す際に役立つ、分子の驚くべき検出を行った。天体物理ジャーナルレターで出版された新しい調査で、科学者達は、「炭素チェーン陰イオン(carbon chain anions)」として知られるものを確認した。これらの線形分子はより複雑な分子の構成素材であるためによく理解され、また、地球の生命の最も初期の構成の基礎の働きをしたかもしれない。

July 26, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<リングの虹> 7月31日

土星のリングは、虹色の多くの色には欠けているが、土星の空の全域にわたって弧を描いている。惑星の赤道の位置からは、それらがエッジ・オンで見られるので非常に薄く見える。極の近くではリングは非常に広く見える。この視界は、リング平面の上約19度から、リングの日の当たる側を見ている。このイメージは、土星から約110万キロメートルの距離で、カッシーニ宇宙船の広角カメラの可視光線で、2017年4月10日にとられた。イメージスケールはピクセル当たり69キロメートルである。

July 24, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<遠くからのジェット> 7月24日

月自身は土星照を反射して柔らかく輝き、エンケラドゥスの興味深い南極のジェットが、日光によって背後から照らされて遠くから見られる。様々の形状でとられるジェットの観測は、これらの注目に値する地形に対して異なる洞察を提供している。カッシーニは、この月の氷の地殻の下に潜む地下の海のミステリーを解く期待で豊かな情報を集めてきた。この視界は差渡し504キロメートルのエンケラドゥスの土星に面する半球を見ている。北は上である。このイメージは、エンケラドゥスから約 808,000 キロメートルで、2017年4月13日に、カッシーニ宇宙船の狭角カメラの可視光線でとられた。イメージスケールはピクセル当たり5キロメートルである。

July 17, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<暁の兆しの明り> 7月18日

土星の新しい日の光が惑星の波形の雲のパターンと広大なリングの滑らかな弧を照らしている。この光は、太陽の表面を離れてから土星に着くまでに、約80分旅してきた。その提供する光は弱く、地球は太陽に約10倍近いので100倍の強さの光を得ている。それでも宇宙の濃い黒さと比較して、土星の全てが直接反射して日光で明るく輝いている。この視界はリング平面の上約10度から、リングの日の当たる側を見ている。このイメージは、土星から約123万キロメートルで、2017年2月25日に、 939 ナノメートルの近赤外線フィルタを使って、カッシーニ宇宙船の広角カメラでとられた。イメージスケールはピクセル当たり73キロメートルである。

July 10, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<エピメテウスをズームイン> 7月10日

これまでで最高解像度の、このエピメテウスのズームインされた視界は、宇宙の危険を鮮明に思い起こさせるクレータで覆われた地表を示している。差渡し113キロメートルのエピメテウスはその重力が大気を保つには小さ過ぎ、また、地質学的に活動的であるにも小さ過ぎる。したがって、古いインパクトクレータのトップの新しいインパクトクレータの生成を除いては、流星インパクトからの傷跡を消す手段がない。この視界はエピメテウスの反土星側を見ている。エピメテウスの北は右上32度である。このイメージは、エピメテウスから約 15,000 キロメートルで、2017年2月21日に、 939 ナノメートルの近赤外線フィルタを使って、カッシーニ宇宙船の狭角カメラでとられた。イメージスケールはピクセル当たり89メートルである。

July 03, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<小さな驚異> 7月4日

NASAのカッシーニ宇宙船の視界からのこのモンタージュ写真は、比較の容易さのために、同じスケールで、アトラス、ダフニス、パンの、土星の小さなリングの月の三つを示している。このモンタージュ写真では、アトラスとパンの二つの違いが明らかである。パンの赤道の帯は非常に薄くまた鋭く、アトラスの滑らかな赤道の帯の下の部分の中央の物質はパンのそれより小さく見える。この、赤外線、緑、紫外線フィルタを使ってとられたアトラスとパンのイメージは、人間の目には見えない月の表面全体の微妙な色の違いに焦点を当てる拡張されたカラーの視界をつくるために結合された。これらのイメージの全てはカッシーニ宇宙船の狭角カメラを使ってとられた。アトラスのイメージは2017年4月12日に 16,000 キロメートルの距離から、 パンのイメージは2017年3月7日に 26,000 キロメートルの距離から、ダフニスのイメージは2017年1月16日に 28,000 キロメートルの距離からとられた。全てのイメージは北が上になるように調整されている。

June 28, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<土星の夜明け> 7月3日

暗い帯のような手前全体の向こうに氷のリングが伸びる中で、NASAのカッシーニ宇宙船が土星の日の当たる大気の細片に向かって覗いている。この視界は、リング平面の下約7度から、リングの陽に照らされていない側を見ている。このイメージは、土星から100万キロメートルで、2017年3月31日に、カッシーニ宇宙船の広角カメラの緑でとられた。イメージスケールはピクセル当たり61キロメートルである。

June 26, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<タイタンの北の夏> 6月23日

NASAのカッシーニ宇宙船は、土星の月タイタンの北極の周辺に集まった暗い炭化水素の湖と海に加えて、夏の空に明るいメタンの雲が漂っているのを見ている。カッシーニのミッションの以前と比較して、この月の北の高緯度の大部分の表面は、今、太陽によって照らされている。(2007年の北半球の視界についてはこちら から)。この土星システムの夏至は2017年5月24日に起こる。このイメージは、2017年6月9日に、タイタンから約 507,000 キロメートルで、 938 ナノメートルに中心を置く近赤外線フィルタを使って、カッシーニ宇宙船の狭角カメラでとられた。

June 14, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<ミマスの極マップ-2017年6月> 6月22日

土星の月ミマスの南北の半球が、最良のカッシーニイメージからモザイク化されたこれらの極立体画法マップに見られる。それぞれのマップは極の一つに中心を置き赤道に及んでいる。グリッドラインは緯度と経度を30度増で示している。これらのマップのフルサイズのバージョンはピクセル当たり216メートルである。このマップの解像度は1度当たり16ピクセルである。これらのマップの投影に使われたミマスの平均半径は 198.2 キロメートルである。このマップは2012年6月に公開されたバージョンの最新版である( こちら を参照 )。この合成には、2016年11月と2017年2月の、ミマスへの2回の接近通過からの新しいデータを含んでいる。

June 13, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<ミマスの広域マップ-2017年6月> 6月21日

土星の月ミマスのこの広域なマップは、カッシーニ宇宙船の接近通過の間にとられたイメージを使ってつくられた。この月の大きな際立ったクレータ、ハーシェルは、このマップでは左に見える。このマップは赤道でピクセルあたり216メートルのスケールを持ち、このマップの投影のために使われているミマスの平均半径は 198.2 キロメートルである。このマップの解像度は、一度にあたり16ピクセルである。この製品は、2012年8月(PIA14926を見る)に発表されたマップの最新版である。この最新情報には、2016年11月と2017年2月の2回の接近飛行からの新しいイメージによるこの月の表面の約半分を含んでいる。この月の西の半球、南極、東半球の部分には、このバージョンで最新情報を受けた。

June 13, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<困惑するイアペトゥス> 6月20日

イアペトゥスは明暗の領域が宇宙のパズルの片のように重なるコントラストの世界である。差渡し 1,471 キロメートルのイアペトゥスのカッシーニ領域は、それを囲む非常に明るい領域に対して際立ったコントラストをつくる暗いダストの素材の層で覆われている。このことが、この月の特徴的なツートーンの外見に結びついている。この領域の間のコントラストの理由について更に知るためにはこちらを見よう。この視界はイアペトゥスの土星に面する半球を見ている。イアペトゥスの北は右上20度である。このイメージは、2017年3月11日に、イアペトゥスから260万キロメートルで、カッシーニ宇宙船の狭角カメラの可視光線でとられた。イメージスケールはピクセル当たり15キロメートルである。

June 12, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<矮小化されるミマス> 6月19日

土星の北半球の高くから、NASAのカッシーニ宇宙船は、その興味深い「六角形」と的のような中央の渦と共にこの惑星の北極を見ている。土星の月ミマスが右上近くの僅かな染みとして見える。差渡し396キロメートルのミマスは中サイズの月と考えられる。それは、それ自身の重力がそれを丸くするのに十分な大きさであるが、タイタンのような、我々の太陽系の真に大きな月ではない。巨大なタイタンでさえ、巨大なガスの巨人土星の傍では小さい。この視界は、リング平面より上約27度から、リングの日の当たる側から土星を見ている。このイメージは、土星から 993,000 キロメートルで、2017年3月27日に、カッシーニ宇宙船の広角カメラの緑でとられた。イメージスケールはピクセル当たり59キロメートルである。ミマスの明るさは3倍に拡張されている。

June 05, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<エンケラドゥスの極を歩く> 6月6日

NASAのカッシーニミッションからの画像データで働く研究者達は、土星の月エンケラドゥスの最初に赤道に近かった地域が極に再配置され、逆転したかもしれないという証拠を発見した。この現象は「真の極のさまよい(true polar wander)」として知られている。研究者達は、エンケラドゥスの表面全体に、それぞれ、もしこの月の回転軸が緯度約55度で再方向付けされたかもしれない、赤道と極を結んだ窪みのペアに沿って窪みのチェーンを発見した。これらのマップは、高低を表す色で、この氷の月の南半球の方を見ている。紫は最も低い高度を、赤は最も高いところを表している。左の図は、何百万年も前の可能性がある古代の方向の、エンケラドゥスの地表を示している。最初の南極周辺の低い領域に加えて、赤道に沿って走る地形の低部を表す窪みのチェーンを青と紫で見ることができる。長い線形の「タイガー・ストライプ」の破砕を持つこの月の現在活動的な南極を囲むこの領域は赤道の南の中央緯度にあった。右の図はエンケラドゥスの現在の方向を示している。

May 30, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<別れの手を振る> 6月5日

NASAのカッシーニがそのグランド・フィナーレ軌道に入る前に、主要なリングシステムの外の端の先例のない視界を得た。例えば、キーラーギャップのこのクローズアップは、月ダフニスがどんなにギャップの端に影響を及ぼすかについて詳しく示している。このイメージは ダフニスを含む合成 の一部であった。ダフニスは、ギャップの端で、その重力影響を通して波を引き起こしている。カッシーニが2004年に土星に到着した時と同様に、あるリングの粒の塊が撹乱されたエンケギャップの端に見ることができる。この視界は、ダフニスから約 30,000 キロメートルで、リング平面の上約3度から、リングの日の当たる側を見ている。イメージスケールはピクセル当たり177メートルである。このイメージは、2017年1月16日に、カッシーニ宇宙船の狭角カメラの可視光線でとられた。

May 29, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<夏至が近づくときの土星の「六角形」> 6月2日

動画の全てをダウンロードするのに時間が掛かります。

NASAのカッシーニ宇宙船からのこれらの自然色の視界(及び、対応するアニメーションシーケンス)は、2013年6月と2017年4月の土星の北極領域の外見を比較している。二つの視界とも、この場面を土星の極地の「六角形」が支配している。この比較は、この領域の色が、土星の北半球の春の後半を表す二つの視界の間で、どれくらい明瞭に変化したかを示している。2013年には「六角形」の全内部が青く見えた。2017年には、大部分の「六角形」の内部は黄色い霞で覆われ、極地の渦の中央だけは青い色を保った。太陽の紫外線光の季節な到着は、霞の形成につながる光化学物質エアロゾルの形成を起動させる。極地の領域の一般的な黄変は、土星が2017年5月24日に北の夏至に近づくときの、極地の領域で輝く太陽の輻射の増加によって生じるスモッグの粒に起因すると考えられている。科学者達は、極地の渦の中央が青として残り他の極地の領域が黄色になることを説明する、いくつかのアイデアを考慮している。
このイメージのペアは、2012年と2016年に(PIA21049を見る)以前に公開された二つの補足である。赤、緑、青スペクトルのフィルタを使ったカッシーニの広角カメラで捕えられたイメージが、これらの自然色の視界をつくるために結合された。2013年の視界(左)は、宇宙船が土星から約 700,000 キロメートルにあったときの、2013年6月25日にとられた。これらの宇宙船から送られたイメージのオリジナル版は 512×512 ピクセルの大きさであり、ピクセルあたり約 80 キロメートルのイメージスケールを持っている。このイメージはピクセル当たり約25キロメートルの解像度でマップ化された。アニメーションの2番目と3番目のフレームは、最初のイメージの約130分と260分後にとられた。2017年シーケンス(右)は、カッシーニが土星とリングの間に初めて飛び込んだ、2017年4月25日にとられた。イメージが撮られている間、惑星の中央からの宇宙船の距離は 725,000 キロメートルから 230,000 キロメートルに変わった。これらのイメージのオリジナル版は 512×512 ピクセルの大きさを持っている。オリジナル・イメージの解像度は、ピクセル当たり約80キロメートルから約14キロメートルまで変化している。このイメージは、ピクセル当たり25キロメートルの解像度で図化された。ムービー・シーケンスのフレームの平均的間隔は230分である。

May 24, 2017

大判ムービーはイメージをクリック。



<氷のスリムな三日月> 6月1日

土星の月差渡し504キロメートルのエンケラドゥスの弱々しい三日月に沿った日光の低い角度が、その氷の地表の多くの破砕と溝を映し出している。この視界はエンケラドゥスの土星に面する半球をに向かい、土星から反射される日光によって微かに照らされている。エンケラドゥスの北は左上14度である。このイメージは、エンケラドゥスから約 168,000 キロメートルで、2016年12月26日に、NASAのカッシーニ宇宙船の狭角カメラの可視光線でとられた。イメージスケールはピクセル当たり1キロメートルである。

May 22, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。




TOP PREV