カッシーニ

このページでは2004年7月に土星軌道に入ったNASAの土星探査衛星カッシーニ・ホイヘンス軌道船による土星からのイメージをご紹介しています。



<短い影> 5月24日

土星の季節が北の夏に向かって進み、太陽を周るこの惑星の永久の傾きのお陰でリングへの土星の影の投影はより短くなっている。これは2017年5月の土星の至点まで続くだろう。その時には、影は、中央とAリングの外には惑星の影がない、最も内部のAリングくらいまで広がるだろう。NASAのカッシーニミッションのコースの上で、土星の最初の影は2009年8月の昼夜平分時までは着実に延びた。以来影は縮んできた。これらの変化は、カッシーニが 2004年に土星に接近したとき2009年の昼夜平分時2年前の2015年 と、右の視界の影とを比較することによって見ることができる。この視界は、リング平面の上約10度から、リングの日の当たる側を見ている。このイメージは、土星から約120万キロメートルで、2017年2月3日に、カッシーニ宇宙船の広角カメラの可視光線でとられた。イメージスケールはピクセル当たり73キロメートルである。

May 15, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<土星のプロペラ・ベルト> 5月23日

NASAのカッシーニ宇宙船からのこの視界は、土星のAリングの中間部のプロペラと呼ばれる形のベルトのこれまでで最も鋭いものである。土星のリングのこの領域のプロペラの最初の発見は、カッシーニの土星への2004年の到着の際、リングの非常に近くからとられたいくつかのイメージを使って行われた。 ( こちらこちらこちら を参照)
これらの発見では、イメージが低解像度であり、解釈するのが難しかった。それらのイメージに見られる小さなプロペラが、カッシーニが後のミッション --- 昨日の記事で掲載した三つのプロペラ --- で観測した、大きなプロペラにどのように関連しているかについてほとんど手掛かりがなかった。このイメージは、土星到着時に観測された一つを含む、初めての、広範囲にわたる大きさのプロペラの群れを示している。科学者達は、それらの起源の重要な手掛かりとなるプロペラの月の、「粒の大きさの分布」を引き出すためにこの情報を使うだろう。この領域はまた こちら でも報告された。
このイメージは、4月19日に、カッシーニ宇宙船の狭角カメラを使ってとられた。この視界は、ピクセルあたり 385 メートルのイメージスケールを持ち、土星の中央から約 129,000 キロメートルのポイントを見ている。

May 10, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<ブレリオ・プロペラのクローズアップ> 5月22日

NASAのカッシーニ宇宙船からのこの視界は、カッシーニの非公式にブレリオとして知られているプロペラ形の最高のイメージを示している。このプロペラは、1909年に初めてイギリス海峡を飛んだ、フランスのエンジニア兼飛行士、ルイス・ブレリオの名をとって名づけられた。これは、メインリングの外を通るカッシーニの軌道の、2016年11月から2017年4月までの間の、カッシーニのリングをかすめて飛ぶ軌道における、接近したプロペラフライバイ観測の目標とされる3回目かつ最終である。カッシーニは、以前に、プロペラ サントスドゥモント エアハート を対象にしてきた。プロペラはメインリングの最も外の部分に見られるので、リングをかすめて通る軌道は、それらを詳しく見るカッシーニの最高の機会を提供してきた。多くの小さな明るいシミと線、かき傷のような人工品がイメージに見える。これらの人工品は、露出の間にカメラの探知器に衝突した、惑星の近くの放射線の宇宙線と粒子に起因している。
ブレリオは土星のリングのプロペラで最大である。このプロペラ構造に埋め込まれた波形は、その中央の小さな月がサントスドゥモントのものより約60パーセント広く、それは、ブレリオの小さな月が約4倍大きいことを意味している。カッシーニ科学者達は、過去10年間このオブジェクトの軌道を追い、リングがそれに与える影響を追跡してきた。それは最大のプロペラであり、他のプロペラより低解像度イメージでも容易に見られ、最も多くのイメージに見ることができる。ここでは、カッシーニは、そのリングをかすめる軌道の一部として、リングに接近して動いている。これは、研究者達がこれまでにないリングの影響を調べることができる、プロペラのこの極端なクローズアップの視界を得ることができた。サントスドゥモント・イメージのように、このイメージは、日光がリングの背後から照らす、リングが陽に照らされてない側でとられた。それらが陽に照らされている、または背後から照らされているかの何れかによって、土星のリングは異なって見える。陽に照らされた側では、日光を反射する素材が少ないリングが暗く見える。一方、照らされていない側では、リングが不透明になるほど多くの素材がある領域が暗く見える。このイメージで最も劇的なことは、暗い帯がブレリオのプロペラの中央を深く横切っていることである。それは、サントスドゥモントのプロペラの陽に照らされていない側のイメージと類似した暗い帯より非常に際立っており、ブレリオがサントスドゥモントより非常に高密度のリングの粒をかき混ぜることを示している。
カッシーニの他のプロペラのクローズアップのイメージのように、中央の小さな月自体はその周囲のかき混ぜられたリングの素材で隠されているようである、そのため、それは直接見られることができない。このイメージは、4月12日に、カッシーニ宇宙船の狭角カメラを使ってとられた。イメージスケールはピクセル当たり500メートルである。

May 10, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<タイタンの北の夏の雲> 5月18日

タイタンの北半球に夏が近づくとき、NASAのカッシーニ宇宙船はタイタンを監視し、北の高緯度での雲の活動の増加を予想した。興味深いことに、夏至の二週後に複数の雲の突発が中央北の緯度に現れた。これらはカッシーニがタイタンで観測した最も強烈に明るい雲であり、恐らく高い雲のトップである。この活動は、また、2016年の初めに雲が北の中緯度で再発した時以来の、タイタンでの最も広範囲な雲の爆発を表している。それらの雲の他の視界については こちら を参照。この視界には三つのメタンの雲の帯が見られる。その南側の帯は北緯30~38度の間にある。科学者達はこの観測以前にはこの緯度に多くの雲を見なかった。北緯44~50度の間のかすかな中央の帯は昨年かなり定期的に雲の帯が観測された領域である。また、北の帯が北緯52~59度の間に見られる。北の63度近くの北極領域の南の端の近くのいくつかと北緯23度のはるかに南のものを含め、いくつかの孤立した雲の筋が、これらの帯の外側に筋を引いている。下部の暗い赤道の砂丘地帯の上に、北東(右上)を指す筋を持つ暗い形がある。この地形は Omacatl Macula (Macula は斑を意味する)と名付けられた、恐らく一部で砂丘に組織されている暗いダストの領域である。このイメージは、 500,000 キロメートルの距離で、2017年5月7日にとられ、北緯 37.5 度西経 45 度に中心を置いている。イメージスケールはピクセル当たり約3キロメートルである。

May 09, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<タイタンを横断する雲の帯の筋> 5月17日

NASAのカッシーニ宇宙船は、2017年5月7日に、土星の月タイタンを横断して漂う明るい羽毛のようなメタンの雲の帯のこの視界を捕えた。この視界は目標外の遠いフライバイの間に得られ、その間、カッシーニは、この月の表面から 488,000 キロメートルを通過した。カッシーニは、(もはや)タイタンに更に近い目標とする接近通過をしないだろうが、宇宙船は、この巨大な月とその大気を遠くから観測し続ける。上部の暗い領域はタイタンの炭化水素の湖と海である。
このイメージでは、より強調された、ハードな主イメージ(右)と、よりソフトな(左)二つのバージョンが提供されている。これらの雲の他の視界については こちら を参照。このイメージは、2017年5月7日に、 508,000 キロメートルの距離からとられた。この視界は、北緯57度西経48度に中心を置いた 正射図法 の投影である。正射図法の視界は、遠い観察者によって見られる視界に最も似ている。イメージスケールはピクセル当たり約3キロメートルである。

May 09, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<「六角形」を称える> 5月16日

土星の六角形の極地のジェット気流は土星の北極領域のほぼ全ての視界の輝く形である。カッシーニミッションの初めは影であったこの領域は、今、全てが日光を楽しみ、カッシーニ科学者達が反射光で直接イメージを撮ることを可能にしている。土星の北極に落ちる日光は、イメージを撮りこの領域を研究する場を我々に提供するのに十分であるが、それは多くの暖かさは提供しない。地球の極の夏のように空が低いことに加えて、太陽は、土星からは地球より約10倍遠く離れている。これは地球の僅か約1パーセントの日光の強度をもたらす。この視界は、リング平面の上約31度から土星の方を見ている。このイメージは、土星から約 900,000 キロメートルで、2017年1月22日に、カッシーニ宇宙船の広角カメラで、 939 ナノメートルの近赤外線フィルタを使ってとられた。イメージスケールはピクセル当たり54キロメートルである。

May 08, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<カッシーニの、土星の「舷窓」ムービー> 5月15日

ムービーを見るには個々のイメージのクリックしてダウンロード
ファイル量が大きいので表示に時間が掛かります。

NASAのカッシーニ宇宙船からのイメージのこのムービー・シーケンスは、カッシーニが土星を周った時の、2017年4月26日に惑星とそのリングの間のグランドフィナーレダイビングの初めての視界を示している。このムービーは、土星の北極の渦の視界で始まり、「六角形」のジェット気流とその彼方の、外側の境界を過ぎて宇宙船が南に動いた時の、1時間の観測から成っている。ムービーの終わり頃に向かって、土星のリング平面を交差する以前の保護処置として、その高利得アンテナを宇宙船の動きの方向に向けて、宇宙船がその方向を調整したので、そのカメラフレームが回転している。カッシーニが惑星に近づくにつれて速度を上げて動くので、下の雲景が動く速度はシーケンスの間に顕著に増加している。二番目の、補足的なムービー(1GBの .mov ファイル)は、参考のために土星のイメージを加えている。土星イメージの赤い点は、ムービーにおけるそれぞれのフレームの位置(技術的な中央の緯度)を示している。(土星のイメージは、2016年5月1日に、カッシーニによって捕えられた。) 3番目の補足的なアニメーション(200 MB .mov ファイル)は、惑星に投影されたカメラの視界フィールドに加えて、イメージがとられたときの、土星の上のカッシーニの位置と方向を示している。ムービー・フレームが捕えられたとき、カッシーニ宇宙船の高度は雲の上 72,400 から 6,700 キロメートルに、イメージスケールはピクセル当たり 8.7 キロメートルから 810 メートルに変化した。ムービーの最初のコマは北極に中心を置き、最後のフレームは北緯18度に中心を置いている。このシーケンスのイメージは、カッシーニの広角カメラを使って可視光線で捕えられた。宇宙船によって送られた、これらのイメージのオリジナル版は 512 × 512 ピクセルの大きさであった。小さなイメージの大きさは、カッシーニが土星を通過するときに、カメラがイメージを速くできるように選ばれた。土星の曲面を示すイメージは、連続するムービーシーケンスに編集するために平面に投影された。それぞれイメージは、ムービーに編集する前に、カメラに中心を置く極地の立体画法の投影にマップされた。

May 03, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<科学の音:カッシーニリング横断の比較> 5月9日

これらの二つのビデオの音とスペクトログラムは、二つの別々の軌道で土星のリング平面を横断したときの、NASAのカッシーニ宇宙船の電波とプラズマ波科学装置(RPWS:Radio and Plasma Wave Science instrument)によって集められたデータを表現している。小さなダストサイズの粒がカッシーニと三つの長さ10メートルのRPWSアンテナをたたいたとき、その粒は、プラズマまたは電気的に活発なガスの小さな雲の中に蒸発する。これらの小さな爆発がRPWSが検出可能な小さな電気信号(電圧パルス)をつくる。
RPWSチームの研究者達は、分析のために、ここに見られるような可視光と音のフォーマットにデータを変換した。リングの粒は、オーディオで、ポップス(pops)とクラックス(cracks)のような音を打っている。
この写真の上側のイメージの、その 最初のビデオ(Youtube) は、宇宙船が、幽かなダストのヤヌス-エピメテウス・リング(こちら を参照)を通過したときの、2016年12月18日の、交差するリング平面からのRPWSデータを使ってつくられた。これは、カッシーニの Rev 253 と呼ばれる土星への253本目の軌道であった。交差するこの種のリングの典型のように、聞き取れるポップスとクラックスの数は交差しているリングの時間の周辺で最大まで上がってその後消えている。リング密度のピークは、赤いスパイク、波形の先頭値、色のついたディスプレイで明らかである。
下の図の 二回目のビデオ(Youtube) は、2017年4月26日に、カッシーニがミッションのグランド・フィナーレの一部として土星とそのリングの間のギャップの中を飛び込んだときに集められたRPWSデータを使ってつくられた。このデータではポップスとクラックスは全く聞き取れない。二つのデータのセットの比較において、ヤヌス-エピメテウス・リングを通過するときには、カッシーニが多くのリングの粒がカッシーニを叩いたことを検出し、最初のグランドフィナーレ横断が、際立ったコントラストで、ほとんど粒がなかったことを明らかにしている。このギャップがほとんど空(から)であるという予想外の発見は、科学者達が理解を熱望している新しいミステリーである。

カッシーニは、2017年4月26日に、小さな氷のリングの粒による潜在的なインパクトから宇宙船とその機器を保護するシールドとして、その大きなパラボラアンテナ形の高利得アンテナ(HGA)を使って、時速 121,000 キロメートルの速度で、以前には未踏であったリングと惑星間のギャップの中に飛び込んだ。カッシーニの二つの機器、磁力計とRPWSは、これらの保護アンテナを越えて広げられ、ダイビングの間粒の環境にさらされた。カッシーニチームは、今後のグランドフィナーレ惑星-リング間ギャップの中に飛び込むシールドとして、この HGA が有効であるかどうかを判断するために、宇宙船の他の構成要素からの入力とともにRPWSからのこのデータを使った。(Dリング内部を通しての21回の残りのダイビング通過の4回は、既にそれらのパスでシールドとして HGA を使うことが計画されていた。)

4月26日のデータで聞き取れる笛は、交差するリング平面の直前に、更なる調査の主題になるだろう一種のプラズマ波に起因している。加えて、スペクトログラムの 09:00:00 のマークで始まるRPWSアンテナの、単極モードから双極モードへのオペレーション構成の変化を意味する突然の変化がある。

May 01, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<エンケラドゥスの北極 > 5月8日

エンケラドゥスの北の表面は太陽系の何れより古いように見える。しかしながら南はまったく異なる物語を持っている。ここで見られる差渡し504キロメートルのエンケラドゥスの北極エリアは、その表面がはるか昔から再新されなかった徴である、激しくクレーターされている。しかし、南極領域は、その月からガスと小さい粒をまき散らす「タイガーストライプ」として知られる長い破砕の周辺に顕著に焦点を当てた、激しい地質的活動の徴候を示している。この視界はエンケラドゥスの軌道進行方向を見ている。エンケラドゥスの北は左上38度である。このイメージは、エンケラドゥスから約 32,000 キロメートルで、2016年11月27日に、カッシーニ宇宙船の狭角カメラの可視光線でとられた。イメージスケールはピクセル当たり190キロメートルである。

May 01, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<暗い亀裂> 5月1日

テチスの大規模な谷への太陽の低い角度が、右の明暗境界線の近くのイサカ・カズマ(Ithaca Chasma)の、この巨大な亀裂の輪郭に焦点を当てている。イサカ・カズマは幅100キロメートル以下、差渡し 1,062 キロメートルの氷のテチスの周り、ほぼ4分の三を走っている。この峡谷は約4キロメートルの最大の深さを持っている。通常テチスで最も認識できる地形の一つである巨大なクレータ、オデュッセウスが、左上に、縁に沿ってかろうじて見える。この視界はテチスの土星に面する半球を見ている。テチスの北は左上5度である。このイメージは、2017年1月30日に、テチスから約 356,000 キロメートルで、カッシーニ宇宙船の狭角カメラで、緑でとられた。イメージスケールはピクセル当たり2キロメートルである。

April 24, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<土星のリングの間の地球> 4月25日

NASAのカッシーニ宇宙船からのこの視界は、土星の氷のリングの間の光の点の惑星地球を示している。宇宙船は、西海岸夏時間2017年4月12日午後10時41分(日本時間4月13日午前2時41分)に、この視界を捕えた。このイメージがとられたとき、カッシーニは、地球から14億キロメートル離れていた。イメージで見るには小さ過ぎるが、その時カッシーニに向いている地球の部分は南大西洋であった。ズームインされたバージョン では、地球の月が左側に見える。ここに見えるリングは、キーラーとエンケギャップを持つAリング(上)と、Fリング(下)である。この観測の間、カッシーニは、土星のディスクで太陽を遮断した、背後から照らされたリングの方を見ていた。土星から見た地球その他の内部太陽系惑星全ては太陽の近くあり、そのようなイメージは容易に捕えられるが、ミッションの間のこれらの機会はやや稀であった。Fリングは、特にこの視点からは明るく見える。

April 20, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<水彩画の世界> 4月24日

惑星の霞の層を突き通す赤外線の波長でイメージが撮られるとき、土星の大気の高速の風は、水彩画のようなパターンをつくり出す。大気を引く固体の表面がないので、土星の風は、太陽系で最も速い、毎時 1,800 キロメートル以上に達することがある。この視界は土星の赤道の上約28度の視点からとられた。このイメージは、土星から約 953,000 キロメートルで、2016年12月2日に、 728 ナノメートルに中心を置く近赤外線フィルターを使って、カッシーニ宇宙船の広角カメラでとられた。イメージスケールはピクセル当たり57キロメートルである。

April 17, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<エンケラドゥスの熱水活動> 4月18日

この図は、NASAのカッシーニミッションの科学者達が、土星の氷の月エンケラドゥスの海の底で、水素ガス(H2)を生み出す水が岩とどのように相互作用していると考えるかの例を示している。カッシーニ宇宙船は、2015年10月28日の噴煙を通しての、最も深くまた最後のダイビングの間に、エンケラドゥスから噴出しているガスと氷の素材の噴煙に水素を検出した。カッシーニはまた、ミッション初期の以前のフライバイの間に、噴煙の組成のサンプルをとった。これらの観測から 科学者達は、噴煙のガスの約98パーセントが水蒸気であり、約1パーセントが水素、残りは、二酸化炭素、メタン、アンモニアを含む他の分子の混合物であると判定した。この図は海底を通して循環している海の水を示し、そこでは水が熱せられ岩と化学的に相互作用している。鉱物と、水素と、恐らくはメタンの溶けたガスを含むこの温水は、その後煙突状の排気口をつくって海の中に注がれる。この水素の測定は、組成を判定するためにガスを嗅ぐ、カッシーニのイオン・中性分析計(INMS)を使って行われた。この発見は、熱水の活動がエンケラドゥスの海で起きているという証拠の独立したラインである。2015年3月に発表されたカッシーニの宇宙のダスト分析装置からの以前の結果は、熱水が海の下で岩と相互作用していることを示唆した。この新しい調査結果はその結論をサポートし、その化学(geochemistry)で岩が変化していることを示している。水素ガスの発見によって、科学者達は、今、エンケラドゥスの海に、化学フリーなエネルギーの源(source of chemical free energy)があると結論づけることができる。

April 13, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<プラトーのクローズアップ> 4月17日

土星のCリングは一様に明るくはない。約1ダースのリングの領域は残りのリングより顕著に明るく際立っているが、約半ダースの領域はリングの素材に欠けている。科学者達は、明るい領域を「プラトー(plateaus)」と呼び、欠けている領域「ギャップ(gaps)」と呼んでいる。科学者達は、それらが高密度の粒を有し明るく反射するので、プラトーが比較的明るいと判断しているが、研究者達は、プラトーがどのようにつくられ維持されているかの疑問は解決していない。この視界は、リング平面の上約62度からリングの日の当たる側を見ている。このイメージは、カッシーニ宇宙船の狭角カメラの緑で、2017年1月9日にとられた。カッシーニは土星から約 312,000 キロメートルでこのイメージを得た。イメージスケールはピクセル当たり2キロメートルである。

April 10, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<カッシーニ対土星> 4月12日

このイラストレーションで描かれるように、カッシーニは、2017年9月15日に土星の大気に飛び込むだろう。土星の超高層大気の組成を含めて、その最終的なデータを送る間、宇宙船は、その姿勢制御推進装置を使って、アンテナを地球に向けて置くだろう。大気のトルクは推進装置が補償できる以上に急速に強くなるだろう。その点の後、カッシーニは転落し始めるだろう。この時地球への無線接続は切断され、ミッションを終えるだろう。信号の消失に続いて、宇宙船は土星の超高層大気で流星のように燃え尽きるだろう。

April 04, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<カッシーニのグランドフィナーレダイブ> 4月11日

このイラストレーションは、ミッションのグランド・フィナーレの一部として、土星とその最も奥のリングの間をダイビングしようとしているNASAのカッシーニ宇宙船を示している。カッシーニは、2017年9月15日に土星に最終の飛び込みを行いミッションを終える前に、リングと惑星の間を22回通過するだろう。

April 04, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<北の上のカッシーニ> 4月10日

このイラストレーションは、グランドフィナーレダイビングの一つを行う前の、土星の北半球のカッシーニを示している。カッシーニのグランドフィナーレの間、宇宙船は、土星とそのリングの間に飛び込む前に、惑星の北に宇宙船を運ぶ土星を周る22回の軌道を行うだろう。大胆な軌道のこの最終的なセットの終結によって宇宙船は土星の大気に飛び込み、2017年9月15日にそのミッションを終えるだろう。

April 04, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<土星の一片> 4月6日

この視点からは土星の陽の当たる表面の一部のみが見えるが、広大なガスの巨人惑星が依然として視界を支配しいる。リング平面の下のこの視点からは、密度の濃いBリングはほとんど光を通さず、暗くまた基本的に不透明になっている。しかし、この写真では、惑星土星によって反射されるいくらかの光がBリングの上に現れている密度の薄いAリングを通して見えている。Bリングの下にシルエットになっているCリングが、それを通してほとんど土星の反射光の全てを通過させている。このイメージでは、土星の背景と暗い空に対して見えるFリングが明るい弧として現れている(大判参照)。名前を示す図とリングの位置は こちら を参照。この視界は、リング平面の下約7度から、リングの陽に照らされていない側を見ている。このイメージは、土星から約100万キロメートルで、2017年1月18日に、カッシーニ宇宙船の広角カメラのグリーンの光でとられた。イメージスケールはピクセル当たり61キロメートルである。

April 03, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<土星のAリングの「エアハート」プロペラ> 4月4日

NASAのカッシーニ宇宙船からの視点で、非公式に「エアハート」と名付けられたプロペラが以前にない非常に高解像度で見られる。2017年3月22日に得られたこの視界は二回目である。カッシーニは、1ヵ月早くのサントス・ドゥモント(Santos-Dumont)のイメージの後、そのリングをかすめて通る軌道の間にクローズアップで見るために個々のプロペラを慎重に目標としてきた。非公式に「ブレリオ(Bleriot)」と名付けられた最大の既知のプロペラが、2017年4月に3回目かつ最終的なプロペラ・クローズアップに予定されている。
プロペラは中心の小さな月に起因するリングの撹乱である。この小さな月自体はこの視点で幅数ピクセルであると思われるが、それは、それを囲む乱されたリングの素材(不明瞭であるかもしれない)とを区別するのは難しい。プロペラの更なる詳細は こちら から。
ここに見られるように、エアハート・プロペラの詳細な構造は、サントス・ドゥモントのそれとは異なっている。これらの違いがエアハートとサントス・ドゥモントの固有の違いか、あるいは、プロペラが土星の軌道で撮られた異なる視角の違いかどうかは明らかでない。エアハートは大きな月パンによって開かれたまま保たれている幅320キロメートルのエンケギャップの非常に近くに位置している。この視点ではエンケギャップの半分が右側の暗い領域として見えている。このギャップとプロペラはコントラストの研究対象である。このプロペラは、その重力を使ってエンケのようにギャップを開くエアハートの試み以外の何物でもない。しかしながら、エアハートの試みは、それが非常に大きく広がる前に発展しかけているギャップを満たすリングの質量によって妨げられている。パンはエアハートより数千倍大きく、リング周辺に広がるギャップを維持するのを可能にしている。この可視光線イメージは、プロペラ形から 111,340 キロメートルで、カッシーニの狭角カメラによって得られた。イメージスケールはピクセル当たり670キロメートルである。

March 30, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<ブレリオをチェックする> 4月3日

このイメージの中心の二つの明るいダッシュとして現れているものは、リング科学者達の一人が「プロペラ」と呼んだものである。ブレリオ(Bleriot)と名付けられたこの独特のプロペラは、その周辺の粒より非常に大きいが、パンやダフニスのようにリングに完全なギャップをつくり、また、それ自身が月になるには小さ過ぎる天体の存在を印している。プロペラのコアの小さな月を見るには小さ過ぎるが、その重力に起因するリングの撹乱がその存在を表している。カッシーニ科学者達は、時がたつにつれてそれらの軌道がどのようにを変化するかを学ぶために、長い間このようなプロペラの形を追ってきた。このことから、彼らは、形成されつつある惑星が、それらがつくったディスクにどのように移住するかという洞察を得ることを期待している。ブレリオの動きについてはこちら を参照。この視界はリング平面の上約59度からリングの日の当たる側を見ている。このイメージは、2017年1月9日に、土星から約 359,000 キロメートルで、カッシーニ宇宙船の狭角カメラの可視光線でとられた。イメージスケールはピクセル当たり2キロメートルである。

Mar 27, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<解像度> 3月27日

NASAのカッシーニ宇宙船は、カメラの解像度を増して更に詳細を得る、狭く詳しい構造を明らかにするために土星のAリングにズームした。詳細なこのレベルでさえも、リングをつくる個々の粒を解読するには未だ十分微細ではない。このような高解像度イメージは、科学者達が土星のリングの微細な構造をマップするのを助ける。ここでは1キロメートル未満の形が解読できる。しかしながら、Aリングの粒は、一般的に差渡し数メートルからセンチメートルにわたり、ここで個々を見るには未だはるかに小さ過ぎる。この視界は、リング平面の上約38度から、リングの日の当たる側を見ている。このイメージは、2017年1月9日に、カッシーニ宇宙船の狭角カメラの可視光線で、土星から約 113,000 キロメートルでとられた。イメージスケールはピクセル当たり690メートルである。

Mar 20, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<パンのアナグリフ (3D)> 3月23日

これらのステレオ視界は、土星の月パンの、異常な、風変わりな形に焦点を当てている。これらは、赤青眼鏡で、左に赤のレンズで見たとき、三次元に見える。この視界は、それぞれ、左がパンの南半球、右が北半球を示している。それらはステレオの効果を最大にするために回転されている。 これらのステレオでないバージョンは こちら(昨日掲載) を参照。(注:以降は昨日の記事参照)

Mar 16, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<パン、明らかになる> 3月22日

NASAのカッシーニ宇宙船からのこれらの二つのイメージは、2017年3月7日に土星の月パンの24,600キロメートル内を通過したときの、宇宙船の眺望がどのように変わったかを示している。これはパンとのカッシーニのこれまでにない最接近の遭遇であり、この小さな月に見られる詳細レベルを以前の観測の8倍に改善した。この視界は、それぞれ左と右がパンの北と南半球を示している。二つの視界はパンの反進行方向を見ている。カッシーニの画像科学者達は、パンは、リングシステムの外の部分が全く若くリングシステムが垂直に厚かったときに、その上に付着したリングの素材によって、またその中央が丸められた形を形づくって、土星のリングの中で形成されたと考えている。このように、パンは、恐らく、その周辺の柔らかい覆いより密度の濃い氷の素材のコアを持っている。特徴的なパンの赤道周辺の薄い隆起は、月が形成された後につくられたと考えられる。パンは平均直径28キロメートルである。この月は土星のAリングのエンケギャップの中を周っている。パンの更に遠い視界は、 こちらこちら を参照。これらの視界は二つともパンの反進行方向を見ている。これらの視界は、約25,000キロメートル(左)、約34,000キロメートル(右)の距離から、2017年3月7日に、カッシーニの狭角カメラによって得られた。オリジナルイメージのイメージスケールはピクセル当たり約150メートル(左)、約6200メートル(右)である。これらのイメージはオリジナルから二倍に拡大されている。

Mar 16, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<タイタン:鋭いフォーカスでのクラーケンとライジーア> 3月21日

2017年2月17日の、タイタンとの比較的遠い遭遇から急いで離れるとき、NASAのカッシーニ宇宙船は、月の北の湖と海の、この合成の視界を捕えた。このフライバイの間の、カッシーニのクラーケン(Kraken)メアとライジーア(Ligeia)メアの視野角は、これらの海を見るコントラストを強めて以前の遭遇より優れていた。宇宙船はクラーケンとライジーアに向かって少ないタイタンの霞を通して凝視しているので、以前のマップ(こちら を参照)と比較して海岸線のより多くの詳細が見える。これは、ミッションに月の北極領域のイメージを撮り雲を追う、2017年のいくつかの「目標とされなかった」カッシーニのタイタン接近通過の一つであった。 ----- 「目標とされなかった」は、フライバイに向かって、いかなるロケット推進装置をも使う必要がなかったことを意味している。
イメージの右側の、北緯45と55度の間の中央の緯度に、いくつかの際立った雲の筋が見える。大雑把に中央のプンガ(Punga)メアと呼ばれる海の上に小さな明るい雲が見える。科学者達は、季節が春から夏に変わるときの、タイタンの北極領域での雲の活動の増加を調べているが、タイタンの大気のモデルでは予測されない。
この合成のイメージは、タイタンから約242,500キロメートルで、938 ナノメートルの近赤外線フィルタを使って、カッシーニ宇宙船の狭角カメラでとられた。イメージスケールはピクセル当たり2.6キロメートルである。この視界は北緯68度西経225度に中心を置いている。

Mar 15, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<ミマスとの別れ> 3月20日

NASAのカッシーニ宇宙船は、2017年1月30日に、土星の月ミマスへのその最終の接近を行った。最接近で、カッシーニはミマスから41,230キロメートルを通過した。ミマスの将来の観測は全てこの距離の2倍以上からになるだろう。この合成は、この氷の月の、これまでに捕えられた最も高い解像度の視界の一つである。カッシーニのミッションの間、ミマスへの接近は50,000キロメートル未満の距離での7回の接近通過のみであり、やや稀であった。ミマスの表面は無数のクレータで傷つけられており、この氷の月の特徴的な外見を与える最も大きいものである。(ミマスの特徴的なクレータ、ハーシェルの詳細は右下から。)
ここでは合成の2つのバージョンが提供されている。一つは土星からの反射光によって左から照らされており、全地表を示すために明るさが拡張されている(左下)。二つ目のバージョンはより自然の照明レベルを特徴としている(中央)。画像科学者達は、この合成の視界をつくるために、10の狭角カメライメージを結合した。この場面は、南緯17.5度、西経325.4度に中心を置いている。この合成は、ミマスから約45,000キロメートルのところで得られた。イメージスケールはピクセル当たり約250メートルである。このイメージは、2017年1月30日に、カッシーニ宇宙船の狭角カメラの可視光線でとられた。

Mar 14, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<大きなもの> 3月17日

ミマスの巨大なクレータハーシェルが、このカッシーニの視界で月の縁近くに横たわっている。十分なインパクトは月を潜在的にバラバラにするかもしれない。ミマスにとっては、幸運にも、ハーシェルをつくったものは、混乱のレベルを引き起こすほど大きくはなかった。大きなインパクトが起こるとき、それらは、広域な破壊を引き起こすのに十分な相当な量のエネルギーを供給する。破滅的でないインパクトでさえ、差渡し396キロメートルのミマスのような天体に巨大な永久に近い傷跡を残すことがある。この視界はミマスの反土星側の半球を見ている。ミマスの北は左上32度である。このイメージは、ミマスから約85,000キロメートルで、2016年11月19日に、カッシーニ宇宙船の狭角カメラの可視光線でとられた。イメージスケールはピクセル当たり511メートルである。

Mar 13, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<二分> 3月16日

エンケラドゥスは分断された世界である。我々は、北に、この月がその歴史の中で苦しんだ、インパクトのおびただしい量のクレータと証拠を見る。しかしながら、南では、我々は、地質の活動による皺のある滑らかな天体を見る。大気のない大部分の太陽系の天体は、差渡し504キロメートルのエンケラドゥスの北の地域のように激しくクレーターされている。しかしながら、この月の南極の有名な噴煙を含む南の地質の活動は、クレータを消し、より若い、より滑らかな表面を残すことができる。この視界はエンケラドゥスの反土星側の半球を見ている。エンケラドゥスの北は右上4度である。このイメージは、エンケラドゥスから約66,000キロメートルで、2016年11月27日に、カッシーニ宇宙船の狭角カメラの可視光線でとられた。イメージスケールはピクセル当たり398メートルである。

Mar 06, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<カッシーニ、エンケラドゥスの氷の表面の下に熱を見る> 3月15日

ジャーナル・ネイチャーアストロノミーの新しい研究では、土星の氷の月エンケラドゥスの南極領域は、その氷の表面の数フィート下は予想されるより暖かいと報告している。これは液体の水のエンケラドゥスの海が、以前に考えられたより表面に近い、この領域の下の数マイルのみかもしれないことを示唆している。この過剰な熱は、現在活動的であるとは思われないものを除き、極を横断して切る、際立った活動的な噴出孔の破砕、特に「タイガー・ストライプ」と似た三つの破砕からと言われる。この月の暖かさの上にある一見休眠中の破砕は、この月が、その表面の異なる場所で、活動のいくつかのエピソードを経験したかもしれないことを示唆している。この発見は、エンケラドゥスの氷の地殻の厚みを推定したカッシーニミッションから独立したチームによる、2016年の研究の成果に同意している。この研究は、南極の5キロメートル未満の厚さと、氷シェルの平均深さ18~22キロメートルを示している。

Mar 13, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<カッシーニ、土星のAリングのプロペラを目標にする> 3月7日

NASAのカッシーニ宇宙船は、2017年2月21日に、土星のAリングで、プロペラ形の注目に値するこれらの視界を捕えた。これらは、これまでにプロペラについてとられた最も鋭いイメージであり、先例のない詳細なレベルで示している。このプロペラは、ブラジル-フランスのパイオニア飛行士に因んで、「サントス・ドゥモント(Santos-Dumont)」 と名付けられている。この観測は、カッシーニの初めてのプロペラフライバイであった。この視界ではリングの両側の視点からのオブジェクトを示している。上のイメージはリングの日の当たる側を、下のイメージは日光が背景から照らされたリングを通して透過する、照らされていない側を示している。左に示されている二つのイメージは、比較を容易にするために、同じスケール(ピクセル当たり207メートル)で再投影されている。僅かに異なるスケールを持っているオリジナルのイメージが、またここで提供されている。日照の側が左、日の当たらない側が右にある。カッシーニ科学者達は過去10年間このオブジェクトの軌道を追い、リングがそれに持つ影響を追跡してきた。 今、カッシーニは、そのリングをかすめて通る(ring-grazing)軌道の一部としてリングの近くに移動してきたので、研究者達がリングに対するその影響を調べるのを可能にする、プロペラの、この極端なクローズアップの視界を得ることができた。これらの視界その他は、新しい方法で進めるモデルと研究とを知らせるだろう。凍った窓のように、それらが完全に正面からあるいは背後から照らされているかの何れかに関わらず、土星のリングは異なって見える。陽に照らされた側では、リングは、日光を反射する素材が少ない所では暗く見え、照らされていない側では、リングが不透明になるように多くの素材があるところで暗く見える。陽に照らされているまた照らされていない側で同じプロペラを観測することは、科学者達に、これらの小さな月が、どのようにリングに影響を及ぼすかに関する豊かな情報を集める場を提供する。これらのイメージでのプロペラの中央の小さな月は、差渡し僅か2ピクセルほどで、実際には解読できないかもしれない。

以下、細部に亘る解説が続きますが省略します。

Mar 02, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。



<中心に> 3月6日

土星の北極が自身の領域の中心に座っている。その周りに土星の速い風によって駆動される雲が渦巻き、その向こうに土星の従者の月とリングを構成する無数の粒がある。土星の極はこの動きの全ての中心にあるが、それらの周りを全てが円形に旅してはいない。ここに見られる「六角形」のパターンのようなジェット気流のあるものは、波形の、不規則な形を持っている。月達もあるものは円からは遠い楕円の軌道を持っている。この視界はリング平面の上約26度からリングの陽の当たる側を見ている。このイメージは、カッシーニ宇宙船の広角カメラの890ナノメートルの近赤外線スペクトルフィルタを使って、土星から約996,000キロメートルで、2016年12月2日にとられた。イメージスケールはピクセル当たり60キロメートルである。

Feb 27, 2017

大判はイメージをクリックしてNASAのサイトから。




TOP PREV