マーズリコナッサンスオービタ

このページでは2005年8月に打ち上げられ2006年3月に火星軌道に入ったNASAの火星探査衛星マーズリコナッサンス軌道船による火星軌道からのイメージをご紹介しています。


<火星のワーツ・クレータの砂丘>  11月30日

火星のワーツ・クレータ(Wirtz Crater)において、これらの砂丘は、風による砂の動きによって形成され変化してきた、風上の斜面の波紋と風下の斜面の暗い筋によって恐らく活動的である。砂丘に焦点を当てるために色が強調されている。この動きは、二つの斜面の間の端、砂丘の淵と下端を鋭く保つだろう。砂丘の斜面の暗い線と短い不規則な曲線はダストデビルの通過によってつくられた。

Nov 28, 2018   

大判はイメージをクリック。


<間欠泉の季節>  11月27日

火星の南極領域の春は刺激的な活動の季節である。冬の間にたまった二酸化炭素の氷の厚いコーティングは、太陽が高く昇って氷を暖め、昇華し始める。日光が透明な氷を通して浸透し、氷層のベースで吸収される。温暖化の結果つくられるガスは、氷の弱いところを通して漏れ、ガスとダストの壮大な間欠泉の形で噴出する。このイメージは、 HiRISE によって監視されている領域、南緯85度付近のこの活動の一部を捕えている。このイメージを興味深くしているものは、間欠泉が噴き上がったときに風が異なる方向から吹いたことを示す、間欠泉に残された扇型の方向の変化である。南西からの風がイメージの二つの端に暗い扇型をつくり、北西の風が間のダストの堆積を支配した。ローカルの地形は、恐らく、風向きを変える際にその役割を果たした。この陰影の起伏のイメージは、トラフに沿って斜面の下に風を吹き出したかもしれない、南極の層になった堆積におけるトラフの横断を示している。

July 14, 2018   

大判イメージはありません。


<頂上の砂丘とそれらの砂の源>  10月11日

火星の砂丘を形づくる堆積物の最終的な起源は長く議論されてきた。地球上の砂丘は花崗岩の地殻の、石英を含む要素によって一次的に供給され、一方火星の砂は、浸食された火山の流れまたは堆積物に由来することを示唆しているが正確な源は漠然としている。 このイメージは、この小さな砂丘フィールドが、ユベンタ(Juventae Chasma)カズマの中央近くの、大きな 1.6 キロメートルの高さのマウンドの頂上に沿って起きているユニークな状況を明らかにしている。 これらの層になったマウンドの斜面は砂丘を登るには非常に急峻であり、基盤の砂は恐らく空からの素材から来たものではない。 代わりに、このマウンドの頂上は砂丘に隣接し、砂の素材の扇型の中に浸食して見られるいくつかの暗いトーンの覆われた堆積を示している。 MRO の他の機器からのスペクトルのデータは、ローカルな HiRISE イメージとともに、そのようなユニットが恐らく砂の源であることを確認した。

Oct 01, 2018   

大判はイメージをクリック。


<あばたの円錐:メタンの源の可能性?>  9月20日

このイメージは、2018年5月16日に、NASAの火星偵察軌道船(MRO)によってとられた。この観測は、クリュッセ平原の暗い多様な地表を通して点在する、比較的明るいマウンドを明らかにしている。これらのマウンドは大きさで数百メートルである。マウンドの大きなものは、地球上のいくつかの火山の頂上に見られる崩壊したクレータに似た中央の穴を明らかにしている。これらの窪みを持つマウンドまたはクレータされた円錐の起源は不確かである。それらは溶岩と水の相互作用の結果または地下に始まる熱い泥の噴出から形づくられたのかもしれない。これらの地形は、火星を研究する、特にエクソマーズ・ガス追跡軌道船ミッションに関係する科学者達にとって非常に興味深い。これらのマウンドが実際に泥に関連しているならば、それらは、長く探された火星の一時的なメタンの源の一つであるかもしれない。

Sept 12, 2018   

大判はイメージをクリック。


<これは探している熱水鉱床ではない>  8月22日

このイメージは、2018年5月13日に、NASAの火星偵察軌道船(MRO)によってとられた。火星探査のためのホットスポットは、かつてまたは現在の、火山のような顕著な熱源の隣にあったエリアの中にある。火星の火山は最後の200万年間活動的でなかったが、赤い惑星の移動する砂とダストの下に時とともに固まった古い溶岩流を発見する。これらの古代の溶岩流は、古代の生命の発展の助けになる環境をつくるために、液体の水または地下の氷とともに熱源を提供したかもしれない。岩と相互作用する熱い水の地質学的な証拠は、これらの条件の場所を軌道から確認するのが非常に難しい。一つのクローズアップが、北半球にあるテンペ・テラ領域の激しくクレーターされた古い溶岩流のように見える流された砂丘に示されている。平らな暗いエリアは一般的に活火山の周辺に発見される岩、組成において玄武岩であり、明るいトーンの素材が錆びた火星のダストで覆われている。
最近打上げられたインサイト着陸船が、火星の内部が地質学的に活動的かどうかを明らかにするだろう。
このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

Aug 12, 2018   

大判はイメージをクリック。


<ロディ・クレータのファン>  8月14日

2013年9月16日にNASAの火星偵察軌道船によってとられたこのイメージは、山のようなクレータ縁から堆積物が水のように動かされ、平らなクレータ・フロアに蓄積した、いくつかの大きな扇状地のホーム、火星のロディ・クレータ(Roddy Crater)を明らかにしている。扇状地は、地球、火星、土星の月タイタンにさえも見ることができる。これらの扇型は、激しい嵐の間に、または、雪解けから時とともにつくり上げられた。火星の強風に起因して、かつて扇型の表面に水と堆積物を運んだ川のチャネルは、今、高く隆起しプラットホームとして立っている。ロディの東の縁の小さなクレータからの排出物(右上)の薄い覆いが、近くの無防備な扇型(左)と比較した風によって、下に横たわる扇の表面を変形から保護した。この薄い排出物の表面の下の斜面は、下の扇状地から美しい明るいトーンの層を露出させている。

Aug 06, 2018   

大判はイメージをクリック。


<ダストの嵐の前後の火星>  7月27日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)の火星カラー画像(MARCI)カメラによるこのムービーは、どれほどのダストが赤い惑星を囲んだかを示している。5月からの視界は、マリネリス峡谷(左)、メリディアニ(中央)、アシダリア(上)の秋のダストの嵐、早い春の南の極冠(下)を示している。7月からの視界は同じ領域を示しているが、地表の大部分は惑星を囲むダストの雲と霞によって隠されている。

July 19, 2018   

動画はイメージをクリック(mp4、11.8 MB)。


<火星からの「蜘蛛」で詰まる>  7月26日

火星の南極の冬の間の2018年5月13日に得られたNASAの火星偵察軌道船(MRO)からのこのイメージは、この領域を覆っている二酸化炭素の氷冠と、太陽が春に戻り、いわゆる「蜘蛛」が出始める光景を示している。これは地球では見られない活動的な季節のプロセスである。地球のドライアイスのように、火星の二酸化炭素の氷は暖かくなるにつれて昇華し、固体から直接気体になり、そのガスは地下に捕らえられる。捕らえられた二酸化炭素のガスは、時がたつにつれて圧力を増し、最終的には氷を突き破る十分な強さになる。これらのガスが大気に開放され、暗いダストが排気口の周辺に堆積し、あるいは、風によって筋をつくるように運ばれるだろう。この昇華する二酸化炭素の消失が、これらの蜘蛛の巣のような地形を残す。

July 12, 2018   

大判はイメージをクリック。


<長く残る霜>  7月20日

火星の北極の層になった堆積は、氷の層の厚い積み重ねから成っている。NASAの火星偵察軌道船(MRO)からのイメージのこの一部は、それらの層を強調する長く残った季節の霜を持っている。この観測の新しい理論的解釈は、斜面の浸食の新しい活動の記録である。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

July 10, 2018   

大判はイメージをクリック。


<明るいトーンの層になった堆積の持ち上げられたブロック>  7月19日

2018年4月1日に得られたNASAの火星偵察軌道船からのこのイメージは、火星の南の高地に横たわる、直径280キロメートルの古代のインパクトクレータ、アラム・カオスを示している。主に酸化鉄赤鉄鉱と水で変化したケイ酸塩から成る明るいトーンの層の隆起したブロックは、このクレータがかつては湖を保持していたことを示している。科学者達は、これらの巨大な洪水の経路が、アラム・カオスと近くの領域からの、25億年以上前の地下水の破滅的な流出によって、数週間あるいは数ヶ月内に急速に彫られたと提起している。今日では、暗い(玄武岩の)砂丘が低い領域の大部分を満たし、隆起したブロックのエッチングされたエリアが最初のクレータ・フロアの多くを隠している。アラム・カオスは、マーズ・パスファインダー着陸地点の近くのクリュッセ平原の、以前に北低地に空洞になった古代のクレーターされた高地を横断する北西に向かう約 1700 キロメートルに広がった大きな流出チャンネル・システム、アレス峡谷(Ares Vallis)の源流の近くにある。

マーズ・パスファインダーは、1997年に数ヵ月間火星を探査した、初めて小型のローバー(探査車)を送り込んだ探査機。マーズ・パスファインダー自体は固定型。アレス谷はマリネリス峡谷の支流の一つ。

July 10, 2018   

大判はイメージをクリック。


<氷のブロックのなだれ>  7月11日

火星で最も活発に変化しているエリアのひとつは北極の層になった堆積の急峻な端である。NASAの火星偵察軌道船(MRO)からのイメージは、2006年12月の以前のイメージと比較した、多くの新しい氷のブロックを示している。一つのアニメーションが、氷の崖の崩れた一部の例を示している。古いモードで得られたイメージは新しいものほど鮮明でない。 HiRISE は、この領域のイメージを、6火星年前の2006年2007年に初めて撮った。この長いベースラインは、多くの小さな変化とともに大きな稀な変化を我々に見せている。このマップはピクセルあたり25センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

July 03, 2018   

大判はイメージをクリック。


<かっての青い砂丘>  6月28日

砂丘はしばしばクレータのフロアに蓄積する。NASAの火星偵察軌道船(MRO)は、2018年1月24日に、ライオット・クレータのこの領域に、古典的なバルハン(三日月型)砂丘フィールドを示した。バルハン砂丘のこのグループの南には、複雑な構造を持つ大きな砂丘がある。トルコ石の色(turquoise blue:青緑色)に見えるこの独特の砂丘は、より微細な素材から成る、および/または、周囲と異なる組成を持っている。このマップはピクセルあたり25センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

June 19, 2018   

大判はイメージをクリック。


<泥または溶岩の火山?>  6月27日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)からのこのイメージは、中央にクレータを持つ丘を示している。このような地形は、二つの泥の火山(実際には堆積構造)、および実際の火山(噴出している溶岩の種類)と解釈された。それらは、湖を開いたかもしれない閉じた地形の輪郭の下に、また、湿った堆積物の圧縮が泥火山をつくったかもしれない、マリネリス峡谷のフロアに起きている。この丘を囲む明るい流れのユニットの破砕のパターンは泥の亀裂に似ている。しかしながら、また、この場所ではそうとは限らないが、実際の火山活動を示唆する高温ミネラルと解釈される火星コンパクト偵察画像分光計装置(CRISM)からの観測もあった。この丘の微細な層は火山活動か泥流と一致している。どちらにしても、この活動は、地質年代として比較的新しく、ハビタブル(生物居住可能)な地下の環境を記すのかもしれない。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

June 11, 2018   

大判はイメージをクリック。


<爆発と雪崩>  6月22日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)からこの HiRISE イメージは、斜面の筋をつくり出した、新しい、約10年以内のインパクトクレータを捕えている。流星体が地表を打ちクレータをつくるために爆発したとき、それはまた、斜面を不安定にし、この雪崩を引き起こした。このクレータ自体は僅か差渡し5メートルであるが、その筋は長さ1キロメートルある! 斜面の筋は、乾いたダストの雪崩がダストの丘の上に暗い帯を残すときにつくられる。古い雪崩の色あせた傷跡が、また、この新しい暗い筋の側に見える。

June 14, 2018   

大判はイメージをクリック。


<コーデュロイ砂丘>  6月21日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)からこのイメージは、砂丘で囲まれ、また コーデュロイ(織物:左下の図参照)のように見える、火星の永久の極冠を示している。これらの砂丘は模様のついた地面の組織全体に広がっている。火星年のこの時期、毎冬一時的に覆う季節的なドライアイスの砂丘がない。このマップはピクセルあたり25センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

May 29, 2018   

大判はイメージをクリック。


<赤い惑星の雪の片>  6月20日

NASAの火星偵察軌道船がこのイメージを得た火星の夏の初めには、砂丘は季節の氷でほとんど覆われていなかった。一日のほとんどが陰になる氷のポケットのみが保護されて残っている。火星の北極は砂丘の広大な海に囲まれている。この砂丘フィールドでは、砂丘は、冬にはドライアイスの季節のキャップで覆われる。

June 05, 2018   

大判はイメージをクリック。


<新しいインパクト・クレータ>  6月19日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)は、火星で新しいインパクト・サイトを発見し続けている。これは、北から北東に、コリント・クレータ(Corinto Crater)の密度の濃い第二クレータ・フィールドの中に起きた。この新しいクレータとその排出物は特徴的なカラー・パターンを持っている。数十年で色があせたとき、この新しいクレータは、その直径と比較して深い空洞を持つことによって、他と比較して依然として特徴的だろう。このマップはピクセルあたり25センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

June 04, 2018   

大判はイメージをクリック。


<ヘイルクレータの縁に露出する基盤>  6月7日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)からのこのイメージは、活動的な溝、活動的な繰り返される斜面の筋、広範囲な氷の排出物の流れなどの興味を起こさせる地形を持つ100キロメートルを超える大きなインパクトクレータ、 ヘイルクレータを示している。そこにはまた露出した多様な色彩に富んだ基盤のユニットがある。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

May 31, 2018   

大判はイメージをクリック。


<ネクタリス山塊の砂丘>  6月6日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)からこのイメージは、コプラテス・カズマの中のネクタリス(Nectaris)山塊の傾斜の砂丘を示している。マリネリス峡谷の砂丘は、上昇と下降に見られる急峻な斜面を持ち、大きさにおいて印象的である。明るい基盤は不活発であるが、より大きな砂丘はこの場面を越えて進んでいる。

May 21, 2018   

大判はイメージをクリック。


<アリアドネス・コレス(Ariadnes Colles)の多彩な層>  5月16日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)からこのカラーイメージは多様な色と組成の基盤の層を示している。

May 10, 2018   

大判はイメージをクリック。


<クレータ・フロアの基盤>  5月15日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)からこの拡張されたカラーイメージは、古代の大きなクレータのフロアの浸食された基盤を示している。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

April 30, 2018   

大判はイメージをクリック。


<ロボ谷の動く砂>  4月19日

NASAの火星偵察軌道船は、過去の気象の中で形成された、この領域の地形に沿って並ぶ明るい波紋を示している。玄武岩の砂から成る暗い砂丘と砂の筋が、最近の風によってこのイメージの上から下に向かって押され、下のエリアに動かされて満たされている。ローボ谷は象牙海岸の川に因んで名付けられている。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

April 02, 2018   

大判はイメージをクリック。


<クレータの湖を出る三つのチャンネル>  4月18日

NASAの火星偵察軌道船からのこのイメージは、縁を破り南に広がる三つのチャンネルを持つ丸みのあるクレータを示している。このクレータは堆積物によって満たされた古代の湖であったのかもしれない。水がクレータ縁の上を越え始めたとき、それはチャンネルを速かに浸食し、少なくても部分的に湖を排水する。ステレオ立体写真で確かめよう。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

April 02, 2018   

大判はイメージをクリック。


<これは何だろう?>  4月17日

NASAの火星偵察軌道船からのこのイメージは、窪地に流れ込むチャンネルに沿ったトラフのクローズアップである。いくつかの HiRISE イメージは、奇妙に見える構成を示している。概観カメライメージを見ることによって、ある時はその場面の状況を理解するのを助ける。ここでは、中央峰を持つインパクトクレータ、また、ピークの北の同心のトラフを持つ崩れた窪地を示している。トラフのフロアには、我々が概して氷河の流れがあった中緯度領域に見るいくつかの彫られた素材がある。同心のトラフを持つこれらの窪地は火星のそこここに存在し、それらの起源は議論の種として残されている。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

April 02, 2018   

大判はイメージをクリック。


<マタラクレータの溝>  4月13日

マタラ(Matara)クレータのような火星の砂丘の溝は、この10年間の多くの流れによって非常に活動的であった。この流れは一般的に季節の霜が存在するときに起きる。我々は、NASAの火星偵察軌道船からのこのイメージに、以前には活動的だった二つの溝の内部と周辺の霜を見ている。今年はこれまでに新しい流れがないが HiRISE は見続けるだろう。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

April 02, 2018   

大判はイメージをクリック。



TOP PREV