マーズリコナッサンスオービタ

このページでは2005年8月に打ち上げられ2006年3月に火星軌道に入ったNASAの火星探査衛星マーズリコナッサンス軌道船による火星軌道からのイメージをご紹介しています。


<ロボ谷の動く砂>  4月19日

NASAの火星偵察軌道船は、過去の気象の中で形成された、この領域の地形に沿って並ぶ明るい波紋を示している。玄武岩の砂から成る暗い砂丘と砂の筋が、最近の風によってこのイメージの上から下に向かって押され、下のエリアに動かされて満たされている。ローボ谷は象牙海岸の川に因んで名付けられている。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

April 02, 2018   

大判はイメージをクリック。


<クレータの湖を出る三つのチャンネル>  4月18日

NASAの火星偵察軌道船からのこのイメージは、縁を破り南に広がる三つのチャンネルを持つ丸みのあるクレータを示している。このクレータは堆積物によって満たされた古代の湖であったのかもしれない。水がクレータ縁の上を越え始めたとき、それはチャンネルを速かに浸食し、少なくても部分的に湖を排水する。ステレオ立体写真で確かめよう。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

April 02, 2018   

大判はイメージをクリック。


<これは何だろう?>  4月17日

NASAの火星偵察軌道船からのこのイメージは、窪地に流れ込むチャンネルに沿ったトラフのクローズアップである。いくつかの HiRISE イメージは、奇妙に見える構成を示している。概観カメライメージを見ることによって、ある時はその場面の状況を理解するのを助ける。ここでは、中央峰を持つインパクトクレータ、また、ピークの北の同心のトラフを持つ崩れた窪地を示している。トラフのフロアには、我々が概して氷河の流れがあった中緯度領域に見るいくつかの彫られた素材がある。同心のトラフを持つこれらの窪地は火星のそこここに存在し、それらの起源は議論の種として残されている。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

April 02, 2018   

大判はイメージをクリック。


<マタラクレータの溝>  4月13日

マタラ(Matara)クレータのような火星の砂丘の溝は、この10年間の多くの流れによって非常に活動的であった。この流れは一般的に季節の霜が存在するときに起きる。我々は、NASAの火星偵察軌道船からのこのイメージに、以前には活動的だった二つの溝の内部と周辺の霜を見ている。今年はこれまでに新しい流れがないが HiRISE は見続けるだろう。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

April 02, 2018   

大判はイメージをクリック。



TOP PREV