マーズリコナッサンスオービタ

このページでは2005年8月に打ち上げられ2006年3月に火星軌道に入ったNASAの火星探査衛星マーズリコナッサンス軌道船による火星軌道からのイメージをご紹介しています。


<斜面に露出する火星の地下の氷の堆積>  1月18日

厚い地下の氷の横断面が、NASAの火星偵察軌道船(MRO)の高解像度画像科学機器(HiRISE)カメラからのこの拡張されたカラーの視界に明るい青で見える急峻な斜面に露出している。この視界は、幅約500メートルのエリアをカバーしている。北は上近くにある。イメージの上3分の一は、イメージの下3分の一の地面より約130メートル高いレベルの地面を示している。間には、垂直約80メートルの、水の氷を露出させている鋭く下る斜面がある。色は地表の素材の違いを見易くするために誇張されている。このサイトの露出した水の氷の存在は、同じ軌道船の火星コンパクト偵察画像分光計(CRISM)の観測によって確かめられた。2018年1月の「サイエンス」誌で、研究者達は、火星の中緯度で、このような八つの氷を露出させている斜面を発見して調査していると報告した。火星の中緯度の広大な地下の氷の堆積の存在は以前にも知られていた。それらが露出している変わったサイトのこの報告は、それらの深さと層ついての新しい情報を提供している。それは、将来の火星ミッションのための水資源の可能性を、また過去の気象の記録を保持している氷の層を調べることによって火星の気象の歴史を調査するための可能性を特定している。これらの氷は、火星の回転軸の傾きが今より大きかったときに雪として堆積したのかもしれない。それは、将来の火星ミッションのための水資源の可能性、および、過去の気象の記録を保持している氷の層を調べることによって、火星の気象の歴史を調査するための可能性を特定している。これらの氷は、火星の回転軸の傾きが今より大きかったときに雪として堆積したのかもしれない。

Jan 11, 2018   

大判はイメージをクリック。


<火星の氷の地下の堆積を露出させる斜面の穴>  1月17日

イメージのトップに向かった火星の北の端の急峻な斜面のこのくさび形の穴は、厚い地下水の氷の横断面を露出させている。このイメージはNASAの火星偵察軌道船(MRO)の高解像度画像ステレオ実験(HiRISE)カメラからである。左右の灰色の部分は可視光線スペクトラムの赤の明るい部分の一つの周波帯からである。拡張された色の中央の部分は、赤、近赤外線、青緑色の周波帯からのデータを結合している。この場面は幅約5キロメートルのエリアをカバーしている。穴の北の端の氷を露出させている斜面は、穴の外側の相対的なレベルの地面から飛び込む、約45~55度の険しさを持っている。---斜面のより多くの詳細を示すズームインされた視界は明日掲載します。--- これらの二つの視界は2011年5月7日につくられ、南緯 56.6 度、東経 114.1 度からの製品である。2018年1月の「サイエンス」誌で、研究者達は、火星の中緯度でこのような八つの氷を露出させた斜面を発見し調査するとレポートした。火星の中緯度の広大な地下の氷の堆積の存在は以前にも知られていた。それらが露出している変わったサイトの報告は、それらの深さと階層に関する新らしい情報を提供している。それは、将来の火星ミッションのための水資源の可能性、および、過去の気象の記録を保持している氷の層を調べることによって、火星の気象の歴史を調査するための可能性を特定している。これらの氷は、火星の回転軸の傾きが今より大きかったときに雪として堆積したのかもしれない。

Jan 11, 2018   

大判はイメージをクリック。


<火星の断層> 12月27日

メリディアニ・プラナム北のNASAの火星偵察軌道船(MRO)からのこのイメージは、層になった堆積を崩壊させた断層を示している。その断層のいくつかは層に沿ったクリーンな破断をつくり、個々の基盤を置き換えた。興味深いことに、これらの層は断層全体に続き、引き伸ばされて現れている。これらの観測は、層になった堆積がまだ柔らかく、変形下にあるかもしれないときに断層のいくつかが起きたことを示唆しており、そこでは、これらの層がクリーンな破断を固めてつくり出されたときに後に他の断層が形成されている。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

Dec 14, 2017   

大判はイメージをクリック。


<マゥルス谷西の逆になったクレータ> 12月7日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)からのこのイメージは、マゥルス峡谷 (Mawrth Vallis)西の約1キロメートルの逆になった(下記注参照)クレータの詳細を捕えている。コンテキスト(概況)カメラ・イメージは、このサイトに観測される浸食の地形の概況を提供している。この HiRISE イメージの場所は、この領域で古代の水の活動に関連した多様な岩と鉱物を調査するだろうエクソマーズ2020ローバー(ExoMars 2020 rover)ミッションに提案された着陸楕円の北にある。引き伸ばされた浸食が、ここに見られるクレータと他の近くの残骸のようにローカルに立つ他の岩を残して抵抗力のない岩を取り除いた。これらの抵抗力のある層は、マゥルス谷を彫り、存在するクレータまた他の下に横たわる窪みを暗い素材によって満たした、火山活動および/または水に関連する活動に属しているのかもしれない。浸食は、これらの層を、クレイ(粘土)を含む古い抵抗力のある明るい岩に露出させた。露出した基盤の多様性は、この場所を、かつて生命を保護したかもしれない水の豊富な古代の環境の可能性を調査するための理想的な候補にした。このマップはピクセルあたり25センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

逆になった地形
かっては周囲と同等の高さまたは窪地であった部分が、周囲がやわらかで浸食によって削られたために、かえって高い場所として残った地形。

Nov 29, 2017   

大判はイメージをクリック。


<ヘラス・プラニシア北西のハチの巣形の地形> 12月6日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)からこのイメージは、火星で最も大きく最も古いインパクト盆地の一つ、ヘラス・プラニシア北西の一部のハチの巣形の地形を目標としている。 大きなコンテキストカメラ・イメージ(左図)における個々の「穴」は幅約5~10キロメートルである。我々は、 HiRISE によって、風の浸食がある役割を演じたことを示す砂紋のようなこれらの穴を非常に大きな詳細で見ている。我々は、また、穴のフロアと壁を横切る基盤の特徴的な露出を見ている。これらは、一般的に火山活動によってつくられる壁に似ている。その上、インパクトクレータの欠如は、この光景があるプロセス、または、今日も活動しているかもしれない多くのプロセスによって、最近再構築されたことを示唆している。科学者達は、氷河の出来事から、湖の構成、火山活動、地殻構造上の活動、風食に至るまで理論立て、これらのハチの巣状地形がどのようにつくられたかを議論してきた。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

Nov 28, 2017   

大判はイメージをクリック。


<繰り返される火星の筋:水ではなく流れる砂?> 11月30日

以前に地下に流れる水の証拠と考えられてきた火星の暗い地形が、新しい研究では粒状の流れと解釈され、そこでは、滲み出てる水による暗さでなく、砂とダストの粒が暗い筋をつくるように流れ下っている。NASAの火星偵察軌道船(MRO)の強力なカメラによる、これらの依然として当惑させる季節的な暗い筋の継続的な調査は、それらが下り方向の乾燥した粒にとって十分に急峻な斜面にのみ存在することを示している。ネイチャー地球科学で発表されたこの調査結果は、これらのサイトで繁殖する微生物の生命にとっての十分な液体の水の存在に反対している。しかし、これらの数多くの流れがどのように始まり徐々に成長したかについてはまだ正確には説明されていない。このレポートの著者は、これらの流れのサイトのいくつかに観測される水和塩類の検出によって示される、少量の水との関係を含めた可能性を提起している。これらの地形は、2011年の発見以来、予想外の液体の水または特に乾燥した惑星上の塩水の可能性の標識について魅惑と論争を呼び起こしてきた。集合的に「繰り返される斜面の線(RSL:recurring slope lineae)」と呼ばれるこれらの火星の何千もの地形は、赤道から極への約半分の岩の斜面のエリアに50以上確認された。(以下略)

火星の赤道から極の半ばほどまでのクレータ壁の、特に南面に向かって発生が顕著な「暗い筋」は、温められた季節に生じ冷たい季節に消える(“繰り返される”斜面の筋)ことから、生命に必要な水の存在の証拠、即ち地下から滲み出した水の証として長期間調査の対象になってきました。これらの筋ができる仮説には、水以外に二酸化炭素、砂、ダストなどによるという説も提起されてきました。ここに見る筋は話題の「暗い筋」とは異なり、明らかに砂あるいはダストの流れに起因するように見えます。しかし砂またはダストであるとすれば“繰り返される”根拠に乏しいように思われます。

Nov 20, 2017   

大判はイメージをクリック。


TOP PREV