マーズリコナッサンスオービタ

このページでは2005年8月に打ち上げられ2006年3月に火星軌道に入ったNASAの火星探査衛星マーズリコナッサンス軌道船による火星軌道からのイメージをご紹介しています。

<火星の幻影> 8月10日

NASAの火星偵察軌道船からのこのイメージは、ヘラス盆地の直接南、火星の南半球の極地の領域、この惑星で高度が最も低い点を含む Malea 平原を示している。粒子の粗い模様の上に、ギザギザの鋸の歯がこのクローズアップのイメージに見られる。この領域には「パテラ(火口の意)」と呼ばれる特定のタイプの古代の火山を含んでいる。パテラはラテン語であり、波形の端のカルデラを持つ、火山に見える地形に最初に適用された。 Malea はまた低地の平原であり、ダストで覆われていることで知られている。これらの情報の二つの片は、我々のイメージに含まれるこの光景と地形の我々の理解を助ける地域の概況を提供している。このエリアは、この概要カメライメージに見ることができる隆起に対して徐々に上っており、明るい色のダストは、隆起の斜面で速められる火星の突風によって吹き飛ばされ、明暗の地表の素材の間の接触の角度を更に鋭くする。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

July 14, 2017   

大判はイメージをクリック。


<火星と驚くような技術色の排出物の覆い> 8月3日

NASAの火星偵察軌道船からのこのイメージは、火星のメア・サーペンティス(Mare Serpentis:蛇の海)領域の無名のクレータの排出物の覆いの露出した基盤を示している。露出したときの排出物は、それらが、ある時はエキゾチックな地下、また詳細に見るとインパクトによってつくられた素材を表すので、真に目を見はらせる形をしている。この排出物は火星の他の場所で発見される他と類似を共有しており、それは露出と多様な色の広がりのための特別な科学的興味である。 --- 例えば、ニリ・フォッセ(Nili Fossae)トラフ領域のハーグレーヴズ・クレータ(Hargraves Crater)の排出物は、かつて、次のNASAマーズローバー2020のための着陸候補地点と考えられた。 --- この写真の中で観測される色は、今では地表に露出した異なる岩と鉱物を表している。 HiRISE の赤外線カラーイメージの青は、一般に、橄欖石や輝石のような、鉄の豊富な鉱物を表している。黄色のような明るい色は変化した岩の存在を示している。排出物の源は二つの無名のクレータからの可能性がある。我々はどのクレータがどのように排出物を堆積したかを決定する。フルスケールのイメージは、東西方向に観測される傾向がある多数の線形地形を示している。これらの線形の地形は、その無名のホスト・クレータからの排出物の流れの方向を示している。したがって、もし我々がそれらを追うならば、我々は、それらが二つの無名のクレータの下から発していることを発見する。もし排出物が最も上のクレータから始まったならば、我々は、我々の写真の位置における線形の地形を北西から南東に予想するだろう。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

July 13, 2017   

大判はイメージをクリック。


<火星のドラゴンスケール> 8月2日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)によって観測されたこの興味深い地表の模様は、水と相互作用した岩の結果である。この岩は、続いて浸食され、後に地表に露出した。ピンク色のほぼドラゴンのような大きさの模様は、特に粘土を含んだ岩に変化した火星の基盤を表している。変化に寄与する水の性質、および粘土を形成するためにどのように岩と相互作用したかについては十分に理解されていない。火星の変化した岩の調査は火星科学コミュニティによる調査のエリアである。そのような相互作用、およびそれらがどのように起きたかの理解は、火星の過去の気象の理解において科学者達に役立つ。最近の調査は、以前に示唆されたような、初期の火星の気象が、暖かく、湿った、地球に似たものではなかったかもしれないことを示唆している。これは火星で生命を発見するための問題ではない。地球の乾燥し冷えた環境の進行中の研究は、生命がそのような両極端に適応する方法を発見することを示している。そのような業績は、何時か、火星のような他の惑星で生命の証拠を発見する期待を提供している。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

July 12, 2017   

大判はイメージをクリック。


<火星からの脱出> 8月1日

NASAの火星偵察軌道船からのこのイメージは、火星のイリジアム・プラニシア領域に点在する直径10メーターほどの何百万もの小さなクレータの一つと、その排出物の素材を示している。この小さなクレータは、恐らく、直径10キロメートルほどの非常に大きな衝突によって岩の高速のブロックが投げ出され、再び地面に戻った時につくられた。これらのブロックの一部は実際に火星を離れ、我々は地球に落ちる隕石の形でサンプルを得ている。他の放出されたブロックは、不十分な速度または違った軌道を持ち赤い惑星を逃れる。このように、これらの高速のブロックの一つが地表に衝撃を与えるとき、それはいわゆる「第二の」クレータをつくる。これらの「第二(secondaries)」は密度の濃い「鎖(chains)」または「放射(rays)」をつくることがある。地球の月の近い側に広がるティコ・クレータ(Tycho Crater)は「放射クレータ」の優れた例である。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

July 10, 2017   

大判はイメージをクリック。


<「親愛なる堆積...」> 7月6日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)は、このイメージに、一見季節的な霜または氷の堆積のように見える明るい堆積のインパクトクレータを観測した。 MRO は、氷とその他の鉱物を区別することができるように、火星コンパクト偵察画像分光計(CRISM)と呼ばれる分光計を搭載している。残念なことに、それらの特別な場所は現在カバーされていない。しかしながら、それは実際に氷でないと数行の証拠を通して推論することができる。火星は、地球のように、惑星が太陽を周る季節の変化を経験する。季節的変化は高緯度で最も明らかである。それぞれの半球のこれらの領域がそれぞれの夏の季節に入ったとき、 太陽は火星の空高く上り、霜と氷の昇華をもたらし、その光景を通して多くの地形を照らし出す。それぞれの半球の高緯度がそれぞれの冬に進むとき、「火星日(sol)」と呼ばれる一日は短くなり、太陽は地平線上で最も低くなり、寒さと暗闇と霜の堆積の長い季節をもたらす。初めに、このイメージがとられたとき、南半球は夏の季節の終わりにあり、全ての霜または氷の堆積が以前に昇華していることに留意する必要がある。第二に、季節的なターゲットの多くの HiRISE イメージが、氷が極に面する斜面に堆積することに留意する必要がある。ここでの堆積は赤道に面する斜面に位置しており霜の堆積を蓄えていない。これによって、これらの露出が明るいトーンの鉱物の堆積であると結論することができる。このマップはピクセルあたり25センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

June 29, 2017   

大判はイメージをクリック。


<コヴァルスカイインパクト盆地の露出した基盤> 7月5日

このイメージは、ダエダリア平原の広い溶岩の原の外れにある、コバルスカイ(Koval'sky)インパクト盆地内部の部分的に露出した基盤を示している。ダエダリア平原(Daedalia Planum)はアルシア山の南西にあり、クレータを溶岩流と灰の堆積で満たす源かもしれない。一つの側に散らばったダークブルーの一部とともに明るい基盤が見られる。ダークブルーの場所は露岩から落された巨礫である。この基盤のカラーの視界は、その組成に関するある情報を提供している。ほとんどの赤い火星の地表と異なり、この青い色は、一般的には酸化されてない(錆びていない)鉄の豊富な鉱物の存在を示している。火山の岩は、また、火星では一般的である。青い素材の可能性のある鉱物候補は、多くの場合、鉄の豊富な鉱物(例えば輝石や橄欖石)と一致している。この隆起は、コヴァルスカイインパクト盆地を満たした、溶岩流の元々の地表の残骸を表しているのかもしれない。この領域は、ロシアの天文学者 M. A. Koval'sky にちなんで名付けられた。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

June 28, 2017   

大判はイメージをクリック。


<火星の3Dの溶岩の滝> 7月4日

赤・青の眼鏡を取り出して火星の溶岩の滝全体を凝視しよう。このステレオ立体写真は、火星偵察軌道船に搭載されている HiRISE カメラによって記録された二つのイメージを結合することによってつくられた。これらの複数のレべルの滝は、赤い惑星の火山のタルシス領域の西にある直径30キロメートルの火星のクレータの北の縁の一部分を、流れる溶岩が破ったときにつくられた。熱した溶岩がクレータ・フロアに届くようにクレータ壁とテラスの下で滝になったとき、急な斜面に明らかに粗い扇形の流れを残した。北は上であり、この息をのむような3D視界は幅5キロメートルである。

<注>: 「今日の天文写真(APOD)」に記載された解説が分かり易かったので、そちらの記事を引用しています。

June 27, 2017   

大判はイメージをクリック。


<「ローバー」の白い崖> 6月28日

このイメージは、NASAの火星偵察軌道船の高解像度画像科学機器(HiRISE)カメラで、ローカル火星時間2017年4月18日 14:04 にとられた。それは、 HiRISE チームに、イギリス諸島の殺風景な海岸線のゴツゴツした地形を思い出させた。拡張されたカラーのクローズアップが驚くべき効果をもたらし、雲で覆われた崖の端に泡立つ波が衝突している印象を与えている。現実には、火星の地表は、我々の想像力が示唆を期待する以上に乾燥している。ここは、その周辺の岩より浸食に抵抗力のある素材によって満たされた、青い玄武岩の砂丘で囲まれた、逆転したクレータの非常に大きな構造の僅かな小さい部分である。これらの高くなった明るいトーンの堆積の端は、劣化した、不規則な崖の構成である。崖の下に見える砂丘は、「海岸線」に打ち付ける泡で覆われた波を完備する海の表面の印象を与える、荒れた海と火星の砂丘フィールドの性質との抽象的な類似を実証している。
メリディアニ・プラナムは全体的な滑らかな地形を持ち、より一般的な、火星の他の多くに観測される巨礫とクレータで満たされた光景と全く対照をなしている。このことは、それを、惑星の多くの他のエリアより比較的若く見せている。メリディアニは、火星探査ローバーの着陸地点の一つであり、その層と堆積物で知られている。赤鉄鉱の軌道からの検出が、このエリアにオポチュニティを送る主要な理由の一つであった。オポチュニティからの最も最初のイメージで、硫酸塩とも呼ばれる塩を含んだ岩が観測された。従って、おそらく、この HiRISE イメージは、執拗な海によって削られた、崖の面、海岸線の粗い美しさを思い出させるのに適している。

June 22, 2017   

大判はイメージをクリック。


<NASAの火星軌道船、シャープ山を登るローバーを見る> 6月27日

これまでに火星に送られた最も強力な望遠鏡を使って、NASAの火星偵察軌道船は、今月、岩の山腹の中にキュリオシティ・ローバーの視界を捕えた。次の目的地に向かってシャープ山の麓を登っているこの車サイズのローバーは、軌道船の高解像度画像科学機器(HiRISE)カメラからの拡張されたカラーイメージの黄褐色の岩と暗い砂の背景に対して青い点として現れている。火星の地表の素材の違いを示すこの誇張された色は、キュリオシティを実際の様子より青く見せている。このイメージは、世界時2017年8月6日のシャープ山近くのキュリオシティの着陸の5回目の記念日の2ヵ月前の、2017年6月5日にとられた。イメージがとられたとき、キュリオシティは、赤鉄鉱が火星の軌道から確認された露岩を調べることをローバーチームが意図した上り坂の目的地、シャープ山の麓「ヴェラ・ルービン隆起」の活動的砂丘の調査の途中にあった。

June 20, 2017   

大判はイメージをクリック。


<地質学的メッセージを解読する> 6月23日

NASAの火星偵察軌道船からの、アマゾニス・メンサとメドゥーサ・フォッセの近くの最近の直径150メートルのインパクトクレータのクローズアップイメージは、火星の地質学的複雑さの大きな例である。このクレータの蜘蛛の巣のような模様は興味深い。しかし、これは何を意味するのだろうか。
地球では、我々は、惑星の地表のほぼ恒常的な変容を受け入れる、多くの地質学的なメカニズムを持っている。火星は、地質学的には、地球のように活動的ではないが、今日でさえ、未だ、風による変形、氷河のプロセス、最近のインパクトなど、その地表を形づくる多くのプロセスを有している。このクレータの排出物の外見は、恐らくターゲットの素材が堆積し、時ととも変形し劣化したプロセスの、両方の特徴の併用である。我々がこの領域の他のイメージに目を向けるとき、我々は類似した模様を見ることができる。この模様は風食を調査する科学者達によってヤルダン(yardang)と呼ばれる。ヤルダンは、特定の方向から支配的に吹く風の --- この特別なケースでは南東から北西に向かう --- 浸食によってつくられる流線型の隆起とトラフのパターンである。この風の特定の方向は、北西を示す風の筋の「尾」を持つ、その領域における多くのクレータが示す地域の概要イメージによってサポートされている。この大きさのクレータは最近火星で形成されているのが観測された。従って、このクレータが変形されているという事実は、その大きさと、火星からある地質学的なメッセージを解読する機会を我々に与えていることを物語っている。このマップはピクセルあたり25センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

June 14, 2017   

大判はイメージをクリック。


<クレータ壁のクレータ> 6月22日

岩の崩落が直ぐにクレータを消してしまうので、急峻な丘でこのようなクレータを見ることは一般的ではない。しかしながら、ここでは、NASAの火星偵察軌道船(MRO)は、大きなクレータの傾斜した壁に小さなインパクトが起き、かつ良く保存されたクレータを見ている。小さなクレータからの暗いブロック状の排出物は、大きなクレータのフロアに向かって下り坂を西に流れた。急峻な丘のこのような排出物の定置の理解は一つの調査中のエリアである。このマップはピクセルあたり25センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

June 14, 2017   

大判はイメージをクリック。


<三重のクレータ> 6月21日

NASAの火星偵察軌道船からこのイメージは、三つの重なったクレータからの細長い窪地を示している。持ち上げられた縁と排出物は、これらが崩壊または火山の地形よりもむしろインパクトクレータであることを示している。排出物とクレータによってつくられたこのパターンは、これが地表に対して低い角度のインパクトであり、恐らく西から来たことを示唆している。この三つの要素からなるクレータをつくるために、接近した編成で飛ぶ三つの大きな欠片があったのかも知れない。より詳細な観察のために 立体写真 を見て確認しよう。これはステレオペアの一つである。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

June 02, 2017   

大判はイメージをクリック。


<ガンジス峡谷の急峻な斜面の活動的な流れ> 6月20日

NASAの火星偵察軌道船からこのイメージは、マリネリス峡谷の大きな峡谷の北、ガンジスカズマ南西の、急峻な西に面した斜面をカバーしている。この場所は、露岩の露出のために、また活動的な斜面のプロセスを捜すために目標とされた。我々は、比較的明るく時々暗い外辺を持つ葉の形をした流れ、および、繰り返される斜面の線(RSL:recurring slope lineae)に似た、非常に薄い褐色のラインの、二つの異なった流れの堆積を見ている。二つの流れは、岩の凹所(アルコーブ)から発している。恐らく岩の破片の流れであるこの RSL は、葉の形をした堆積の上に置かれているので、若くまた活動的である。この破片の流れと RSL をつくる水の役割の可能性は、科学者達の間での継続的な議論の対象である。我々は、 RSL 候補が活動的かどうかを見るために、ここで更に多くのイメージをとるだろう。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

June 02, 2017   

大判はイメージをクリック。


<隆起した岩の斜めの視界> 6月10日

昨日の記事はイメージと解説が混乱していました。訂正してお詫びいたします。

NASAの火星偵察軌道船からこのイメージは、幅50キロメートル以上のインパクトクレータの中央の盛り上がった領域の一部を示している。それは、この基盤が、古代の素材を露出させて約5キロメートルの深さから盛り上がったことを意味している。黄色と赤の暖かい色は、青と緑の岩が変化から逃れた、水によって変えられた鉱物の存在を印している。鋭い隆起と滑らかなエリアは若い風に吹かれた素材である。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており北は上である。

May 26, 2017   

大判はイメージをクリック。


<南極の層になった堆積の端の浸食> 6月9日

NASAの火星偵察軌道船からの南極の氷の層の堆積の傾斜した端の斜めのこのイメージは、ある興味深い形態を持っている。この斜面は、地滑り、ブロックの落下、昇華の併用から浸食しているように見える。右上の大きな地滑りの傷跡の明るい氷の露出は、それが比較的最近の出来事であったことを示唆している。この場面の小さなスケールの模様は、吹く風と浅い氷の熱膨張と収縮の両方に起因している。このマップは、ピクセル当たり50センチメートルで投影されている。北は上である。

May 23, 2017   

大判はイメージをクリック。


<地滑り!> 5月25日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)のこのイメージは、2007年にとられた他の観測とともにステレオペアを完成している。それは、 Simud 谷の流線形のメサの端の、新しい(保存が良い)地滑りの斜面と岩の堆積を示している。このステレオイメージはメサの基盤の強さのモデルを制約する地形を測るために使うことができる。このマップはピクセルあたり25センチメートルのスケールで投影されている。北は上である。

May 15, 2017   

大判はイメージをクリック。


<ハーグレーヴズクレータからのカラフルなインパクト排出物> 5月24日

ハーグレーヴズ・クレータ(Hargraves Crater)をつくった衝突は、古代の火星の多様な基盤の岩石学に衝撃を与えた。NASAの火星偵察軌道船(MRO)によって見られるように、インパクト排出物は、結果として、異なる色と模様を持つ岩のタイプの豊かな混合である。このクレータは、地球上の隕石インパクトを発見し研究した、ロバート・ハーグレーヴズの名をとって名づけられている。このマップはピクセルあたり50センチメートルである。北は上である。

May 08, 2017   

大判はイメージをクリック。


<インパクトによる老化> 5月19日

マメール(Mamers)谷は、アラビア・テラで始まりデウテロニルス・メサの北の低地で終わる、約 1000 キロメートルの長い曲がりくねった峡谷である。NASAの火星偵察軌道船(MRO)からのこのイメージは、峡谷の壁の南に面する斜面を表している。上部の北半分は多数のインパクトクレータとラフなあばたの模様を持ち、一方、中央の一部は急峻な峡谷の壁を示している。僅かに異なる色の筋が、峡谷のフロアの浸食している斜面の素材を示している。峡谷自体は長い昔につくられたが、峡谷のフロアに堆積した素材が、若い地表をつくりながら時とともに堆積した。表面の年齢の違いはインパクトクレータの有無によって示すことができる。地表に長く露出してきたほど多くのインパクトクレータを蓄えるだろう。惑星の表面の年齢を推定するためのクレータの数のカウントは太陽系の至る所で使われる。このコンセプトは、アポロ・ミッションによって持帰られた岩の年齢の測定にクレータ・カウントを使って調整された。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

May 06, 2017   

大判はイメージをクリック。


<マリネリス峡谷の季節の流れ> 5月18日

繰り返し起きる斜面の線(RSL:Recurring slope lineae)は暖かい斜面の季節的な流れであり、NASAの火星偵察軌道船(MRO)によるこの観測に見られるように、それは、特に中央および東マリネリス峡谷で一般的である。このイメージは興味深い地形全体の大きな領域をカバーしているが、拡張されたカラーのクローズアップは、繰り返し起きる斜面の線のいくつかに焦点を当てている。ここでは RSL は東に面する斜面で活動的であり、石の多い地域から広がって扇型で終わっている。恐らく扇型自体が季節の流れから時がたつにつれて確立した。RSL に富んだ扇型の部分は暗く、一方扇型の下りの部分は明るい。RSL 活動の水の役割は議論の問題である。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

May 06, 2017   

大判はイメージをクリック。


<カラフルな基盤> 5月12日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)によって捕えられたこのイメージは、マリネリス峡谷の東のコプラテス谷の東のフロアの、多様な地表のユニットをカバーしている。この基盤は素晴らしいカラー・コントラストを生み出す多様な鉱物を持っている。10年以上火星軌道を周っている HiRISE は約 50,000 の大きなイメージを得たが、それらは火星の地表の3パーセント未満をカバーしているに過ぎない。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

May 06, 2017   

大判はイメージをクリック。


< Krupac クレータのカラフルな赤道の溝> 5月11日

大きな溝(谷)は高緯度に集中しているが、NASAの火星偵察軌道船(MRO)によって捕えられたこのイメージに見られるように、赤道領域にも急峻な斜面の溝がある。この拡張された色のクローズアップは、赤道の 7.8 度南にある Krupac クレータの縁と内部の一部を示している。溝の堆積のこの色は浸食された源の素材の色に一致している。 Krupac は比較的若いインパクトクレータであるが古代の基盤をも露出させている。 Krupac クレータは、マリネリス峡谷の外側の、火星の赤道の最も印象的な「繰り返される斜面の線(RSL:recurring slope lineae)」のいくつかを有している。他の詳細な観察は、下(左)の方へ流れる RSL のいくつかを示している。この RSL は以前の年から不活発なときに明るい堆積として残る。今年の活動的な RSL は薄く暗いラインである。この図のスケールは25センチ/ピクセルであり、北は上である。

May 06, 2017   

大判はイメージをクリック。


<火山の亀裂> 5月10日

火星は我々の太陽系で最も大きな火山、オリンパス山を持っていることで知られているが、我々は、その地表にまた小規模の火山の地形をも発見する。最も広い点で差渡し500メートル以下のこの亀裂はタルシス領域にあり、古代の爆発で溶岩が流れた排出口であると考えられている。この亀裂から放たれた溶岩の総量は近くの火山から噴出されたものより非常に少ないが、それにもかかわらずこの光景に残った印は劇的である。この図のスケールは50センチ/ピクセル、170センチのオブジェクトまで確認できる。北は上である。

April 27, 2017   

大判はイメージをクリック。


<イーグルクレータのローバーのランディングハードウェア> 5月9日

2017年4月8日のNASAの火星偵察軌道船からイメージに、2004年にNASAの火星探査ローバー・オポチュニティが残した明るいランディングプラットホームがイーグルクレータの中に見える。火星偵察軌道船は、2004年1月25日のオポチュニティの着陸の2年以上後の、2006年3月に火星に到着した。これは軌道船の高解像度画像科学機器(HiRISE)カメラからのイーグルクレータの初めてのカラーイメージであり、それはかって火星に送られたことのない最も強力な光学望遠鏡である。直径約22メートルのイーグルクレータは、火星のメリディアニ・プラナム領域の南緯 1.95 度東経 354.47 度にある。内部にオポチュニティを包んだ、エアバッグで保護された着陸船は、最初に、クレータの近くで火星の地面を叩き、跳ね、クレータの中に進んだ。着陸船の構造は、エアバッグがしぼむまで四面体の中に折られた、四つの三角形であった。続いて三角形のペダルが開きローバーを露出させた。一週間後に、ローバーが走り去り、着陸プラットホームの職務は完了した。また、最終的な降下の間に放棄された宇宙船の バックシェルとパラシュート(アニメーション) が見える。更に大きなクレータへ南東に向かう前に、オポチュニティは、ローバーの当初計画3ヵ月のミッションの半分以上をイーグルクレータで調査した。オポチュニティは、イーグルで、かつて水が地表に長く流れ、そのエリアの地下を濡らしたという偉大な証拠を発見した。ローバーがイーグルを離れた約13年後の、着陸地点のこの軌道のイメージがとられるときには、オポチュニティは44キロメートル以上をドライブし、イーグルより約 1,000 倍広い、エンデバー・クレータの縁を活発に調査していた。着陸船がプラットホームを離れる前に、オポチュニティは、イーグルクレータを振り返り、忘れがたい イメージアニメーション(横向き) をとった。

April 21, 2017   

大判はイメージをクリック。


<ガンジス谷の吹きさらしの砂> 5月2日

このイメージの複雑な堆積物の岩の層を覆う暗い吹きさらしの砂は、マリネリス峡谷システムの谷、ガンジス峡谷からNASAの火星偵察軌道船(MRO)によって捕えられた。これらの地形は地球の浜辺や砂漠で親しい。地球の大部分の砂丘は二酸化ケイ素の豊かな砂からなり明るい色を与えている。これらの火星の砂丘は、この領域に発見される鉄とマグネシウムの豊かな砂に起因して暗い色である。このマップはピクセルあたり25センチメートルのスケールで投影されており北は上である。

April 27, 2017   

大判はイメージをクリック。


<火星の溝の年代> 5月1日

この場所のインパクトクレータの急峻な傾斜の浸食された溝は、NASAの火星偵察軌道船(MRO)によって捕えられるこのイメージで完全に新しく見える。一見したところ溝の扇形の上にクレータが重ねられているように見えるかもしれないが、 HiRISE ステレオの検査では、このクレータが溝の地形以前にあったことを示している。この溝のチャンネルと凹所(アルコーブ)の特徴的な色は、若さと最近の活動の他の徴候を提供している。この以前の溝の光景は、近くのガサ・クレータ(Gasa Crater)からの第二クレータによって覆われており、約100万年と推測される。いくつかは火星の溝が約100万年でありまた異なる環境で形成されたことを示唆したが、我々は、今、それらが今日も形成され続けていることを知っている。このマップはピクセルあたり50センチメートルのスケールで投影されており、北は上である。

April 25, 2017   

大判はイメージをクリック。


<溝のあるクレータの冬の視界> 4月25日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)からのこのイメージは、火星の北半球で最も印象的な既知の溝の活動の場所を示している。溝は二酸化炭素の霜のために冬に活動的であるが、北の冬は南の冬より短くより暖かいので、少ない霜と溝のない活動がある。拡張されたカラーイメージの切抜きが明るいカラーを持つ最近の溝を示している。このマップはピクセル当たり50センチメートルである。北は上である。

April 18, 2017   

大判はイメージをクリック。


<ノクティス・ラビリンサスのメサ> 4月24日

NASAの火星偵察軌道船からこのイメージは、マリネリス峡谷の西の端の広範囲に破壊された領域、ノクティス・ラビリンス(夜の迷宮)の砂丘で囲まれた一つ、 0.4 キロメートルの小さなメサを示している。激しく浸食され、その地表に巨礫の集団と砂丘を持つ、この層になったメサは、恐らく、それが浸食されたときに掘り出された堆積物から成っている。その層自体は、メサの左下に沿った、かすかな帯として見える。このマップはピクセルあたり50センチメートルであり、北は上である。

April 12, 2017   

大判はイメージをクリック。


<メラス・カズマの傾斜(Clinoforms)> 4月21日

NASAの火星偵察軌道船からこのイメージにおいて、一群の急峻に傾斜した明るいトーンの層が、地層の不整合(unconformity:地学用語)によって上下を囲まれている。
地層の不整合(unconformity):
新しい素材の堆積より高い割合で既存の層の浸食が起きた「破断」を示す、一つ堆積から他への突然または不規則な変化
このメラス盆地の層になった堆積は、複雑なデルタの成長の間に堆積したのかもしれない。このシーケンスは、恐らく、素材が湖または川のフロアに堆積していた期間を表している。これはステレオペアの一つである。このマップはピクセルあたり25センチメートルのスケールでここに投影されている。北は上である。

April 11, 2017   

大判はイメージをクリック。


<南極の渦巻き> 4月20日

NASAの火星偵察軌道船による南極の層になった堆積のこの丘は、氷の層の浸食によって影響された。この丘は、浸食から層を保護し、丘の側面の浸食のパターンは美しい渦巻のパターンをつくっている。このマップはピクセルあたり 49.7 センチメートルであり、長さ149センチメートルのものまで解読できる。北は上である。

April 07, 2017   

大判はイメージをクリック。


<南の中緯度の新しいインパクト・サイト> 4月19日

大部分は HiRISE フォローアップを伴った、MRO のコンテキスト(概要)カメラによる、NASAの火星偵察軌道船からの前後の違いを示すイメージから、500を超える新しいインパクトが検出された。浅い氷を露出させているそれらの新しいクレータは特別な関心事であり、特に、以前には検出されなかった緯度で、氷の分布をよくマップしている。我々は、最近の気象の変化の理解のために、また、火星での将来の人間の資源として、可能性のある比較的低い緯度での氷の発見を期待している。
南緯 42.5 度で2016年8月と12月の間に起きたこの新しいインパクトは、もし氷が検出されるならば、重要な氷の制約範囲を提供するだろうが、この HiRISE カラーイメージでは氷が露出していることを示してはいない。火球が火星の大気で割れた間接的なインパクトに起因する新しいクレータに、またはクレータを解読するには小さ過ぎる暗い場所に、細長い集団がある。このマップはピクセルあたり25センチメートルであり、長さ75センチメートルのものまで解読できる。北は上である。

April 07, 2017   

大判はイメージをクリック。


< Saheki の隠された層のスニーク・ピーク> 4月18日

NASAの火星偵察軌道船(MRO)からこのイメージは、 ヘラス平原北方の火星の南の高地にある差渡し約84キロメートルの Saheki クレータである。それは、溶けた雪の可能性がある水が細かな素材を運んだときにできた美しい扇状地で満たされている。ファンが地下でどのように見えるかを我々に見せるように穴を掘り、二つの小さなクレータが Saheki の扇状地の地表にインパクトを与えた。我々は、クレータの内部の壁に沿って露出したファンが、この拡張されたカラーイメージでは白と紫の、複数の個別の層から成るのを見ることができる。ファンの層の褐色の円の形は小さなインパクトクレータである。このマップは、ピクセルあたり25センチメートルである。北は上である。

April 07, 2017   

大判はイメージをクリック。


<これはインパクトクレータ?> 4月17日

NASAの火星偵察軌道船の HiRISE 装置からのこのイメージは、南極の層になった堆積のインパクト構造かもしれない 円形の地形の、より詳細な観察を得るためにとられた。インパクトクレータの大きさと頻度の測定は、この光景の年齢の制約を提供する。しかしながら、氷の形のクレータは、それらを平坦にし変化させるプロセスで修正される。このことから、それがインパクトを起源に持っていたかどうかを確かに言うのは難しい。このマップはピクセルあたり50センチメートル、北は上である。

April 05, 2017   

大判はイメージをクリック。


<砂丘の亀裂> 4月14日

このイメージの中央のマウンドはこの場面を横断して南に進む(このイメージでは北は左である)砂丘の通り道をふさいだように見える。これらの横の砂丘の多くは南に向かうスリップ面を持っており、いくつかの例ではあるが、それが確実であると語るのは難しい。恐らくこのエリアの風向きの変動を示して、小さな砂丘がいくつかの大規模な砂丘に対して垂直に走っている。このグループの砂丘は幅35キロメートルのインパクトクレータの中央の穴に非常に近い。他の装置からのデータは、中央の穴に露出している岩に粘土のような素材の存在を示している。このマップはピクセルあたり50センチメートルである。

March 28, 2017   

大判はイメージをクリック。



TOP PREV