ハッブル、壮大なスパイラルを調査する
Hubble Studies a Spectacular Spiral

NASAのハッブル宇宙望遠鏡からの新しく公開されたこのイメージで、銀河 NGC 1961 が、その華麗な渦巻の腕を広げている。銀河の輝く中心に巻きつくダストの渦巻の腕に、明るく若い星達の、輝く青い領域が点在している。

NGC 1961 は中間渦巻きであり、 AGN (活動銀河核)の一種である。中間渦巻きは「棒状」と「非棒状」渦巻き銀河の間にあり、中心に明確に定義された星の棒がないことを意味ししている。 AGN 銀河は非常に明るい中心を持ち、特定の波長の光で銀河の他の部分をはるかに凌駕することが多い。これらの銀河達は、恐らく、それらのコアに超巨大ブラックホールを持ち、それらの進化を象る明るいジェットと風をつくり出している。 NGC 1961 は、低エネルギー帯電粒子を発する一般的な種類の AGN である。

このデータは、一つは以前には観測されていない ARP 銀河達の調査、他は様々な超新星の祖先と爆発を見る調査の、二つの提案から生まれた。

NGC 1961 は、キリン座の、約1億 8000 万光年にある。

大判はイメージをクリック。

Sept 14, 2022    


戻る