NASAのハッブル、初期宇宙の窓を提供する螺旋を描く星達を発見する
NASA'S HUBBLE FINDS SPIRALING STARS, PROVIDING WINDOW INTO EARLY UNIVERSE

研究者達が、近くの星の託児所で、渦巻が星の形成を醸成しているかもしれないことを発見した。

星は宇宙を彫る機械であるが、科学者達は、それらがどのように形づくられるかは未だに分かっていない。宇宙の歴史の初期に起こった星の誕生の熱気に満ちた「ベビーブーム」を理解するために、研究者達は、ミルキーウェイの衛星銀河、小マゼラン雲に向かった。この近くの銀河は、ミルキーウェイより単純な化学組成を持ち、重い構成要素が不足していた若い宇宙に発見される銀河達と類似している。このことは、初期の宇宙の代用として役立つことを意味する。

二つの別々の調査、ハッブル宇宙望遠鏡による最初の調査とヨーロッパ南天文台の大型望遠鏡 VLT による第2の調査は、最近、同じ結論に達した。この独立したチームは、異なる方法を使って、小マゼラン雲の NGC 346 と呼ばれる巨大な星の集団の中央に渦巻く若い星達の集団を発見した。このガスと星達の川のような動きは、星の誕生に燃料を供給する効率的な方法であると研究者は言う。これらのチームの結果は、小マゼラン雲における星形成のプロセスが、我々のミルキーウェイのそれと類似していることを示している。

 

<追記:更に詳細に>

渦巻く星達、初期の宇宙への窓を提供する

天文学者達は、天の川の衛星銀河である小マゼラン雲の巨大な星団の中心に渦巻く若い星を見つけた。 NGC 346 と呼ばれるこの巨大で奇妙な形の恒星の保育園の渦巻きの外の腕は、ガスと星達の川のような動きで星の形成を供給している可能性がある。これは、星の誕生を促進する効率的な方法だと研究者は言っている。
小マゼラン雲は天の川銀河よりも単純な化学組成を持ち、より重い元素が乏しかった若い宇宙に発見される銀河に似ている。このため、小マゼラン雲の中で星がどのように形成されるかを学ぶことは、ビッグバン(宇宙が現在の138億年前)から約20億〜30億年後の「ベビーブーム」を経験していた当時の、宇宙の歴史の初期の星の誕生の火の嵐がどのように起こったかについての新しいいきさつを加えている。--- 以下略。

以上は記事の一部の、かつ要約です。大判はイメージをクリック。ヨーロッパ宇宙機関の発表は こちら から。

Sept 08, 2022    



戻る