ハッブル宇宙望遠鏡、史上最大の彗星の核を確認
HUBBLE CONFIRMS LARGEST COMET NUCLEUS EVER SEEN

初期の太陽系の40億年の遺物がその道を向かっている。

深宇宙の住人彗星は、太陽系で最も古いオブジェクトの一つである。これらの氷の「レゴ・ブロック」は惑星構築の初期の痕跡である。これらは、太陽系から巨大な外惑星の間に、重力のピンボール・ゲームによって投げ出された。この追い出された彗星は、深宇宙の何十億マイルもの太陽系を囲む遠く離れた彗星の広大な宝庫、オールトの雲の住人になった。

空のロケットのように見せる典型的な彗星の壮観な数百万のマイルの長い尾は、この花火の中心の源が、ダストと混合した氷の固体の核、汚れた雪の玉(dirty snowball)であるという事実とは一致しない。大部分の彗星の核は差渡し数マイル(数キロメートル)であり小さな町に相当するが、ハッブルの天文学者達は、その誤りの覆いをとった。彗星 C/2014 UN271 (Bernardinelli-Bernstein) は径85マイル(136キロメートル)ほどの大きさかもしれない。

彗星 C/2014 UN271 は、天文学者達、Pedro Bernardinelli と Gary Bernstein によって、チリの セロトロロ汎米天文台 の暗黒エネルギー調査からの目録イメージで発見された。それは、2010年に初めて偶然に観測された。それを包んでいる巨大なダストのシェルから固体の核を区別するために、電波観測からの支援とともに2022年のハッブル観測が必要とされた。

この彗星は、今、太陽から20億マイル(32億キロメートル)弱にあり、数百万年で、そのオールトの雲のその巣の場所へ戻るだろう。

大判はイメージをクリック。図を見るために:1マイルは 1.6 キロメートルです。

April 12, 2022    


戻る