超新星の再爆発、2037年に予想される
RERUN OF SUPERNOVA BLAST IS EXPECTED TO APPEAR IN 2037

‎巨大銀河団、遠くの超新星からの光を拡大し複数の画像に分割する

‎ ‎人々は、何世紀にもわたって、将来の予測を行うことについて躊躇してはいないが、カレンダーにマークできる予測が一つある。2037年頃、超新星レクイエムの終焉の再現が深宇宙に登場する。(この部分大幅に省略)‎

‎この再現は、遠く離れた超新星の前にある巨大な銀河団のお陰であり、その光は地球に到達するために宇宙を100億年間移動してきた。巨大な集団の強力な重力は、特大の天体ズームレンズのように機能し、超新星からの光を拡大して歪め、複数のコピーに分割する。超新星レクイエムの三つの鏡像は、集団全体に弧のようなパターンで散らばってハッブル宇宙望遠鏡によって発見された。それぞれのイメージは、爆発の出来事の後の、異なる時間における、超新星の光のスナップショットである。‎

‎この新しい発見は、天文学者達が実際に到着時間の遅れを測定できる、画像化された超新星の3回目の例である。‎

‎彼らが忍耐強ければ、彼らは約16年後に爆発した星の4回目のコピーを見るだろう。‎

大判はイメージをクリック。

Sept 13, 2021    


戻る