ハッブル、ダストの星の託児所をのぞき込む
Hubble peers into a dusty stellar nursery

このような星形成領域の広大な雲の間には、我々の太陽系の形成についての潜在的な手掛かりを横たえている。

NASAとヨーロッパ宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡からの美しい星の託児所のこのイメージ AFGL 5180 は、ふたご座に位置している。

イメージ中央の大きな星は、イメージの右上と左下に広がる対の強力なジェットによって、雲を通して空洞をつくり爆破している。この星からの光は、大部分が逃げ出し、暗雲を貫く灯台のようにこれらの空洞を照らすことによって、我々に届いている。

星達はダストの環境に生まれ、このダストは壮観なイメージをつくるが、それらは、天文学者達が、星達がそれに埋められているのを見るのを妨げる。

ハッブルの広視野カメラ3(WFC3)装置は、 AFGL 5180 のような広大な星形成領域に隠されている若い星達をはっきり見ることができるように、可視光と赤外線光で詳細なイメージを捕えるように設計されている。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

Aug 27, 2021    


戻る