渦巻く銀河のポートレート
Portrait of a swirling galaxy

‎渦巻銀河 IC 1954 は、NASA/ESAのハッブル宇宙望遠鏡からのこのイメージの中央のステージを占めている。星座ホロロギウム(Horologium:時計)の、地球から約 4,500 万光年に位置するこの銀河は、明るい中央のバーとダストの暗い雲で満たされた怠惰に曲がりくねった渦巻きの腕を誇っている。

IC 1954 のこのポートレートは、ハッブルの広域カメラ3でとられ、ある望遠鏡チームの共同作業の一連の観測の一つである。ハッブルは近くの銀河の若い星の群を紫外線と可視光波長で観測し、地上の電波望遠鏡アタカマ大型ミリメートル/サブミリ波アレイ(ALMA)は、星形成ディスクと冷たいガスの雲に関するデータを収集した。これら2組の観測を組み合わせることで、天文学者達は、若い星達と冷たいガスの雲とのつながりを理解することができた。

これらの観測は、また、近くの銀河達をのぞき、また星の形成の最も初期のフェーズを観測するだろう、来るべきNASA/欧州宇宙機関/カナダ宇宙機関のジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡による将来の観測の基礎を築く。 ‎

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

Aug 06, 2021    


戻る