ハッブル、宇宙レンズを通して遠い銀河を見る
Hubble Views a Faraway Galaxy Through a Cosmic Lens

NASAとヨーロッパ宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡からのこのイメージの中央には、遠い銀河達の外見を歪め、拡大し、複製することさえできる、強い重力レンズから生じる弧によるフレームがある。

重力レンズは、中間にあるオブジェクトの天文学的な引力によって、遠い銀河からの光が微妙に歪められるときに起きる。このケースでは、比較的近くの銀河団 MACSJ0138.0-2155 が、新しい星達を形成するために求められるガスが尽きた、100億光年離れた MRG-M0138 として知られる眠っている巨人、顕著な遠い不非活動銀河をレンズ化している。

このイメージは、ハッブルに最終的な二回の保全ミッションの間に宇宙飛行士達によってインストールされた、ハッブルの最も先進的な天文学装置の二つ、調査用高性能カメラ(掃天観測用高性能カメラ)および広視野カメラ3を通して拡げられた、八つの異なる赤外線フィルタからの観測を使って創られた。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

July 23, 2021    


戻る