‎ハッブル、銀河のデュオを垣間見る‎
Hubble Glimpses a Galactic Duo

‎NASA/ESAのハッブル宇宙望遠鏡の広視野カメラ3(WFC3)を使って撮られたこの壮大な画像では、二つの巨大な銀河が注目される。左側の銀河はレンズ状銀河であり 2MASX J03193743+4137580 と名付けられている。右側の側面の渦巻銀河は UGC 2665 と名付けられている。二つの銀河達は地球から約3億5千万光年に広がり、何れも巨大なペルセウス銀河団の一部を形成している。‎

‎‎ペルセウス銀河集団は、このイメージには僅かのみが見られる、何千もの銀河達からなる既知の宇宙で最も大きいオブジェクトの一つである。このイメージの素晴らしい詳細は、このイメージで捕えられた波長、可視光線と近赤外線光の WFC3 の強力な解像度と感度のおかげである。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

July 09, 2021    


戻る