ハッブル、羽毛の渦巻を見る
Hubble Spots Feathered Spiral

NASAとヨーロッパ宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡からのこのイメージの銀河によって示された渦巻のパターンは、優雅な、羽のような特徴のために驚異的である。これらの「羊毛のような」渦巻の腕は、この NGC 2775 として知られている銀河の星の構成の最近の歴史が比較的静かだったことを示している。実際に銀河の中心部に星の構成がなく、そこでは、ガスの全てが遠い昔に星達に変わった、異常に大きく比較的空(から)の銀河のバルジによって支配されている。

NGC 2275 は、羊毛の(または綿毛のような様の)渦巻銀河として分類され、かに座の 6700 万光年にある。

ダストの暗いレーンと組み合わされた、何百万もの明るい、若い、青い星が、複雑な、羽のような渦巻の腕で輝いている。これらの熱く青い星達の複合体は、近くのガスの雲の中で星の形成を起動させていると考えられている。これらの腕の全体的な羽のような渦巻のパターンは、その後、この銀河が回転したときに、ガスの雲を剪断することによって形成された。この羊毛の銀河達の渦巻の特徴は、際立った、明確な渦巻を持つ、壮大なデザインの渦巻達と対照を為している。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

July 02, 2020    


戻る