金髪娘の星は生命を探す最良の場所である
Goldilocks Stars Are Best Places to Look for Life

オレンジの矮星達は恐らく最も惑星を宿している。

今日の天文学者達は、他の星(注:恒星)達の軌道を周っている 4,000 を超える惑星を発見してきた。統計的には我々のミルキーウェイ銀河には一千億以上の惑星があるだろう。それらは広範囲にわたる大きさと特徴を持ち、系外惑星が1990年代半ばに最初に発見される以前にはほとんど想像することができなかった。これらの世界を読むための最大の動機は、生命が起こり微生物を越えて進化した「ジェネシスⅡ(Genesis II)」の惑星を発見することであった。最終的な報酬は地球以外の知的生命を発見することだろう。

ハビタブル(注:生物居住可能な)惑星達を捜す探査の大きなステップは、それに適した星達を探すことである。我々の太陽は40億年近くの間地球に生命を育んできたことから、常識的には、そのような星達が最も重要な候補であることを示唆しているだろう。しかし、我々の太陽のような星は、ミルキーウェイの住民の僅か約10%に過ぎない。その上、それらは比較的短命である。我々の太陽は、その推測される約100億年の生涯の半ばにある。

複雑な生物は地球上には僅か5億年前に現れた。そして、人間の最新の形は、宇宙論的な時間スケールではほんの瞬きの瞬間、僅か20万年である。人類の将来は分かっていないが、確かなことは、太陽が更に暖かくなり地球を乾燥させる10億年と少しで、高度な生命にとって居住に適さなくなるだろう。

したがって、オレンジ矮星達(orange dwarfs)と呼ばれる我々の太陽より僅かに冷たい星達が、進んだ生命にとってより良いたまり場になると考えられる。それらは何百億年も着実に燃えることができる。これは、たくましい生命の形をもたらす無限の試みを追い続ける生物学的進化にとって、広大な時間の景観を開く。また、我々の太陽のような全ての星に対して、ミルキーウェイの多くのオレンジ矮星達は3倍ある。

更に豊富な星の唯一のタイプは赤色矮星達である。しかし、これらは攻撃的な小さな星達である。それらは磁気的にとても活動的であり、我々の太陽が行うより500倍もX線と紫外線の形で多くの放射線を噴出する。これらの星達を周る惑星達は打撃を受ける。それらは我々のような生物のためのホームと呼ぶ場所ではない。

ハッブルと他の望遠鏡で行なわれた星の調査によって強められた一つの現れたアイデアは、宇宙時間の広大な地平線の向こうの、生命にフレンドリーな惑星達を宿す、熱過ぎず、冷た過ぎず、しかもあまり激しくない、オレンジ矮星達「金髪の星達(Goldilocks stars)」である。

大判はイメージをクリック。

Jan 08, 2020    


戻る