ハッブル、最も小さな既知の暗黒物質の塊りを検出する
Hubble Detects Smallest Known Dark Matter Clumps

気味悪い暗黒物質、宇宙の拡大鏡によって小さな集中で発見される。

暗黒物質を捜すとき、天文学者達は一種の「幽霊狩り(ghost hunt)」の一種に行かなければならない。それは、暗黒物質が直接見ることができない見えない物質だからである。それは、それでも、宇宙の質量の大半を占め、銀河が造られる足場を形成している。暗黒物質は銀河達ならびに銀河集団を保つ重力の「接着剤」である。天文学者達は、その重力がどのように星達と銀河達に影響を及ぼしているかを測定することによって、その存在を間接的に検出することができる。

この神秘的な物質は、星達、惑星達、人々をつくる同じものから成ってはいない。その素材は通常の「バリオン」物質であり、電子、陽子、中性子から成っている。しかしながら、暗黒物質は通常物質と弱く相互作用する、ある種類の未知の亜原子粒子であるかもしれない。

ある一般的な理論では、暗黒物質の粒子はあまり速くは動かず、彼らをより容易に塊りにする。このアイデアによれば、宇宙は、大小の暗黒物質の濃度の幅広い視界を含んでいる。

天文学者達は、大型のまた中型の銀河達の周りに、暗黒物質の塊りを検出した。今、ハッブルと新しい観測技術を使って、天文学者達は、暗黒物質が、以前に知られているより非常に小さな塊りを形づくることを発見した。

研究者達達は、宇宙を通して旅するとき、遠いクエーサからの光がどのように影響を受けるかを測定することによって、ハッブル・データで暗黒物質の小さな集中を捜した。 クエーサ は、非常に遠い銀河達の、明るいブラックホールにパワーを与えられたコアである。このハッブルイメージは、これらのクエーサイメージからの光が、大規模な手前の銀河達の重力によって、重力レンズと呼ばれる影響で歪められ拡大されることを示している。天文学者達は、小さな暗黒物質の塊りを検出するために、このレンズ効果を使った。この塊りは、手前のレンズ化している銀河達の中と周りとともに、クエーサへのこの望遠鏡の視線に沿った位置にある。

大判はイメージをクリック。

Jan 08, 2020    


戻る