ハッブル、引き伸ばされた小惑星がバラバラになるのを見る
Hubble Watches Spun-up Asteroid Coming Apart

高速で回転する小惑星が宇宙にダストを投げる。

天文学者達は、かつて、小惑星は、単に太陽を周る、退屈な、わがままな宇宙の岩であると考えていた。これらのオブジェクトはSF映画にのみ劇的に存在した。しかし、最近の観測は、小惑星が決して単調ではないということを示している。実際に、それらは、素材を放棄し始めるまでゆっくり回転する、日光の長い間の微妙な影響のために最終的に崩壊することがあるダイナミックな活動的世界である。NASAのハッブル宇宙望遠鏡を含むいくつかの望遠鏡が、小惑星(6478)ゴールト(Gault)の段階的な自身の崩壊を捕えた。ハッブルからのイメージは、ダストの破片の流れの、二つの細い、矮小な小惑星からの彗星のような尾を示している。

全体で数マイルの多くの瓦礫のゴールトにとって、僅かな日光がその段階的な終焉のステージをセットする。ゴールト自身の非対称の形と調和する日光の力は、1億年以上の間にわたって小惑星の回転速度を上げた。推定される回転レートは1万年ごとに1秒である。

今日、この小惑星は2時間ごとに1回回転し、その速度はもはやその表面の素材を保つことができないほど高速である。おそらく小石のインパクトや圧力を加えられた素材の過ちなど、ごくわずかな撹乱が崩壊を引き起こすかもしれない。ダストは、恐らく数時間から数日までのいつかに終わる、地滑りに起因する穏やかな短い爆発で小惑星の表面を離れる。これらの粒子は、人間が散歩する速度で、ゴールトの表面から浮き去る。この穏やかなプロセスは空気の中に小麦粉を散らすようであり、そこでは風(ゴールトのケースでは日光)が長い流れの中に破片を引き伸ばす。

天文学者達は小惑星の将来の出来事を監視するだろう。火星と木星の間には約80万の小惑星が住むことが知られており、それらは1年におよそ一つの割合で離れるかもしれない。

大判はイメージをクリック。

March 28, 2019    


戻る