ハッブル、宇宙の近隣に偶然新しい銀河を発見する
Hubble Accidentally Discovers a New Galaxy in Cosmic Neighborhood

Bedin 1 の抽出
孤立した星の街は初期宇宙からの化石である。

宇宙は非常にごった返している。星達、銀河達の無数の島の街達が背景につづれ織りを形づくっている。ホームに非常に近いのは、大部分が我々のミルキーウェイ銀河の中にある、星雲、星の集団や多彩な他の手前の天のオブジェクトである。宇宙の広大さにもかかわらず、オブジェクトは互いの前面を得る傾向がある。

これは、天文学者達が、我々のミルキーウェイのハローの 13,000 光年にある、球状星団 NGC 6752 を撮るためにハッブル宇宙望遠鏡を使ったときに起きた。「 ウォーリーを探せ?(Where's Waldo?) 」の天のゲームにおいて、ハッブルの鋭い視力は、遠い集団の混雑した星の背後にあるかつて見たことがない矮小銀河を発見した。この一匹狼の銀河は、(手前の集団より約 2,300 倍遠い)僅か 3000 万光年の、我々の宇宙の裏庭にある。

このオブジェクトは、その最も大きな広がりで僅か約 3,000 光年(ミルキーウェイの直径の僅か30分の一)であり、またミルキーウェイより約 1000 倍暗いと測定されるので、 矮小楕円体銀河(dwarf spheroidal galaxy) のクラスに分類される。

その130億年の年齢と、他の銀河達との相互作用が難しかったその孤立の故に、この矮小銀河は、初期宇宙からの生きた化石に相当する。

この科学チームの成果は、王立天文学会の月報で、2019年1月31日にオンラインで発表されるだろう。

大判はそれぞれのイメージをクリック。

Jan 31, 2019    


戻る