ハッブル、そのガスを失いつつ飛び込む銀河を見る
Hubble Sees Plunging Galaxy Losing Its Gas

一つの銀河、星を作る素材を失いつつ突入し血を流す

二つの仲間と三つの集まり。しかし数千もの乱舞するピット。それは 1,000 を超える銀河達の巨大なかみのけ座銀河団の例である。

ハッブルは、大規模な集団の中心に向かって飛び込む、銀河間の媒体を切って進むように粗暴な、そのガスを失いつつある気まぐれ渦巻銀河を見つけた。隠しおおせない証拠は、銀河のコアから銀河間宇宙の中にタフィーのように伸びている長く薄い素材の流れである。ガスは新しい星の誕生に燃料を供給する銀河の血液である。この D100 と名付けられた銀河はガスの全てをはぎ取られると引退させられ、その年老いた赤い星達の弱々しい輝きのみで輝くだろう。

D100 は、混雑した集団の中の巨大な弱い者いじめの銀河達のグループの重力引きによってそのガスがはぎ取られている。それらの結ばれた重力は、集団の中心に向かって取り巻く銀河を引いている。 D100 がコアに向かって落ちるとき、この銀河は素材を通して疾走する。この動きは銀河からガスを追い出す。

この D100 のガスを失うプロセスはおよそ3億年前に始まった。大規模なかみのけ座銀河団におけるこの激しいガス消失のプロセスは多くの銀河達に起きている。しかし D100 ではいくつかの点でユニークである。その約 200,000 光年に伸びる長く薄い尾は、その最も変わった形である。しかし、その鉛筆のような構造は相対的に狭く幅僅か 7,000 光年である。有難いことに、我々のミルキーウェイ銀河は、僅かに一つの他の大きい銀河をコンパニオンとして、宇宙の中の人口のまばらな小さな片隅に生きている。

大判はイメージをクリック。

Jan 24, 2019    


戻る