赤色矮性達を周っている若い惑星達は、生命のための成分に欠けているのかもしれない
Young Planets Orbiting Red Dwarfs May Lack Ingredients for Life

素材の巨大な塊が星のディスクを払っているのかもしれない。

我々の太陽は、我々のミルキーウェイ銀河の星の中で最も大量のタイプの一つではない。その認定は我々の太陽より小さく冷たい赤色矮性達に向かっている。実際に、赤色矮星は、おそらく、我々の銀河の惑星の大半を含み何十億もの世界を数えるかもしれない。NASAのケプラー宇宙望遠鏡やその他の天文台による調査は、これらの小さい星の回りに岩の惑星が一般的であることを示した。これらの岩の世界のあるものは、いくつかの近くの赤色矮性達の生物生息可能域の中を周っている。そのような世界の温暖な気象は、それらの表面に海が存在し、恐らくが生命を育てるのを許しているかもしれない 。

これは良い知らせである。その悪い知らせは、これらの岩の惑星の多くが我々が知っているような生命にとって必要な成分、水と有機素材を宿していないかもしれないということである。「乾燥した」惑星として形成された地球は、外部太陽系システムから到着する彗星や小惑星から氷の素材によって、数億年以上も種をまかれてきた。

もし同様な生命を育てるプロセスが赤色矮性達の周辺の惑星に必要ならば、それらは問題を抱えているかもしれない。ハッブル宇宙望遠鏡とチリの欧州南天文台の大型望遠鏡VLT(VLT)を使っている調査者達は、けんびきょう座(AU Mic)の若く近くの赤色矮星を周っている、急速に減少しているダストとガスのディスクを発見した。このディスクは、速く動く素材の塊によって彫られており、恐らく含有する水やその他の揮発性物質であるシステムの小さな粒を押し出して除雪装置のような動きをしている。天文学者達はこの小さな塊がどのように始まってかを未だ知らない。一つの理論は、荒れ狂う星からの強力な質量放出がそれらを追い出しているというものである。このようなエネルギーに満ちた活動は、若い赤色矮性達の間では一般的である。

もしけんびきょう座周辺のディスクが現在のペースで消え続けるならば約150万年でなくなるだろう。それは宇宙の時間ではまばたきの瞬間である。彗星と小惑星のような小さな天体はその短い間にディスクから払われるかもしれない。しかしながら、惑星は位置を変えるには大き過ぎる。彗星や小惑星の素材からの増強なくしては、惑星は、乾燥し、ダストまみれになり、生命なしで終わるかもしれない。

大判はイメージをクリック。

Jan 08, 2019    


戻る