ハッブル、今年の最も明るい彗星の詳細な観察を得る
Hubble Takes a Close Look at the Brightest Comet of the Year

46P/ウィルターネン、休暇中のショー

12月13日、NASAのハッブル宇宙望遠鏡は、 5.4 年ごとに太陽を周る周期彗星、彗星46P/ウィルタネン(46P/Wirtanen)を撮った。これらの観測は、この彗星が地球に最接近する数日前の、地球から700万マイル(1020万キロメートル)を通過した12月16日にとられた。天文学者達は、ガスとダストの彗星内部の雲(コマ)を詳細に調査するために、この異常に近い接近の有利さを使った。彼らのゴールは、ガスが核の氷からどのように放出されているか、彗星の氷が何で構成されているか、コマのガスが日光や太陽の輻射によってどのように化学変化を起こすかを調査することであった。このイメージでは、彗星の核は、彗星のコマからの不鮮明な輝きの中央に隠されている。

大判はイメージをクリック。

Dec 20, 2018    


戻る