ハッブル、深部を行く
Hubble Goes Deep

ハッブル深部 UV (HDUV)遺産調査からのこのイメージは、 GOODS 南フィールドとして知られる、ろ座の一部の 12,000 の星形成銀河達を含んでいる。NASA/ヨーロッパ宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡を使っている天文学者達は、紫外線光イメージの追加によって、遠い宇宙の星の誕生の火と猛威の、最も大きなパノラマの眺望を捕えた。

ハッブルの紫外線の視力は、ビッグバンの約30億年後に起きた宇宙で最も忙しい星形成期間までの、最近の110億年の間の星達の誕生を追って、進化する宇宙に新しい窓を開けている。

これまで、紫外線光は、宇宙のパズルの失った片を持っていた。今、赤外線、可視光線、ハッブルと他の宇宙の、また地上ベースの望遠鏡からのデータを結合して、天文学者達は、これまでの宇宙の進化の歴史における最も包括的なポートレートをまとめた。このイメージは、赤外線でのみ見ることができる非常に遠い銀河達と、異なる波長全体で見ることができるより近い銀河達の間のギャップにまたがっている。遠い銀河達の遠い星形成領域からの光は紫外線で始まったが、宇宙の膨張が赤外線の波長の光に遷移させた。遠くと近くの宇宙における星の構成のイメージを比較することによって、天文学者達は、近くの銀河達が、遠い昔に熱く若い星達の小さな塊からどのように成長したかをよく理解することができる。

この観測プログラムではハッブルの広視野カメラ3の紫外線の視力を利用した。この調査は以前の CANDELS ディープフィールドのデータに基づき、拡張している。この合成は、2014年に公開された、ハッブルの紫外線ウルトラディープフィールドのエリアの14倍である。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

Dec 14, 2018    


戻る