ハッブル、失われた世界を捜し急速に蒸発する系外惑星を発見
In Search of Missing Worlds, Hubble Finds a Fast Evaporating Exoplanet

大気が漏れて系外惑星が縮んでいる。

不安定に星達に近い太陽系外惑星を捕まえる際に、天文学者達は、異国の世界のあるタイプの欠乏を発見した。それは、地球と太陽の間の 9,300 マイル(14,880 万キロメートル)より非常に近い、星から数百万マイル(数百万キロメートル)を周っている海王星サイズの世界の、予測されたクラスである。「ホット・ネプチューン(熱い海王星)」と呼ばれるこれらの惑星達は、銀を溶かすのに十分な熱さ華氏 1,700 度(摂氏 925 度)以上まで熱せられた大気を持っている。

しかしながら、この神秘的な熱い海王星の欠乏は、これらの惑星が珍しいことを、あるいはそれらがかっては豊富だったが、その後消えたことを示唆している。実際に、既知の海王星サイズの系外惑星の大部分は、天文学者達が熱い海王星達を発見することを期待している領域よりも星達から離れて周っているので僅かに暖かいに過ぎない。

天文学者達は、これまでに、それらの大気を宇宙に漏らしている二つの暖かい海王星を発見した。最も最近の発見、 GJ 3470b としてカタログ化されている惑星は、以前に発見された蒸発している暖かい海王星(GJ 436b)より100倍高速でその大気を失っている。

これらの発見は、これらの遠い世界のより熱いバージョンが、その最終的な運命が、地球より大きいが海王星より小さい、重い、水素に支配された大気を持つ惑星、既知の系外惑星(ミニ海王星)で最も一般のタイプまで縮むことになる、一時的な惑星のクラスかもしれないというアイデアを補強している。最終的に、これらの惑星は、より大規模な地球の岩のバージョン、スーパーアースになるように更に小型化するかもしれない。もし GJ 3470b が急速に質量を失い続けるならば、それは、また、恐らく、数十億年で、ミニ海王星にやせ細るだろう。

大判はイメージをクリック。

Dec 13, 2018    


戻る