祝賀の銀河の写真、NASAの最初のハッブル保全ミッションの25回目の記念日を祝う
Celebratory Galaxy Photo Honors 25th Anniversary of NASA's First Hubble Servicing Mission

渦巻銀河 M100 のポートレートがハッブルの可視光線の修理を実証する。

過去28年の間、ハッブルは、近くまた遠くの、宇宙の至る所で数えきれない銀河達を撮ってきた。しかし、一つの 5,500 万光年離れた特に写真写りの良い銀河が、ハッブルの歴史で特別な場所を維持している。NASAは、1993年に、ハッブルの主鏡の製造上の欠陥であるぼんやりした視力を修正する計画を立て、予定された可視光線の解決策を実証する、いくつかの天文学上のオブジェクトを選んだ。この大規模かつ壮大な渦巻銀河 M100 は、ハッブルの視界のフィールドに適合する理想的なターゲットであった。これはハッブルが未だかすんだ目の間にとられた写真との比較が求められた。広域/惑星カメラ1(Wide Field/Planetary Camera 1)がこの作業のために選ばれた。そして、1993年12月に、宇宙飛行士達が視力を修正された広域/惑星カメラ2に交換する前に、この写真が撮られた。この保全ミッションの後、ハッブルは、非常に明瞭な焦点の、この銀河を再び撮った。大衆は、ハッブルの成功した、約束された明瞭な視力を祝った。後に続いた広大な宇宙の写真は宇宙狂を失望させなかった。宇宙飛行士達の保全ミッションの故にハッブルの能力は更に良くなった。この最初の保全ミッションの25回目の記念日を祝って、この二つのパネルの写真は、保全前の1993年のぼんやりしたイメージを、宇宙望遠鏡の最後の宇宙飛行士達の保全ミッションでインストールされた、ハッブルの新しい広域カメラ3(Wide Field Camera 3)でとられた2009年のイメージと比較している。

大判はイメージをクリック。

Dec 04, 2018    


戻る