ハッブル、超新星のもつれ合った残骸を捕える
Hubble Captures Tangled Remnants of a Supernova

もつれ合った宇宙の版

この暗いもつれたウェブは SNR 0454-67.2 と名付られたオブジェクトである。それは、非常に激しい様相で形成され、大規模な星が激動の爆発の末にその生命を終え、周辺の宇宙にその構成素材を投げ出した超新星の残骸である。これは、暗い荒れ狂った雲の中の曲がりくねった赤い筋とともに、このNASAとヨーロッパ宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡イメージに見る汚れを構成した。

SNR 0454-67.2 はミルキーウェイに近い矮小渦巻銀河マゼラン雲にある。この残骸は恐らくタイプ Ia 超新星爆発の結果である。この超新星のカテゴリは、臨界質量に達し続いて爆発するまで星のコンパニオンから素材を吸い上げることによって成長する白色矮星の死から形成される。それらは、常に特定のメカニズムを通して形づくられるので、これらの爆発は常に良く知られた光度を持ち、科学者達が宇宙を通して距離を得、測定するための目印(標準燭光)として使われる。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

Nov 30, 2018    


戻る