NASAのハッブル回復のシーンの陰で
Behind the Scenes of Recovering NASA's Hubble

オペレーション・チームの激務のおかげで、ハッブルは、三つの稼働するジャイロによって、最大限の科学能力に戻った。

2018年10月27日の早朝、ハッブル宇宙望遠鏡は、星座ペガサスの大四辺形 から遠くない銀河達のフィールドを目標とした。このフィールドに含まれているのは110億光年以下の星形成銀河達であった。その視界を目標にして、ハッブルの広視野カメラ3は一つのイメージを記録した。これは、3週間前に宇宙に対する目を閉じ、再度宇宙を探査する望遠鏡を得るために技術者達と専門家達の全てのチームが疲れを知らずに働いた結果、この望遠鏡で捕えられた最初の写真であった。

大判はイメージをクリック。

Nov 27, 2018    


戻る