ハッブル、世代を横断する星達を捕える
Hubble Captures Stars Across Generations

星団は宇宙を通した一般の構造であり、それぞれが重力によって全て結びつけられた何十万もの星達から成り立っている。NASAとヨーロッパ宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡の広視野カメラ3(WFC3)でとられたこの星に満ちたイメージは、それらの一つ NGC 1866 を示している。

NGC 1866 は、ミルキーウェイの近くの小さな銀河、大マゼラン雲の端に発見される。この集団は、その経歴の間に何千もの星達と深宇宙のオブジェクトのカタログをつくったスコットランドの天文学者ジェームズ・ダンロップによって、1826年に発見された。

しかしながら NGC 1866 は普通の集団ではない。それは、その星達が個々に調査することができるほど十分に我々に近く、一つの驚くほど若い球状星団である。球状集団がどのように形成されるかの議論は依然としてあるが、この種の観測では、これらの星達の大部分が古く、低い金属量を持つことを明らかにしている。天文学においては金属(metals)は水素とヘリウムを除くすべての元素であり、星達は、彼らの生涯を通して核融合を行い、そのコアの中に重い元素を形成する。球状星団の中のこれらの星達は非常に古く、実際には、それらがビッグバンの後の非常に早い時期のものである可能性がある。

しかしながら、 NGC 1866 の場合は、全ての星が同じであるというわけではない。星達の集団の中には異なる住民または世代が共存していると考えられる。一旦最初の世代の星達が形成されると、その集団は星形成の新しい波を誘発し、それがなぜ驚くほど若いかを説明する、巨大なガスの雲に遭遇したかもしれない二番目の若い世代の星達の生成を引き起こす。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

Nov 26, 2018    


戻る