天文学者、超新星の後に星の可能性を発見
Astronomers Find Possible Elusive Star Behind Supernova

ハッブルの目録イメージが運命づけられた星を発見するために使われた。

大規模な星の生命の終わりの爆発は宇宙で最も強力な爆発の一つである。激しい星の死によって放出される素材は、新しい星達や惑星システム達の素材になる我々の銀河を重い元素で豊かにする。天文学者達は、爆発前のイメージに、運命づけられた祖先の星達を懸命に捜してきた。これらの星達の調査は、星の進化を更によく理解するために役立つかもしれない。

これらの要求がいくつかの超新星前の星達を掘り起こした。しかし、これらの超新星達の一つのクラスの運命づけられた星達、タイプ Ic 超新星として爆発する巨大な星達は発見を逃れてきた。我々の太陽の質量の30倍以上と測定されるこれらの星達は、彼らの大変動の死の前に水素とヘリウムの層を失う。調査者達は、それらが大きくて明るいので、見つけやすいだろうと考えた。しかしながら、それらは空(から)であった。最終的に、天文学者達は2017年に幸運にめぐまれた。近くの星がタイプ Ic 超新星としてその生命を終えた。研究者達の二つのチームが、2007年にとられた爆発前の写真の中に推定される前駆の星を見つけるために、ハッブル・イメージの目録を熟読した。およそ 6500 万光年の位置にある Sn 2017ein としてカタログ化されたこの超新星が、近くの渦巻銀河 NGC 3938 の中央近く見られた。

候補の星の色の分析は、それが青く極めて熱いことを示した。二つのチームは、その評価に基づいて、この源の正体の二つの可能性を示唆している。この祖先の星は我々の太陽より45~55倍大きな一つの星であるかもしれない。別の考え方では、それは、これらの星達の一つが我々の太陽の質量の60から80倍の大きさであり、また他は約48の太陽質量の重さである二重星システムであったかもしれない。この後者シナリオでは星は近接して周っており、互いに相互作用している。より大きな星は、近くのコンパニオンによってその水素とヘリウムの層をはぎ取られ、最終的に超新星として爆発する。

大判はイメージをクリック。なお、更なる記事とイメージはこちら(英語)から。

Nov 15, 2018    


戻る