ハッブル、孤独な青い矮星を見る
Hubble Spots a Lonely Blue Dwarf

NASAとヨーロッパ宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡の広視野カメラ3からのこの魅惑的なイメージは、地球から1億光年の孤独な矮小銀河を示している。このイメージは、みなみのかんむり座に見られる青いコンパクトな矮小銀河 ESO 338-4 を示している。

青いコンパクトな矮小銀河は、それらのコアの中に多く見られる強く青い星形成領域からその名前がとられている。貪欲に水素を消費している明るく若い星達が住んでいる ESO-338-4 に、そのような領域が埋め込まれているのを見ることができる。これらの大規模な星達は、それらの水素燃料の膨大な補充にもかかわらず短い存在の運命にある。これらの星達のコアの核反応は、天文学の言葉でほんの一瞬の、僅か何百万年で、これらの補充用品を通しても燃えるだろう。

このイメージの中央のダストとガスの雲の中にある若く青い星達は、漂流する銀河と ESO 388-4 との間の最近の合併の結果である。この銀河の相互作用は ESO 338-4 を囲むガスとダストの雲を壊し、星達の新しい住民の急速な形成につながった。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

Nov 13, 2018    


戻る