天文学者達、衝突する銀河達で発達するブラックホールを明らかにする
Astronomers Unveil Growing Black Holes in Colliding Galaxies

近くの銀河達のコアの最大の赤外線調査が併合のプロセスにあるブラックホールを明らかにしている。

それらの多くは他の銀河との重力の遭遇に必死に取り組んでいる。これらの写真は、不規則な形に伸ばされ引かれた、完全なピンホィールのパターンを示している。ガスとダストの流れが銀河達から宇宙に流れている。そして、この混乱した、若い束の、木の光のように輝く青い星達は、銀河の遭遇によって引き起こされたダストとガスによって燃料を供給されている。いくつかの銀河達にとって、通過する銀河達による強力な出会いは最終的に融合で終わるだろう。

しかし、これらの併合している銀河達のダストのコア内部の視界奥深くに隠されているのは、それらが最終的な組合わせに向かう超巨大ブラックホールのゆっくりしたダンスである。可視光線はこれらの覆われた中央領域を透過することができないが、X線のデータが引き合うブラックホールを検出した。また、鋭い目のハッブル宇宙望遠鏡とハワイの W. M. ケック天文台からの近赤外線イメージを分析している天文学者達は、今では互いの方向へゆっくり動くブラックホールの接近したペアの、これまでで最高の視界を提供している。

この調査は銀河達のコアに関する近赤外線光の最も大規模な調査である。これらのハッブルの観測は、その広大な目録からの20年を超える価値あるスナップショットを表している。この調査は、地球から平均3億 3000 万光年の距離にある銀河達を目標としている。

これらの調査は、銀河の融合の最近の1億~2億年間にブラックホールがより早く成長したことを示すコンピュータシミュレーションを、天文学者達が確認するのに役立っている。ハッブルとケック天文台のこのイメージは、ブラックホールが僅か約 3,000 光年離れたときの、この最後の段階でのクローズアップの視界を捕えた。この調査は、天文学者達がブラックホールがどのように大きくなったかを理解する上での、銀河の出会いの重要性を示している。

これらの怪物ブラックホールは、また、最近検出された時空の波紋の一種、重力波の形で強力なエネルギーを行使している。これらのイメージは、また、銀河の融合がより頻繁だった頃の、初期の宇宙でより一般的であったであろう環境のクローズアップをも提供している。

大判はイメージをクリック。

Nov 07, 2018    


戻る