ハッブル、新生の星達の検索で微笑む顔を発見する
Hubble Finds Smiling Face in a Hunt for Newborn Stars

NASAとヨーロッパ宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡の広視野カメラ3(WFC3)でとられたこのイメージは、全ての形、色、大きさの銀河達で満たされた宇宙の一片を示し、その多くは銀河集団 SDSS J0952+3434 に属している。

中央下には微笑む顔に似た銀河達の構成がある。二つの黄色の小さな塊が大きな曲線の光の弧の上に掛かっており、下の円弧状の銀河は、重力レンズ化された銀河の特徴的な形を持っている。その光は大規模なオブジェクトの近くを通過し、歪められ引き伸ばされている。

ハッブルは、宇宙を通して、新しい星がどのように生命を湧き起こすかを理解するための努力としてこのイメージを捕えた。 WFC3 は、先例のない十分な解像度で遠い銀河達を見ることができる。

ガスの巨大な雲の中で星達が生まれている。これらの大規模な雲または星の託児所は不安定になり、重力の下で崩壊し始め、新しい星達の種になる。異なる星の託児所の光度、大きさ、構成を分析することによって、科学者達は、新生の星の構成につながるプロセスを学ぶことを期待している。異なる銀河達の中の託児所の調査は、宇宙全体の時と宇宙の異なるポイントでの星の構成に関する情報を提供するだろう。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

Nov 02, 2018    


戻る