NASAのハッブル宇宙望遠鏡、科学オペレーションに戻る
NASA's Hubble Space Telescope Returns to Science Operations

三つのジャイロスコープの全て、通常に戻る

東部夏時間10月5日にセーフモードに入って以来、ハッブルは、10月27日土曜日午前2時10分(日本時間10月27日土曜日午後3時10分)に、その初めての科学オペレーションを終えた。この科学の復帰は、3週前に故障したジャイロを交換した、バックアップのジャイロスコープを成功裏に置き換えた後にもたらされた。ハッブルは、今、その通常の科学オペレーション・モードで、三つの完全に機能的なジャイロに戻っている。当初15年の継続を求められたハッブルは、今、28年を越えて科学的な発見の最前線にある。チームは、この望遠鏡が次の10年にも驚くべき発見を与え続けるだろうと期待している。

大判はイメージをクリック。

Oct 27, 2018    


戻る