ハッブル、カシオペアの幽霊を捕える
Hubble Captures the Ghost of Cassiopeia

ガスとダストの半透明のベールがエーテルのように見える。

我々の銀河を通した星雲に埋められている最も明るい星達は、新しい星達をつくるための原料となる水素ガスの広大な雲を浸食する放射線の奔流を流出している。この彫り刻むプロセスは、人間の想像力があらゆる形と図に見ることができるファンタジーな光景を彫っている。カシオペア座の星雲は「ゴースト星雲」と名付けられたガスとダストの流れるベールを持っている。この星雲は、肉眼で容易に見ることができる、星座を形づくる特徴的な「W」型の中心の、ガンマ・カシオペアと呼ばれる近くの青い巨大な星からの放射線の連続によって吹かれている。このハッブル宇宙望遠鏡の視界は、扇形を形づくる、そこから素材が吹き払われている星雲の、気味悪い様の上部にズームインしている。IC 63 は550光年離れて位置している。

大判はイメージをクリック。可視光線と近赤外線イメージの交互の動画はこちらから。

Oct 25, 2018    


戻る