若い赤色矮星達からのスーパーフレア、惑星を危険にさらす
Superflares From Young Red Dwarf Stars Imperil Planets

エネルギーに満ちた爆発は惑星の大気をはぎ取るかもしれない

「HAZMAT」という語は危険を暗示している。このケースでは、それは宇宙のスケールであり、そこでは、小さな、若い星達からの沸騰するガスの激しい炎が全ての惑星を住めなくするかもしれない。NASAのハッブル宇宙望遠鏡は、 HAZMAT (HAbitable Zones and M dwarf Activity across Time:生物生息可能域と時を横断するM矮小活動)と呼ばれる大きな計画によって、そのような星達を観測している。これは、天文の円における「M矮星」と呼ばれる、若い、中間の、古い、三つの異なる年齢の赤色矮星の紫外線調査である。

我々の銀河のこれらの星達の概ね4分の三は赤色矮星である。銀河の「生物生息可能域」の惑星の大部分はこれらの小さな星達を周っている。しかし、若い赤色矮星は、大気の化学に影響し、これらの幼少の惑星の大気を剥ぎ取るかもしれない激しさで百万度のプラズマを吹き出す、紫外線の炎を生み出す活動的な星達である。HAZMAT チームは、彼らが調査した約4千万年の最も若い赤色矮性達からのフレアが、古いものよりも 100 ~ 1,000 倍エネルギーに満ちていることを発見した。これは地球型の惑星達がそれらの星達の回りに形成される年齢である。科学者達は、また、紫外線光で観測されたこれまでで最も激しい星のフレアの一つを検出した。「Hazflare」と名付けられたこの出来事は、我々の太陽でこれまでに記録した最も強力なフレアより更にエネルギーに満ちている。

大判はイメージをクリック。

Oct 18, 2018    


戻る