ハッブル、焦熱地獄の渦巻を見る
Hubble Sees a Spiral in a Furnace

<お断り> ハッブル宇宙望遠鏡がセーフティモードに陥り調査が行われていますので、しばらく以前のニュースを掲載します


このハッブル・イメージは、1828年にジェームズ・ダンロップによって発見された棒渦巻銀河 NGC 986 のスナップショットである。 銀河のこのクローズアップの視界はハッブルの広視野惑星カメラ2(WFPC2)によってとられた。

NGC 986 は南の空のろ(炉)座にある。 この銀河は、約 5600 万光年にある、明るいマグニチュード11の銀河であり、その金色の中央とバー(棒)のある渦巻く腕がこのイメージにはっきり見られる。棒渦巻銀河は星達から成る中央の棒型の構造を持つ渦巻銀河である。

NGC 986 はこの種の銀河の特徴的なS型の構造を持っている。若く青い星達が銀河の腕に点在するのを見ることができ、また銀河のコアは星形成で赤々と輝いている。

このイメージの右上には星がやや霞んで見える。これは、ハッブルのデータのギャップが地上ベースの望遠鏡からのデータで満たされたことによる。 かけらによって満たされたここに見る視界は正確ではあるが、これらの星達の解像度は渦巻銀河のハッブルのはっきりした描写に匹敵するものでない。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

NOV 22, 2014


戻る