ハッブルの宇宙の歪曲した視界
Hubble’s Warped View of the Universe

このNASAとヨーロッパ宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡のイメージは、異なる銀河達の実際の混合を含み、そのいくらかはフレームの中央にある銀河集団 SDSS J1050+0017 における同じ大きな構造に属している。

この集団の巨大な質量は、強い重力レンズの魅力的な現象を引き起こし、背後からもたらされる光を曲げる。このレンズ化効果がフレーム中心周辺の円形の曲がった筋によって明確に見ることができる。天文学者達は、その中の暗黒物質の質量を含む集団の質量を計算するためにこれらの歪められた銀河達を使うことができる。

ハッブルは、しばしば重力レンズを見て、真に驚くようなイメージを生み出してきた。天文学者達は、レンズ化された多くの異なる銀河の集団を調査するためにフロンティア・フィールドと呼ばれる専用のプログラムさえもセットした。宇宙で最も遠い銀河達のいくつかは、このようにして発見され、新しい集団の観測によって遠い銀河がリストに加えられた。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

Sept 28, 2018    


戻る