節と爆発を持つハッブルの銀河達
Hubble’s Galaxies With Knots, Bursts

かみのけ座(Coma Berenices)の北の星座には、 1000 以上の銀河達が重力によって結合した印象的なかみのけ座銀河団が横たわっている。これらの銀河達の多くは、これを支配している二つの銀河達のより明るいもの NGC 4860 (中央)のように楕円銀河のタイプである。しかしながら、集団の周辺には、また、それらの渦巻く腕を誇りをもって示している若い渦巻銀河を宿している。このイメージでは、また、その明るい隣人の左側に見られる、その異常な混乱した火のような外見のために際立つ銀河の素晴らしい例を明らかにしている。

NGC 4858 は特別である。単純な渦巻でなく、それは、何やら“銀河の集合(galaxy aggregate)”と呼ばれるその名のように、少しの素材の明るい節によって囲まれた中央の銀河を示唆している。それは、また、恐らく他の銀河によって以前の相互作用で引き起こされた、星の形成の極めて高い割合を経験している。我々がそれに見るように、 NGC 4858 は、その生命の終わりに達するはるか以前にそのガスの全てを使い切ったであろう程、死にもの狂いで星達をつくっている。その明るい節の色は、それらが、その中に潜む多くの若く熱い星達によってエネルギーを与えられているように、明るい赤の様々な色合いで輝く水素で形づくられていることを示している。

この場面は、初期の宇宙の星達や銀河達の進化を調査するために設計された強力なカメラ、NASAとヨーロッパ宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡の広視野カメラ3(WFC3)によって捕えられた。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

Sept 21, 2018    


戻る