ハッブル、中性子星の周辺にこれまで見られなかった形を見出す
Hubble Uncovers Never Before Seen Features Around a Neutron Star

膨らんだ超新星の破片のディスクが星の崩壊を囲んでいるのかもしれない。

5万を超える航空母艦を野球の球の大きさに砕くことを想像しよう。それが中性子星である。中性子星は宇宙で最も奇妙なオブジェクトの一つであり、重力の容赦ない力によって作り出される極端な物理学の例である。

爆発する星のコア全体が、中性子の一つの固体のボールの中に、原子の核の密度で押し込められた。中性子星はピューレ(料理:野菜, 果物, 肉などを煮て裏ごししたもの)のブレンダ(混合する機械:ミキサー)ほどの速度で回転している。あるものは星間の灯台のように激しい放射の死の星のビームを吐き出す。これらはパルサーと呼ばれる。

これらのビームは、通常、X線、ガンマ線、電波で見られる。しかし、天文学者達は、近くの RX J0806.4-4123 とカタログ化された中性子星を見るためにハッブルの近赤外線(IR)の視力を使った。彼らは、中性子星のまわりの領域から来ている近赤外線光の噴出を見て驚いた。その赤外線は差渡し288億キロメートルの星の周りのディスクから来ているのかもしれない。他の考え方は、原子を構成する粒子の風が、パルサーの磁場から星間のガスに激突しているというものである。ハッブルの近赤外線の視力は、これらの非道なマシンがどのように働くかの理解に新しい窓を開ける。

大判はイメージをクリック。動画付解説記事はこちらから。

Sept 17, 2018    



戻る