ハッブルとガイア、宇宙の難問を解くためにチームを組む
Hubble and Gaia Team Up to Fuel Cosmic Conundrum

これまでで最も正確な測定が宇宙の膨張率に関する議論を加速する。

強力なハッブルとガイア宇宙望遠鏡を使う天文学者達が、宇宙論の全てにおいて最も重要であると長く考えられてきた数値の一つ、ハッブル定数に関する答えを発見する大きいステップを得た。この数値は、宇宙が、138億年前のビッグバンから拡張している割合を測定している。この定数は、ほぼ一世紀前に宇宙があらゆる方向に一様に拡大していることを発見した、天文学者エドウィン・ハッブルにちなんで名付けられている。今、研究者達は先例のない正確さでこの数を計算した。

興味深いことに、これらの新しい結果は、近くの宇宙と星達や銀河達が存在した以前の遠い原始の宇宙についてさえも、膨張の割合に関する測定の相違を強めている。宇宙は一様に拡大しているのでこれらの測定は同じでなければならない。このいわゆる「張力」は、宇宙の基盤の基礎をなす新しい物理学になるかもしれない。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

July 12, 2018    


戻る