ハッブルの、銀河達のまばゆいディスプレイ
Hubble’s Dazzling Display of Galaxies

この忙しいイメージは驚異の発見である。手前にミルキーウェイのきらめく明るい星達、フレーム全体にいくつかの渦巻銀河の壮大な渦が見られ、中央のオブジェクトの様々な輝きが大規模な銀河集団を構成している。このような集団は、共に重力によって保たれ、全ての形と大きさの何千もの銀河達を含む、宇宙で最大のオブジェクトである。典型的には、それらは、想像もできないほど巨大な太陽質量の約千兆倍を持っている!

それらの信じ難い質量は、この集団を、アインシュタインの一般相対性理論のような天文学における理論をテストするための非常に有用な自然のツールにしている。これは、質量を持つオブジェクトが、それらの周囲の時空の構造を曲げることを我々に語っている。そのオブジェクトは規模が大きいほど歪曲が大きくなる。このような巨大な銀河集団は、したがって、その周囲の時空に対する巨大な影響を持ち、遠い銀河達からの光を歪め、複数のイメージをつくり、銀河の光を拡大し、重力レンズと呼ばれる現象をもたらす。

このイメージは、 RELICS (Reionization Lensing Cluster Survey:再イオン化レンズ集団調査)と呼ばれる観測計画の一部として、ハッブルの高度調査カメラ(掃天観測用高性能カメラ)と広視野カメラ3によってとられた。 RELICS では、次のジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の調査のために、最も明るい遠い銀河達を発見する目的で、41の大規模な銀河集団のイメージが撮られた。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

July 06, 2018    


戻る