宇宙の花火燃える
Burst of Celestial Fireworks

7月4日(注:米国独立記念日)の花火の展示のように、星達の若い華やかな集合は空中の爆発に似ている。この集団は、新しい星形成の原料、星間のガスとダストの雲によって囲まれている。この NGC 3603 と呼ばれる星雲は、りゅうこつ座の 20,000 光年にあり、巨大な熱い星達の中央の集団を含んでいる。

カラフルで穏やかに見えるがこの環境は決してそうではない。紫外線放射と激しい星の風が、集団を包むガスとダストの巨大な空洞を吹き飛ばした。これらの集団の星達のほとんどは同時に生まれたが、大きさ、質量、温度、色において異なっている。星の寿命のコースはその質量によって決まるので、一つの与えられた年数の集団は、星の生命サイクルの詳細分析の機会を与え、それらの生命の種々の段階の星達を含んでいるだろう。 NGC 3603 には、また、知られている最も多くの大規模な星達のいくつかを含んでいる。これらの巨大な星達は速く生き若くして死ぬ。それらは水素燃料を速く燃やし、最終的に超新星爆発で生命を終える。 この NGC 3603 のような星の集団達は、初期の、遠い宇宙での大規模な星の形成の起源を理解するための重要な手掛かりを提供する。天文学者達は、また、銀河が衝突するときの、星の形成が点火されるときに起きる、遠い星の爆発的形成を調査するために大規模な集団達を使っている。 NGC 3603 の近さは、それを、そのような遠い重大な出来事を調査するための優れた研究室にしている。

このハッブル宇宙望遠鏡イメージは、硫黄、水素、鉄の輝きを追う可視光と赤外線光によって、2009年8月と2009年12月に、広視野カメラ3でとられた。

大判はイメージをクリック。

July 03, 2018    


戻る