ハッブル、老いた星達の集団を捕える
Hubble Captures Cluster of Aging Stars

この豊かな密度の濃い星達は、星達の重力で縛られた集合、ミルキーウェイを周る大規模な球状星団である。球状星団は有名なプレイアデスのような散開星団より密度の濃く球形である。それらは、一般的に、大雑把に同じ時期につくられた何十万もの星達を含んでいる。

調査は、 NGC 6139 と名付けられたこの球状星団が、星達の老いた住民のホームであることを示した。ミルキーウェイを周っている大部分の球状星団は100億年以上であると推定され、結果として、それらは、銀河の歴史の非常に初期に形づくられた、我々の銀河で最も古い星達のいくつかを含んでいる。しかしながら、銀河の進化におけるそれらの役割はまだ調査中である。

この集団は、おおまかに、ミルキーウェイの中央の方向さそり座に見られる。この星座は魅力的な天文学的なオブジェクトの金鉱である。ハッブルは、バタフライ星雲、驚くべきバイナリ星システム、その他のまばゆい球状星団などのオブジェクトを観測するために、しばしばその視界をさそり座の上に置いてきた。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

June 29, 2018    


戻る