ハッブル、三つの超新星を持つ銀河を見る
Hubble Sees Galaxy With 3 Supernovas

NASA/ヨーロッパ宇宙機関のハッブル宇宙望遠鏡の高度調査カメラ(掃天観測用高性能カメラ)と広域カメラ3でとられたこのイメージが実証するように、天文学においてこの悪魔は詳細である。

このイメージ全体に散らばる多数のはっきりしない小さな塊と輝く形は、 RXC J0949.8+1707 と名付けられた銀河集団を構成している。フレームの右上には特に美しく興味深いフェースオンの棒渦巻銀河がある。過去10年間、この銀河を凝視する天文学者達は、寿命の終わりに近づいた一つの星の極度に明るい爆発、おそらく、超新星として知られる宇宙現象の、一つではなく三つの例を発見した。

この最も新しい超新星候補は SN Antikythera と名付けられ、このホストの銀河の右下に見ることができる。それは、僅かにかすれ行く前に、何年間か、可視光と赤外線の光で明るく輝いた。他の二つの SN Eleanor と SN Alexander と名付けられた超新星は、2011年に集められたデータには存在したが、数年後にとられたこのイメージには見えない。もし将来の RXC J0949.8+1707 の観測が Sn Antikythera が消えたことを示すならば、我々は、その二つの古い(そして今ではイメージに無い)兄弟とともに、恐らく確実に、それに超新星とラベルをつけることができる。

このイメージは、次のジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が調査するための最も明るい遠い銀河達を見つける目的で41の大きな銀河集団のイメージが撮られた、 RELICS (Reionization Lensing Cluster Survey)と呼ばれる観測計画の一部として撮られた。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

June 22, 2018    


戻る