ハッブル、銀河達とホームレスの星達の集団を捕える
Hubble Captures Cluster of Galaxies and Homeless Stars

このきらめく写真は RXC J0232.2-4420 と名付けられた大規模な銀河の集団を示している。このイメージは、 RELICS (Reionization Lensing Cluster Survey:再イオン化レンズ集団調査)と呼ばれる観測プログラムの一部として、ハッブルの高度調査カメラ(掃天観測用高性能カメラ)と広視野カメラ3によってとられた。 RELICS では、次期ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡調査のために最も明るい遠い銀河達を発見する目的で、41の大規模な銀河集団がとられた。

そのような集団の巨大な重力の影響は、遠い背景の銀河達を拡大する巨大な宇宙レンズとして働く方法で、それらの周囲の宇宙をゆがめる。宇宙で最も初期の銀河達の調査は、我々に、我々の宇宙の起源について語るだろう。

この RXC J0232.2-4420 は、また、特にX線の明るい源である銀河集団に焦点を当てた調査として撮られた。この調査では、宇宙で最も大規模な銀河達の間の、それらの集団達における、最も明るい銀河達の周囲にまき散らされた光を調べた。この放散する光は、この集団の構成銀河達の間に連なる銀河間の星から来ており、この調査の狙いは、これらの星達の起源の様々な理論を調べることであった。そのひとつの理論は、それらが、融合と相互作用の間に、それらのホストの銀河達からはぎとられたのかもしれないというものである。

欧州宇宙機関の解説から。大判はイメージをクリック。

June 15, 2018    


戻る